« “爆笑お笑いフェスin関西”のポスター見てあれこれ。 | トップページ | 空カン4つ電柱に繋がれ…ヤな余生 »

2015年11月24日 (火)

雪組バウホール公演“銀二貫”

 先日ラジオで聞いた話では“ファンクラブに入っててもチケット入手困難”やというこの公演ですが、うちの人が何となく買ったらあんた…そらもうええ席で。
Ginnikan  写真で見る通りそこは一番前の席。雪組ファンでもなく、いったい誰が主演しはんのかも知らんという立場やのにこんなええ席でええんかいなと思いつつの観劇。そもそも何で観よかとなったかと言うとNHKテレビのドラマ“銀二貫”が面白かったからという軽い気持ちに端を発してる訳ですから…ついついテレビドラマのそれと比較しつつ観てしまう訳で、何となく申し訳ない気分半開。
 で、どうやったか?。うん…ま、正直申しまして私好みの演出やなかったかもって感じでしょうか。ともあれ2時間少しの舞台での表現にその…“コク、深み”を求めてしまうのがそもそも間違ってますのでしょうな。あ、もちろん楽しくホロっとするええ出しもんでした。
 しかし何です、バウホール公演にしては舞台演出にはかなり気合が入ってるって感じで、純粋に「お子が見たら感激してるやろなぁ」と思うとこいっぱいありました。
 で、そうそう、一番前やからわかったことは、主人と番頭を演じる専科の英真なおきさん、華形ひかるさんが終盤うっすら目に涙を浮かべて演技してはるのが…さすがやなぁと思った次第。涙こそ出ませんでしたがこっちまでやっぱりグッとくるもんがありました。やっぱり専科の人の存在ってのも重要ですねんなぁ…そんなことを改めて思う公演でもありました。

今日の公演には雪組トップの早霧せいな、咲妃みゆ両氏も観劇してはった様でした。

|

« “爆笑お笑いフェスin関西”のポスター見てあれこれ。 | トップページ | 空カン4つ電柱に繋がれ…ヤな余生 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

最近「新源氏物語」はありましたけど、バウでの日本物は珍しいですね。記憶にある限りでは、蜷川幸雄の「近松心中物語」と素材が同じ「心中・恋の大和路」ぐらいしか思いつきません。
とはいえ、バウは私も二回ぐらいしか行ったことがないのですが、なかなか実験的な作品も多くて評判がいいのですよね。
大劇場もそうですが、手間暇はかかると思うのですが、もっと日本物を上演してほしいと思います。

投稿: ぽんぽこやま | 2015年11月25日 (水) 01時28分

ええええ?!バウで一番前の席ですか?!そ、それは、今年中の運を、全部出し切ったと言う感じですねえ。(失礼な、と言われそうですね)バウの公演は、元のキャパが小さいからなかなか取られへんと言われるし、大劇場ではできない小劇場ならではの作品をするから、それが好きという人やら若手のファンの方がどーっと集まるから、難しいよと言われ、一度も手を出したことがありません。うーん、そうか、そういうこともあるんか。いっぺん面白そうなのがあったら、挑戦してみようかな?

銀二貫、そうですね、絶対あのドラマと比べてしまいますよね。あのドラマでも脇の方がしっかり押さえてはって、しっとりした感じが良かったです。芝居はやっぱり脇に入る役者さんの力量で決まりますよね~
専科の人は、ほんま、どの舞台を観に行ってもぐっと占めてくれはるから、重要やと思います。古くは麻月毬緒さんとか未沙のえるさんなんかがよかったですねえ。最近、気づいたのは、昔、それこそ麻疹にかかったように見ていたことに、若手やけど脇をやっていた人たちが、皆さん専科で活躍しておられる。「あ、この人の下級生時代の歌劇の連載、面白かったなあ」とか、そういうことが多くなってきました。

あ、また、宝塚ネタで長くなってしまいました・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2015年11月25日 (水) 06時51分

●ぽんぽこやまさま
バウでの和モノは珍しいんですか。そうか…そんなのを間近で見ることができたわけですね。まぁ私自身「和モノは…」と思てましたが、ちょっと考えが変わってきました。

●天王寺蕪さま
ま、案外そんなもんなんですよきっと。ほんまに見たい人には気の毒なんですけどね。
北翔さんの専科移動は酷でしたけど、ほんま専科のひとらが締めてますよね。私は嘉月絵理さんにぜひ専科へ行って欲しかったですね。

お二人ともヅカネタにコメントをおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年12月26日 (土) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組バウホール公演“銀二貫”:

« “爆笑お笑いフェスin関西”のポスター見てあれこれ。 | トップページ | 空カン4つ電柱に繋がれ…ヤな余生 »