« 昭和なプラ看板 116 ● SHISEIDO | トップページ | 長尾街道沿いの味わい深い店舗付住宅 »

2015年12月12日 (土)

高架下の川面で一夜を過ごすショベルカー

 ただでさえ薄暗い東横堀川。
1512091703
 冬の日の日没後はこんな感じ。流れなき川面にうつる雑居ビルに橋脚に…ってまぁそれより重機積んである台船がよくもまぁ沈むことなく佇んでるなぁと思って。高速道路の下の川の上で冬の一夜を過ごすショベルカー…何や沁みます。

(於:中央区) 写真にするとえも言えん黒いドブ川に見えますな。

|

« 昭和なプラ看板 116 ● SHISEIDO | トップページ | 長尾街道沿いの味わい深い店舗付住宅 »

何げな」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

 ♪“マリリン・モンロー・ノーリターン”と唄った野坂さんが帰らぬ人となりました…MMには「帰らざる河」なんて代表作もありました。

かつて「泥の河」と呼ばれた大阪の川も浚渫を繰り返す事で随分キレイになりましたネ…

道頓堀の酒場で“黒の舟歌”もよく歌ったなぁ…合掌。


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月13日 (日) 08時51分

「泥の河」原作は読んでいませんが、
映画をみる機会がありました。
浮かんでいたのは「廓舟」…

水の上にあるものは、
木の葉のように、
どこかしら、心許無いものですね。

灯ともし頃、右の小窓の光があたたかい。


投稿: mita | 2015年12月13日 (日) 11時18分

ほんまですね、沈まないんですね。
どこの工事に使ったものなんでしょうか?そして、どうやって帰っていくんでしょうか?
暗なるの、早いし、はよ、おうち帰りや~

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月15日 (火) 21時02分

●難波のやっちゃんさま
よく考えたら私は汚い頃を知らん気がします。しかしそんな汚い川でも復活するんですね。汚いし高架下やし埋めてまえ…ってことにならんでよかったもんです。

●mitaさま
あの映画の映像は…めっちゃ焼きつきますよね心に。湿度たっぷりの…もいっぺん見てみたいです。
で、余談ですが20〜30代の頃、工業地帯の夜景を撮りによく行ってましたが、大正の中山製鋼所を橋のたもとで撮影していたら、船の中から人が出てきて上がってきてびっくりした思い出があります。あれは…船上で生活してはったんでしょうなぁ。もういてはれへんと思いますが。

●天王寺蕪さま
どっから来て何処へ帰るのか…その謎めいた感じがええんですなぁ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月 8日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62857830

この記事へのトラックバック一覧です: 高架下の川面で一夜を過ごすショベルカー:

« 昭和なプラ看板 116 ● SHISEIDO | トップページ | 長尾街道沿いの味わい深い店舗付住宅 »