« 消されたマンホールの恨み、表出。 | トップページ | ウチワサボテンの“木” »

2015年10月27日 (火)

昭和なプラ看板 115 ● Coca-cola

 今日は朝から夕刻遅くまで和歌山で仕事。途中待機時間あるも何となく勝手な行動もいかんなぁと探索行かずずっと雑談。てなわけで前回和歌山へ行った折に見つけた物件を今回の記事に。
Cocacola1 Cocacola2  JRは和歌山駅近くに商店街がひとつ。かつて栄えていたであろうこと思うとなんとも言えんもんがこみあげてきます。そんなアーケードの下歩きますれば昔ながらな果物屋さんにええプラ看板を発見。
 見ての通り瓶入りのコカコーラがあしらわれています。雨風日光から守られているだけにすすけはしつつもキレイな状態。よろしいなぁ懐かしなぁ…って、コカのこの手のプラ看板ははじめて見ました。
 アメリカの象徴コーラ瓶の奥から真っ赤な日の丸がのぼる…意図しているのかたまたまなのか、なかなかリアルな看板ですこと。そういう意味でも平成の世でも、まったく色褪せしてませんな。

(於:和歌山市) 瓶入りのコーラが一番美味いって話、ホンマの様な気分の様な。

|

« 消されたマンホールの恨み、表出。 | トップページ | ウチワサボテンの“木” »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

 みその商店街…こんな駅前一等地にありながら、見事にシャッター通りとなってますなぁ…
が、此の果物屋さんは健闘してる様です。これから有田産の田村蜜柑や葛城産の柿が旬だとか。

で、何故か昭和なCoca-Colaのプラ看板…
今まではドーム型アーケード屋根(アメリカ)に雨風日光から守られて来ましたが、此れからはそうはゆきません!

南シナ海をめぐる米中衝突の危機・脅威高まる在日米軍基地とTPP大筋合意…
我が国の集団安保や食の安全はどうなる?とかなんとか。


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年10月28日 (水) 14時18分

色あせない感じが、今流行のハリウッドセレブが大好きな、美容整形ぽくって良い感じです。
きれいなままの人を見たら「あの人、絶対整形してはるわ」と思い、ボテが回ったりしてるのを見たら「あの人、傷んだねえ。やっぱり外人さんは傷むの早いのかも」と。年相応に、素敵に年齢を重ねるのって、難しいですね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年10月29日 (木) 21時44分

4月に高槻市にあった東来軒赤川の屋台ラーメンの記事に投稿させてもらった者です。
プラ看板の記事があったので4月に高槻に行った時に見た看板について書きます。
一泊して38年ぶりに住んでいた辻子2丁目や大冠町に行きました。市営バス4番乗り場北大塚行きのバスに乗って東和町で降りました。
その途中、6中西前を過ぎて須賀町バス停を通るときに見覚えのある看板がありました。38
年も前の事なのにハッキリと甦りました。
アッと思いました。大冠町でノスタルジックに小学校や前に飲食した店を訪ねて帰りのバスで
須賀町バス停で降りてその看板に向かいました
。東来軒赤川の屋台ラーメンがあった新幹線高架下近く。こんな看板が当時のままに…
暗算は頭の中のコンピューター
山中そろばん教室
入会は小学校一年生から
冠小学校前
そろ太くんという子供のキャラクターの絵が描いてありました。
スマホでそれを撮りました。
当時、通っていた六中の同級生に山中君という子がいてたまに一緒に帰り道に看板の前を通る度に看板あるでぇーとからかったいました。
山中君も嫌がる素振りもなく俺んちじゃないわと( ^∀^)っていました。そんなたわいのない事なのに高槻の旅では一番嬉しい発見になりました♪
また来年の4月頃にあの場所や高架下に行ってみたいです。もう40年になるんだなあ…
あの山中そろばん教室の看板、いつかは外されてしまうのだろう。ずっとあのままにあの場所にあればいいなあと思いました。

投稿: 小川太志 | 2015年11月 3日 (火) 20時35分

●難波のやっちゃんさま
和歌山市は…まぁどこも元の市街地はこんな状況にあるみたいで…シンドなります。百貨店も今や近鉄だけでは?
なるようにしかならんねんやろなぁと…ではアカンのやと思いつつ、う〜ん。

●天王寺蕪さま
年相応に素敵に年齢を重ねる…この“素敵に”が入ると確かに難しい問題です。これは…かなり継続的に何かをし続けるとかせんことにはなかなか手に入れられん問題かもなぁと思ったり。そういう意味では職人さんって…ええなぁと思ったりします。

●小川太志さま
こんにちはお久しぶりです。ストリートビューで早速その看板を探してみました。想像以上にキレイな状態でした。その横の皮フ科の看板の方がはるかに古っぽくなって…経年変化はまちまちなんでしょうかね。
そう言えば私はガキの頃、中西くんのことを地元の乳業会社の名を借りて「中西牛乳!」とはやしてました。なんでそんなことがおもろかったんか、今となってはもひとつ分からんのですが…何なんでしょうかね。
来春の高槻旅も思い出発掘いっぱいの旅となります様に。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年11月11日 (水) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62564921

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 115 ● Coca-cola:

« 消されたマンホールの恨み、表出。 | トップページ | ウチワサボテンの“木” »