« “大割引の藤井寺に出現”が、出現。 | トップページ | 高架下の川面で一夜を過ごすショベルカー »

2015年12月11日 (金)

昭和なプラ看板 116 ● SHISEIDO

 もう上がるかと思いきや、ずっと雨の一日で。いつも通り仕事前の探索もできんなぁと思いつつ小雨になってちょっと高野線は金剛駅前だけ探索。すると…地味ながらもええもんありまっせ。
Shiseido1 Shiseido2
 白地に灰色の線画、右下に小さく“SHISEIDO”…なんと渋いプラ看板やことで。
 百円ショップみたいな屋号に「何の店かいな?」とよく見ればそこは美容院。そうか、線画だけでそれをあらわしてさすがは資生堂ですなぁシャレてますなぁ…と言ってもこのタッチは…うん、’70年代って感じでしょうか。何とも年代を感じさせるモンとなっています。
 常に時代を先取りせんならん業界の看板は…長持ちせん方がええんかもなぁと思ったり。もっともこのお店はもう営業されていないみたいですが。

(於:大阪狭山市) 最近“SHISEIDO”って…どうなんやろ?

|

« “大割引の藤井寺に出現”が、出現。 | トップページ | 高架下の川面で一夜を過ごすショベルカー »

プラ看板」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 資生堂と云えば、我々の年代では前田美波里!
サマーキャンペーンでの衝撃的なデビュー(笑)。

♪“バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが~”
とばかり、マイク眞木にさらわれてしもた(汗)。

…てか資生堂は花椿や…皆んなブラバスつけてた…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年12月12日 (土) 13時30分

資生堂のモデルをされていた、亡くなられた山口小夜子さんを彷彿とさせる看板ですね。

金剛の駅前って、ほんま、なんもなかったんちゃいますか?

投稿: 天王寺蕪 | 2015年12月12日 (土) 14時25分

そうですね。70年代の匂いがプンプンしてます。

あの頃の資生堂はカネボウと一緒にシーズンごとのCM合戦。
キャンペーンガール出身の女優さんとか、大ヒットCMソングとかが毎年生まれていましたね。

やっちゃんさまのおっしゃるようにブラバスが流行ってたのも記憶にあります。
その前はMG5だったかな…黒と銀の市松模様の…一回りほど上のいとこがつけていました。

投稿: おばちゃん | 2015年12月13日 (日) 09時11分

●難波のやっちゃんさま
あぁちょっとその辺はわかりませんわお名前しか…
子供の頃男性化粧品と言えば“MG5”で、学校の給品部では“GM5”なる本家そっくりの消しゴムが売っていたのを思い出しました。

●天王寺蕪さま
うん、確かに何もない…は、失礼ですね。駅の西側に旧街道っぽいのがあって、そこはええ感じでした、以前の話ですが。

●おばちゃんさま
そうそう、資生堂vs.カネボウで派手にやってました。ですけど私らガキにはそこに出てくるお姉さんが全然魅力的に見えなくて。もっと可愛いかわいいのがなんで出てけぇへんのかなぁと思ったもんです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月 8日 (金) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62853631

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 116 ● SHISEIDO:

« “大割引の藤井寺に出現”が、出現。 | トップページ | 高架下の川面で一夜を過ごすショベルカー »