« ウチワサボテンの“木” | トップページ | ハチマキ状に家を伝う庭木 »

2015年10月29日 (木)

赤ちょうちんのお店から放たれる煙たなびく長堀通の夜

 ある夜ふと目にした光景。
Smoky1 Smoky2
 夜間を見計らって放出されるPM2.5?。否々、赤ちょうちんのお店から放たれる煙が長堀通に漂う図。まぁたまに見かける光景とは言え、ちょっと「ここどこの国なん?」があって…まぁええ感じなんか「あのなぁ…」なのか。
 しかしなんですな、これもある種の広告物とも言えますな。抽象的立体動画にしてニオイ付きとくれば、それなりに効果絶大なんかもしれませんな。
 とか思いつつ私は…まぁ行きませんな。この光景からは「…すんまへんなぁ」てなモンが全く感じられませんのでね。
 余談ですけど店内の床が油でヌルヌルする中華のお店の状態が店外にも及んで歩道がギッシュになってるのも…

(於:中央区) うちわパタパタとは、ニュアンスが違いすぎるねんな。

※関連記事:
人間の臭み漂う“小倉南口”』 2010年8月 記
(…こっちはええ感じやねんけどなぁ。)

|

« ウチワサボテンの“木” | トップページ | ハチマキ状に家を伝う庭木 »

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 その昔“煙が目にしみる”なんて名曲がありました…

今や匂(臭)いの出るテレビやスマホが実用化間近とか。

脂ギッシュなおっさん・上司は敵いませんナ(汗)。

秋刀魚を七輪で焼いた子供の頃を想い出しました(涙)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年10月30日 (金) 08時12分

最近、歌舞伎役者さんと結婚間近と言われている、某さん。彼女は売れないころ、マンションの1Fにある焼肉屋さんの匂いで白ご飯を食べていたそうです。
この、煙だと、何杯食べられるのかな~。

床が油ぎっしゅなお店は、ちょっと苦手です。ラーメン屋さんしかり。ついでに、油ぎっしゅな男性も、いくつになってもやっぱり苦手かも(;´・ω・)

投稿: 天王寺蕪 | 2015年10月30日 (金) 21時12分

●難波のやっちゃんさま
え?ニオイ発生するメディアが実現間近…ですか。どういう原理なんでしょ。“ニオイの3臭素”みたいなもんが発見されたんでしょうかね。

●天王寺蕪さま
ちょっと前に新聞で“焼肉臭でご飯を食べる”みたいなことやってましたけど、なんかね、そんなもんたとえ話であって、実験するって何とも無粋やと思いました。おもろい思ってるんか悪ふざけして…漂うインテリ臭、くさいわぁ。と思いました。
ギッシュなお店は苦手。美味しいお店に共通するのは換気ダクトがいつもピカピカのお店。「ちょっと小汚いラーメン屋は当たり」って判断は…当たらん気がします。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年12月 4日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62573425

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちょうちんのお店から放たれる煙たなびく長堀通の夜:

« ウチワサボテンの“木” | トップページ | ハチマキ状に家を伝う庭木 »