« 看板咥えるウバメガシ | トップページ | 木箱に“ルービンリキ” »

2015年12月18日 (金)

三股は珍しくも、二股のは普通なんや…

 諏訪ノ森での仕事が終わり「さ、ご飯食べよ」と見渡すと、これといったおみせないなぁ状態。名の通るとなりの浜寺公園まで行ったらなんかあるやろと駅を 目指しましたが…えぇ、全然ないやん状態。何とかファミレス見つけるも昼過ぎにしてお客1〜2組のさみしさで…結局ローソンでサンドイッチと豚まんの買っ て浜寺公園での昼食。寒い寒いと思いつつ一面にそびえる松を見てましたら…そらまぁなんというか変わった枝ぶりの松だらけ。へぇ、そやったんですなぁ。
Kuromatsu1Kuromatsu2
今まで「へぇ〜」っと思っていた木々の枝ぶりは…たいしたことやなかったんやって感じ。二股に分かれたヤツなんか全然珍しくもなくこんな三俣のモンまであって…ってさすがにこれは珍しいのでしょう、まわりを丸く杭で囲われておりました。しかもうまいこと均等に分かれてどの枝(?)幹(?)も立派に生長してますわ。こういうのはやっぱり真ん中が“幹”で左右のは“枝”なんでしょうかね。
Kuromatsu3 Kuromatsu4
 中にはこんな枝ぶりも。急に直角以上に折れ曲がっています。近寄って間近で見ても別に幹が伐られて枝が太くなったということでもなさそうです。しかしなんでまたこんな風な枝ぶりになっているんでしょう…とまぁ思たんですが、これは人間…というか自分が「木はまっすぐ生長する」と思い込んでいるだけで、彼らにすれば「いや、こんなもんでっせ」なんでしょうなぁ。
Kuromatsu5_2 Kuromatsu6 Kuromatsu7
 ご覧の通り二股なんかざらにあって…ま、珍しくないのですが、この二股の松の木々ってまるで人間の脚みたいに見えますな。上半身が土に埋もれてヘソくらいから下がニョキッとそびえている様な感じに。
 思えば40数年ぶりに来た浜寺公園ですがこんな松だらけの林やったとは…知りませんでした。一本一本見ていけばかなり長いこと楽しめそうなそのけったいな枝ぶりに、ちょっと自分の思考が硬直化していることを気づかされました。

(於:堺市西区) 幼少期に連れてきてもろた浜寺公園は…中の“交通遊園”やったんかなぁ。

|

« 看板咥えるウバメガシ | トップページ | 木箱に“ルービンリキ” »

植物」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

 “松の木ばかりがまつじゃない~貴方待つのもまつのうち”

その昔、♪松の木小唄なんてお座敷ソングが流行りましてこの時季、忘年会でよく唄いましたが…二股はともかく三股はいけませんや、とかなんとか(笑)

“好き好き好きよ みんな好き~好きでないのはただひとつ~かげでかくれてする浮気”

立派な松林は残れど、新東洋や羽衣荘そして天兆閣なんてのも利用したなぁ…昭和の幻影や…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月20日 (日) 09時17分

Wの悲劇、Yの喜劇。

バラ園、プール、懐かしいです。
「松露」も。

投稿: mita | 2015年12月20日 (日) 12時01分

↑松露団子でーす。
キノコの松露、見たことすらありません。

今、思い出しましたが、
パッと見、何か分からない鋳物(?)が
何本か地上にでていて、
確か、進駐軍の営舎のガス灯(?)かなんかが
メモリアルとして残してあると説明板があったような?

来年、バラ園にいって記憶の確認してこなくちゃ。

投稿: mita | 2015年12月21日 (月) 09時01分

子どもがまだ2歳ごろは、よく交通遊園に行きました。結構本格的なゴーカートコースがあって、楽しめました。去年は、40年ぶりにプールへ行ってきました。基本構造は変わってなかったんですが、小奇麗なプールになってました。

そうそう、ここの松は、本当に一本一本しげしげと見ていたら、形が変わっていて面白いですよね。

昔は、母の話によると、祖父が浜寺の海水浴場で午前中海水浴をして、母にぬれた水着を持たせてそのまま道頓堀の中座に仕事に行っていたそうです。なんとも粋な出勤前の行動やな・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月24日 (木) 07時11分

●難波のやっちゃんさま
私は新東洋のジャングル温泉は1度連れて行ってもらいましたが、結構記憶に残ってますね。他の2軒は…知りません。
そこで検索してみますればちょくちょくヒットする看板屋さんの“スマイルサイン日記”に面白い記事を見つけました。
・羽衣荘と新東洋 http://ameblo.jp/dmh17c/entry-12003594965.html
・ゲテ風呂 天兆閣 http://ameblo.jp/dmh17c/entry-12003613980.html
ゲテ風呂…やっぱりこのブログ↑は、おもろいです。

●mitaさま
いつも数行で決めはる…山椒みたいなコメントですわ。
で、確かにありました。米軍の消火栓かなんかと書いてありましたが、ちゃんと見ずに。
松露も銘菓と知らず、素通り…下調べなしとは、こんなもんです。

●天王寺蕪さま
あ、ここにゴーカートがあるんですね。これはええこと聞きました。お子がゴーカート好きなモンで。
で、中座へ仕事…って、落語家さんとか?

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月 9日 (土) 18時01分

祖父は松竹新喜劇の関係者でした。俳優さんやったらかっこええんですが、裏方さんでした。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年1月10日 (日) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62901703

この記事へのトラックバック一覧です: 三股は珍しくも、二股のは普通なんや…:

« 看板咥えるウバメガシ | トップページ | 木箱に“ルービンリキ” »