« こんなとこにも旬の顔…ちょっと前の。 | トップページ | “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 »

2015年10月 5日 (月)

10月5日午後6時過ぎの阿倍野

 堺市中区某所で仕事終え、天王寺駅まで戻りますればそこはすっかり日が暮れて。
1510051813 1510051815
 まだ6時過ぎやというのにこんなに暗くなってたとは。ホンマは半袖で充分やと思いつつ10月やしと仕方なく着ていた長袖のはずが何や肌寒いでと思ってますれば…当たり前ですな。
 どんどん冬へ向かっていく。で、あっと言う間に2015年も終わりか…沁みる季節がついに来ました。街の灯りに湯気が照らされ人々は足早に家路へある者は呑み屋へ向かう。そういう景色もまぁええんですけど…やっぱり苦手。低く垂れ込めた雲に小さくそびえる通天閣のあかり…いくらきれいになったとて、ここが阿倍野やというのがまた、余計にしんみりした気分を増長させたのでしょう。何なんでしょ、この阿倍野な感じって。

(於:天王寺区/阿倍野区) なかもずからバス、そしてバスで津久野…知らんとこへバスで行ったのも、寂しい気分の要因か。

|

« こんなとこにも旬の顔…ちょっと前の。 | トップページ | “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 »

写真」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

 都市計画道路尼崎平野線、幅員40mに拡幅工事中ですナ。

世の中インバウンドとやら、APAや東横INNに続き、ドン・キ迄ホテル併営の複合施設を建築中とか…

スキャンダル去り、キューズモール・ハルカスが建ち
歩道橋も阿倍野の「a」に一新、せっかくシュッとした街になったと思ったら(笑)。

映画ブラックレイン公開から四半世紀、舞台となった大阪の街もすっかり変わってしまった(汗)。

ロケ場所に出てた関東炊きの屋台や蕎麦屋・金物屋なんぞとっくの昔に無くなり、変わらんのはチン電だけか…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年10月 6日 (火) 09時04分

落日へむかって「速度落とせ」のペイント、暗示的。
「こころ旅」火野正平さんも「人生下り坂最高!」と。
でも、この先まだまだ、ですよね。
といって、この自転車のお人のように、
時間を逆走したくない。
あるがままに、なるがままに。
って、3S(しみ・しわ・しらが)気になります!

投稿: mita | 2015年10月 6日 (火) 09時05分

日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや‥

これくらいの事を言えんか‥安倍のmixiで(^_^;)

投稿: ん❓ | 2015年10月 6日 (火) 12時34分

人って誰も寂しがりやなのかな…。

投稿: tanagura1 | 2015年10月 6日 (火) 12時40分

秋深し、隣は何をするひとぞ?

気せいてはるんやろうけど、やっぱり逆走は危ないですよ~

同じ時間に子どもを迎えに行っても、つい2か月前まではまだ明るかったのに、真っ暗。「はよ帰って、急いでごはんの支度しな!」と気ぜわしくなりますね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年10月 7日 (水) 06時38分

●難波のやっちゃんさま
いや、ホンマすっかり変わったのに、そこに流れる空気がマンマってのが何なんやろなぁと。しかし何です、シュッとしすぎると生きにくい。真水では魚が住めん様なもんで。

●mitaさま
今回も隅々写真を鑑賞してくれはりましておおきにです。その解釈に「へぇ、なるほど」。夕暮れ時は余計にあれこれ深読みできる光まわりやなとも思いました。

●んさま
ちと高尚すぎて…どう関連あるんかわかりませんでした。すんません。

●tanagura1さま
えらい久しぶりのコメント有り難うございます。誰しもか否かはわかりませんが、私は割と寂しいなります。それでも…加齢と共に減りましたね。そんなもんでしょうか。

●天王寺蕪さま
そもそもね、ここの交差点は自転車乗りへの配慮がなさすぎるんですよ。真面目に走ってたらえらい遠回りせんならん。かといってクルマと一緒では危ないし。工事終わったら自転車も渡りやすい交差点になってほしいもんです。
陽が長なったり短なったり…それなりにええもんでもありますね。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年10月 9日 (金) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62418644

この記事へのトラックバック一覧です: 10月5日午後6時過ぎの阿倍野:

« こんなとこにも旬の顔…ちょっと前の。 | トップページ | “清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板 »