« “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 | トップページ | 川の草むらから顔出す動物はキツネか犬か? »

2015年10月 7日 (水)

巨木伐られてキノコ風

  「“待ち合わせ:岡場駅”って、どこやねん」って感じ。そこは西宮市の山の方。三田から神戸電鉄に乗りますれば車窓になんとものどかな光景が。ですが下車した岡場駅あたりは…ニュータウン風ですわ。
 それでもちょっと奥行けば農村があってええ感じ。坂を登れば…こんな木が。
Kinokoki1 Kinokoki2
 その形状、まるでキノコ。変わった木やなとよく見たらこれ、巨木が伐られたにもかかわらず、そこからちゃんと葉を出して再生してるんですなぁ。まぁ時々見る図ですけど、ここまで本格的に復活を遂げているのは初めて見ました。
 しかしまぁこれだけの太い木をよく伐りはったもんですわ。ま、幹が腐ってきて倒木の恐れがあったんかもしれません。
 で、以前はどうやったのかがやっぱり気になるところ。いつも通りストリートビューで見ますれば、それはそれは立派なことで。20132015年で全然別世界ですわ。まぁしかし、根こそぎ伐られずに済んでよかったもんです…ってよその木をとやかく言うのもなんですけど。

(於:神戸市北区) こんだけ盛んに葉出すと、大丈夫っぽいな。

|

« “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 | トップページ | 川の草むらから顔出す動物はキツネか犬か? »

植物」カテゴリの記事

コメント

 ここらはゴルフ銀座…西宮から電車では大廻りですが、車なら大して時間は掛かりません…

神戸より三田に近く神戸の“チベット”とも…そんな田舎の蔵のある旧家、立派な巨木の生い茂る葉にニューカマーが交通安全の妨げになるとかなんとかクレームでもつけたのでしょうか…私的には石垣の崩れの方が気になります…

田舎の事、迷信(?)でおいそれと巨木を切り倒す訳にもゆかず、強剪定の結果こうなったとも…


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年10月 8日 (木) 14時47分

●難波のやっちゃんさま
確かに旧村の人とニューカマーとはどう折り合いをつけていけばええのかと思うこと色々あるかと思いますね。
で、石垣…私も木の根が石垣を崩壊させる危険があるから伐ったのかもしれんなとも思いました。
で、ここらはゴルフ場銀座ですか。私の周りにはゴルフするひとがいませんで…世代的なもんもあるでしょうけど、職種にもよるのかもしれません。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年10月 9日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62434254

この記事へのトラックバック一覧です: 巨木伐られてキノコ風:

« “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 | トップページ | 川の草むらから顔出す動物はキツネか犬か? »