« クリープの看板、劣化するもアピール全開。 | トップページ | 大丸心斎橋店本館 本日で一旦閉鎖 »

2015年12月29日 (火)

ぶらくり丁で“丸越”に再会

 今回の話題は和歌山市民と…平野区民限定ですかね。
Marukoshi1 Marukoshi2
 先日和歌山はぶらくり丁を歩いてましたら…「あっ!」。これや、これこれ。いや何がこれやといいますとこのマークにこの屋号のこと。◯にコの字、そして下に“丸越”の文字。懐かしいと言うか何と言うかえぇ、40年ぶりくらいに見たなぁって。
 その昔も昔、幼稚園へ行くか行かんかの頃、父親の運転する車の中からこのマークが光る広告塔のあるちょっとした大きいお店を目にしていたはずなんですが、物心ついた頃にはもうその建物もなくなっており「あれは…何のお店やったんやろ?」と長年、折に触れて気になりつつもわからんまま五十路を過ごしていますが…まさかこんなところで見かけるとは。
 ここぶらくり丁の丸越ですが、見た感じ婦人物の衣服や小物を扱ってはる風情でした。調べますればここ、正しくは“丸越百貨店”と言うそうですが、他に支店があるとかの情報は全くわかりませんでした。同じ屋号の百貨店がかつて金沢にあったそうですが、そことは関係なさそうです。
 ま、かなり今回のネタはみなさんにとってどうでもええ話になりましたが、どなたか平野に縁のある方、“丸越”をご存知ないでしょうか。確か平野区は平野東2丁目1−30あたりにあったと思うのですが。赤と青のネオンサイン、画数の多い“越”が明朝体で書かれている視覚的気色悪さもあってかなり印象に残っているんですが。あ、いま思い出しました、その前はほんの小さなお店やったものが大きなビルに変わったものの…って感じやった気がします。

(於:和歌山市) こんな難しい漢字読めんもんやから、勝手に“ココニュー”って読むんやろと決めつけてました。

|

« クリープの看板、劣化するもアピール全開。 | トップページ | 大丸心斎橋店本館 本日で一旦閉鎖 »

思ったこと」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

 二週間の御無沙汰でした!

きのう平野本町商店街歩いてましたら、この辺り通りましたんで、角の戦前からやっておられる魚屋さんで平野郷今昔についてオハナシを伺って来たので参考まで。

>>五十前後の御主人…ん?丸越デパート?…公設市場の南、今の瀬田病院の斜め向かいに在ったなぁ…もの心ついた頃にはもう廃墟になってたわ、看板だけ長い間残ってた…

この南北の田畑門筋、バスが走ってまっしゃろ。公設市場が無くなっても長い間バス停は“平野公設市場前”やった…今は平野東二丁目…

なに、仁丹町名看板や防火水槽にも興味あるのん?…このブロックの南東角には“平野三十歩町二丁目”、本町四丁目12には“平野三十歩町三丁目”が残ってんで…昔は平野も東住吉区、もっと前は住吉区やったと死んだ親父が云うとった<<

今年も宜しゅうに!


投稿: 難波のやっちゃん | 2016年1月 8日 (金) 09時41分

●難波のやっちゃんさま
相変わらず調査して頂きまして有り難うございます。で…そうでしたか。というか「やっぱりそうやったんや!」って感じです。どうもでかいビルにしたものの…すぐに閉まってしもた様な雰囲気があったので…情報おおきにです。
“平野三十歩町三丁目”の方はまだ遭遇していません。そのうち出会えるかなぁ…探しには行きませんが。
年末年始、体調不良やったのでは? どうかご自愛ください。
本年もよろしゅうお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月15日 (金) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62963922

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらくり丁で“丸越”に再会:

« クリープの看板、劣化するもアピール全開。 | トップページ | 大丸心斎橋店本館 本日で一旦閉鎖 »