« ピンピンコロリ… | トップページ | 根っこはこっちで幹は向こう、根元に南天宿ってる。 »

2015年10月12日 (月)

境界線上に生え、縦に分断されつつも青々茂る木。

 解体されて何とも味気ない一角になって久しい法円坂住宅をお子と一緒に自転車で通りますれば、区画の仕切り板で縦真っ二つにされた木の幹がそこに。「何やタケノコっぽいな」とか思い写真撮ってふと上見ますれば…
Tategiri1 Tategiri2
 …おっ、仕切り板の向こうは立派に生長していますわ。最初全然気づかなんだだけにちょっとびっくり。こちら側も少しだけ新芽出して頑張ってますけど…まぁ、負けですな。
 境界線上に生えたばっかりに少し痛い目にあわされても立派に茂る…なんと健気なことか。何があってもこうあらねばならんなと今日もまた思ったのでした。

(於:中央区) 「ちゃんと木全体入れて撮った?」とお子。わかっとるなぁ。いずれ二代目山本龍造や…とか何とか。

|

« ピンピンコロリ… | トップページ | 根っこはこっちで幹は向こう、根元に南天宿ってる。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

 痛ましィなぁ…迂回するなり、緩衝地帯にするなり…なんとか出来んかな。

ベルリンの壁ならぬ法円坂の塀ですナ、分断されて…
しかし生き物は健気で逞しい!…中東の難民もそうや。

二代目“山龍”さん襲名まで儂もピンコロ目指して…
さぁ今日も歩きにゆこう(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年10月13日 (火) 08時43分

あの一角も解体されたんですね。

きっと一昔前なら、こう言う木は解体作業と共に切り捨てられたんでしょうが、緑を大切にするこのご時世。着る倒されるのは免れたんでしょうね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年10月13日 (火) 22時36分

お嬢さん、かわいいですね。
この木は、オウチ?
またの名をセンダンとも。香木の栴檀とは別種です。
この木も強いです。
近所の並木がそうでしたが、
ぱつんぱつんに伐られても大丈夫でした。
花は目立たないうす紫の小花、
よく見るととてもシック、いい匂いがします。
このまま、ここで生きながらえてほしいものです!

投稿: mita | 2015年10月14日 (水) 21時15分

●難波のやっちゃんさま
●天王寺蕪さま
これね、塀を作ったその下から木が芽を出した様にも思います。なんせ生長の早そうな木でしたし。ま、そやとしてもここまで徹底的に外の部分を狩る必要があるのかなぁとは思いますね。

●mitaさま
センダンって言うんですかね。“生長がはやい”と説明にありましたので、きっとそうでしょう。今度花と匂いを味わいに再訪してみます。
お子は…とっても可愛いです。アホさ加減が自分に似てるなぁって。何でなんか…不思議です。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年10月15日 (木) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62463311

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上に生え、縦に分断されつつも青々茂る木。:

« ピンピンコロリ… | トップページ | 根っこはこっちで幹は向こう、根元に南天宿ってる。 »