« 業界団体の会館 80 ◆ 京都府助産師会館 | トップページ | '60年代風液体石鹸の容器、“SARAYA ”の“SA”だけ… »

2015年9月13日 (日)

大阪市中央区、阪神高速高架下の図午後3時。

 クルマで信号待ち。高架下からふと見上げれば、カッコよろしいで。
Hkks
 今まで何度となく目にした光景やというのに何ででしょ…ってそらまぁ光まわりがええ塩梅やったんでしょう間違いなく。
 ハイライトも飛ばんシャドウも潰れん、けどシャキッとしていつつ諧調豊かな高架下…って、あぁちょっと専門的な見方ですかな。
 阪神間からの仕事の帰り、ひたすらずっとこぢんまりした平面だけを撮影する現場やったので、余計にダイナミックな立体感に反応したのかもしれんなぁと思われます。ま、こじつけですけど。

(於:中央区) アリンコみたいな人々もええ仕事してくれてはります。

|

« 業界団体の会館 80 ◆ 京都府助産師会館 | トップページ | '60年代風液体石鹸の容器、“SARAYA ”の“SA”だけ… »

何げな」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

 “シャドウ&ハイライト”やなんて、メイク(コスメ)の話かいな…と思ったら、写真補正の事なんですナ(笑)。

秋の始まり阪高高架下の午後3時、刻々と濃淡変化するその一瞬を捉えたナイスショットですネ!

ポイントさえ掴めば日本人の顔も、意外と簡単に立体的な顔に!…ベースメイク・ハイライト・ノーズ&アイシャドウ…フォトもコスメも同じや云うたら龍造さんに叱られるかな(汗)。


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年9月14日 (月) 08時57分

構図もですが、色の配置がね!
無彩色の中に、緑、黄、赤、
絶妙に呼応しあって。
天井のネットの緑、効いてます。

投稿: mita | 2015年9月14日 (月) 15時39分

●難波のやっちゃんさま
いやいや…写真のことですけど“補正”のことではないですよ。その必要がないほどええ光まわりやったということです。
しかしホンマ、化粧っておもろいもんですね。やってみたい気もしますが、毛穴が塞がれて暑そうなこと想像すると…絶対やりとないです。

●mitaさま
うわっ、うれしいですわ。いちいち書きませんでしたけど、様々な要素がええ感じやなぁと思ったもんで。深く鑑賞して頂き御礼申し上げます。

投稿: 山本龍造 | 2015年9月24日 (木) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62275648

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市中央区、阪神高速高架下の図午後3時。:

« 業界団体の会館 80 ◆ 京都府助産師会館 | トップページ | '60年代風液体石鹸の容器、“SARAYA ”の“SA”だけ… »