« アホげ史上最高の繁茂ぶり… | トップページ | 業界団体の会館 81 ◆ 大阪理容会館 »

2015年12月22日 (火)

手すりに“T U N A c I M A”

 今日は松原駅近くで仕事。駅前南はシュッと近代的な感じですが、少し入ると…昔ながらな雰囲気が残っていてええ感じ。個人商店もまだまだあってそんな一軒をふと見上げますれば…おっ、ええ感じ。
Tunacima1 Tunacima2 Tunacima3  二階窓の手すり、ちょっと錆びつつもなかなか粋(すい)やないですか。風を感じる様な涼しげな意匠…その真ん中にはアルファベットがありますわ。“T U N A c I M A”…ツナシマさんですね。“S”やなくて“c”となっているところも、それなりに粋なもんです。出来合いのアルミ製とはやっぱり違って…ええもんですな。
 服から建材からそのほとんどが既製品を用いる時代になったもんやなぁとしみじみ。それを思うと“すき焼きのタレ”はじめ鍋料理のスープとか、おでんの素、ドレッシングなどなどの商品がたくさん売られているのも当たり前ですか。まぁうちではあんまり使いませんのですが…と思いましたがポン酢に麺つゆ、カレールーやらパーポー…使てる使てる。それ思うと“手づくり”の範疇はずいぶん広なってる様にも思いますなぁ…って、何のこっちゃ。

(於:松原市) 既製品の組み合わせの中からオリジナルを作り出すのが今日のデザインって考えがあるそうやが…納得かも。

|

« アホげ史上最高の繁茂ぶり… | トップページ | 業界団体の会館 81 ◆ 大阪理容会館 »

小発見」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 バブル期の象徴、日産CIMAは初年度36,400台も販売されシーマ現象と呼ばれました。

で小文字のツナcIMAさん、確かに風を感じる涼しげな意匠の手すりですネ…水道衛生工事・日立ポンプストールだったのでしょうか…失速(ストール現象)する事無く頑張って欲しいものです!

景気後退もあって四代目(2009年)は僅か294台、一旦製造販売中止となりましたが、三年前ハイブリッド専用車として復活とか…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月23日 (水) 17時15分

アップの写真、なんか古びたネオンサインみたいでちょっとロマンチックな匂いがします。
会社名書いてるとは思えないような。

CIMA…そうか、あの車が流行った時代に作りはったんかもしれませんね。

投稿: おばちゃん | 2015年12月25日 (金) 11時15分

つなちーまさん、もしかしたら、「ニューシネマパラダイス」がお好きだったのかも知れません。
私も、あの映画好きでした。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月27日 (日) 22時11分

●難波のやっちゃんさま
ははぁ、CIMAからこういう表記にしはったんですかね。なるほどです。
で、そう、ここ“日立ポンプストール”ですわ。最初そのプラ看板に反応したんですがこの手すりにすっかり負けて…いまでも“ストール”。モートル同様、時代を感じるんですが。

●おばちゃんさま
あ、ほんまほんま確かにしょぼい昔ながらなネオンサインの風合いがありますね。
たしかにCIMAが流行ってた頃の様に思えてきました。

●天王寺蕪さま
…ごめんなさい。ちょっとわかりませんでした。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月 9日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62922262

この記事へのトラックバック一覧です: 手すりに“T U N A c I M A”:

« アホげ史上最高の繁茂ぶり… | トップページ | 業界団体の会館 81 ◆ 大阪理容会館 »