« 二種の木、共存。 | トップページ | 川の中に井戸がある 2 »

2015年12月 1日 (火)

コンクリ詰め一斗缶、バラ線仕上げ。

Togeisu1Togeisu3    東大阪西部で仕事。ちとはよ着いたしとふと見れば屋根付きモータープールの脇に腰掛けるのにちょうどええモンがありますわ。
 と思いつつ近寄りますれば…わっ、何やこれ、有刺鉄線で覆われてますやん。
 うっかり座っとったらえらいことになってたところ…ってまぁ、見たらわかるんですけどね。
Togeisu2  側溝の上、一斗缶にコンクリ流し込んでバラ線巻いて…最初は「ふ〜ん」程度に見ていたんですがそもそもこれ、何なんでしょう? まぁここに路上駐車されてはカナンとここに設置しはったもんかと思いますが、何でこんな風に仕上げてはるんでしょうなぁ。やっぱりここに腰掛けられてもイヤってことでこの様にやってあるのか…いや、これは駐車したろと思てる輩への視覚的威圧効果を考えてのことなのか。なんてことない様に見えて、案外「はて?」な物件です。

(於:東大阪市) 錆びかかってるその色合いがまた、効果バツグンな感じ。

|

« 二種の木、共存。 | トップページ | 川の中に井戸がある 2 »

何げな」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 近頃、有刺鉄線みかけん様になったと思たら、コンなとこで活用されてましたんか(笑)。

昔から綺麗な花には棘がある…今では地下鉄座席にゃピンがあるとか(汗)。
それに較べりゃコレ、判り易くてエエんちゃいまっか…“バラ線”って「茨」の刺に見立てるのんは知らなんだ。

しかし一斗(缶)ちゅうのんも、もはや死語でんナ…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月 2日 (水) 14時10分

うわ、ここまでしなくても~
よほどの腹に据えかねる事でも?
執念が漂ってます、
うっかり、ここで転んだりできませんね!
幼児連れ、お年寄り、緊張しそう。

投稿: | 2015年12月 4日 (金) 09時33分

うちの子が通っている幼稚園の前のお宅が、あるときから有刺鉄線で塀をグルグル巻きにしはりました。
余程、子どもに寄り付かれるのが嫌だったんでしょう。
が、そこまでせんでもええやんか・・・と、なんだか、こう苦しくなってきました。
有刺鉄線って、その存在に毒がありますね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月 7日 (月) 00時39分

●難波のやっちゃんさま
そやったんですね。私てっきり“薔薇”のバラなんかと…そうそう“バリ線”とも言った記憶があります。バリケードのバリ…か?

●さま
その緊張感が漂っているところが、設置者の思うツボなんでしょうなぁ。て言うことは効果抜群ですな。で、mitaさんですよね?

●天王寺蕪さま
わっちゃ、そこまでするのはちょっといかがなもんかと思いますわなぁ。大人気ない大人が増えている様に思えてなりません。自分もかつては…子供やったのにねぇ。
で、確かにその存在自体に毒がありますね。そういう意味では案外魅力的かもと思ったり。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年12月31日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62792212

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリ詰め一斗缶、バラ線仕上げ。:

« 二種の木、共存。 | トップページ | 川の中に井戸がある 2 »