« 路側の溝に生える3本のウバメガシ | トップページ | “美陵町”…? »

2015年12月 7日 (月)

木の扉の赤い唇〒

 先の土曜は所用で大和郡山市へ。柳町商店街を歩きますれば…なんとええ街やことで。「何ぞあるでこれは…」と思ってましたら…あったあった。
Yubinuke1 Yubinuke2
 木の扉に赤い唇…まぁなんとかわいい郵便受なんでしょ。
 まぁ当初はただただ隙間が開くのみやったんでしょうがだんだん理解されん様になってこの様に赤い線を貼ったんでしょうがええセンスしてはります。これが「郵便物はこの隙間に…」みたいなこと書いて貼ってあったら全然ですわなぁ。しかしながら、通常のそれよりかなり下にあって…まぁそれが何とも“口”っぽくて…なおよろし。

(於:奈良県大和郡山市) 逓信省の“”から。民営化を機に“”に変更とか…ウソ。

|

« 路側の溝に生える3本のウバメガシ | トップページ | “美陵町”…? »

何げな」カテゴリの記事

コメント

 その昔“カラーに口紅”なんてポップスが流行りました…カラーはcolorで無くcollarですネ。
カラー(襟)についた赤い口紅が、家庭不和の原因(笑)。

最近眼も悪うなって、私にはコレ“赤い鳥居”に視えます…このマーク見ると妙に尿意を催して(汗)。

大和郡山と云えば金魚の町、“赤い金魚”が泳ぐ電話ボックスも在るとかなんとか。

そう云やぁ、〠なんて顔郵便マークもあったナ…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月 8日 (火) 08時27分

「良い便りを運ばないと、ぱくっと食べちゃうぞ!」なーんてね。

え、〒マークって、逓信省のテから来てたんですか?やっぱりアホげは勉強になりますよ。

やっちゃん様、そうそう〠ね。自分で描くときは、〒に、ちょんちょん付けて、口付けて、オリジナルマークをよく書いてます。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月10日 (木) 06時47分

いいですねぇ~

この焼き杉?のこげ茶色に真っ赤な唇。
可愛くもあり、妖しくもあり。
きっとこんなところに「妖怪手紙喰い」の噂がたつんですよね(笑)
水木しげる先生は亡くなられましたが。

投稿: おばちゃん | 2015年12月10日 (木) 21時26分

●難波のやっちゃんさま
はい、金魚泳ぐ電話ボックスもありました。これは以前中之島で見たアート作品ですね。こんなとこで再会するとはって感じでした。

●天王寺蕪さま
アホげはどうでもええことを積み重ねですが、コメントはそうではありません。やっぱりコメント命のアホげです。

●おばちゃんさま
そうか…確かに怪しげでもありますわ。その位置も関係してるでしょうね。
水木しげる先生…私はあんまり漫画読まんと育ったもんで馴染みがありませんがゲゲゲの女房見て「へぇ、すごい人や」と初めて知りました。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年12月31日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62826376

この記事へのトラックバック一覧です: 木の扉の赤い唇〒:

« 路側の溝に生える3本のウバメガシ | トップページ | “美陵町”…? »