« 桃色がかった白い彼岸花 | トップページ | ほぼホタテ…かねてつ »

2015年9月22日 (火)

星組公演“ガイズ&ドールズ”

 長かったなぁトップ就任まで。てなわけで北翔海莉さんトップ就任大劇場お披露目公演“ガイズ&ドールズ”を見てきました。
Gd1 Gd2
…ってじつはこの出し物今月1日以来2回目。前回見て「あぁこれはもいっぺん見たいなぁ」ってことで今日も観ましたが…いやぁええなぁ面白かったなぁ。何かね、久しぶりに「タカラヅカって…ええわぁ」って心底思えました。
 そら、贔屓のトップ就任ですから感慨もひとしおなんですけど、それだけやなくて凝った舞台に華やぎにどの人も魅力的で歌もうまいし声はよく通って聴きやすいし…そうそう、これですよヅカは。「トップだけでは…」って思ったのが霧矢大夢さんの時。その時のこともあって「今回は…どやろ?」と思っていましたら何のなんの。また久々に「やっぱり卒業せんとこ」と思いましたわ。
 まぁわたし的には専科からのまさかの移動で北翔さんがトップになって良かったヨカッタですけど…二番手紅ゆずるさんのファンにしたら…うっとぉしい今回の人事やったことでしょう。昔はずっと月組観ていて、瀬奈じゅんさんがトップになって「…なんやおもろないわ」な時期が長かったのでね。
 そういう意味ではあまり長いことこの体制が続くのも良くないのかもしれませんが、まぁやっぱり私は一作でも多くこのメンバーの星組を観たいなぁと強く思いました。よし、これからは星組で行くで。
 で、北翔さんのスカイは…うん、もちろん本人に会ったこともないのでわかりませんけど、なんか「北翔さんらしいなぁ」って感じ。「絶対悪モンちゃうやん」な安心感がずっと根底にあって…それがええのか、それを超えたもんを期待するのか。まぁついつい紫吹淳さんのスカイをまぁはっきりとは覚えていないものの、あの氏の漂わせているクドいほどのアクの強さを…ふと思い出したのでした。
 ネイサン演ずる紅ゆずるさんにも妃海風さん、礼真琴さんと実力派揃い…よろしいなぁ。そこに美城れんさん…これまた何というか、専科の人が加わると、こうもどしっと引き締まった感じになるんやなぁと…もいっぺん見たいなぁ。東京まで行こかいなぁ…とかなんとか。
 最後にいよいよ大きな羽根を背負って北翔さん登場。思いっきりスナップ効かせて羽根をしならせてはりました。ええぞええぞ苦節(?)18年。今度は堂々センターで「ありがとうございました」の口。良かったヨカッタ氏のトップも星組全体も。そうそう、お子は今回2度目のヅカ観劇。2年前には「なぁ…もう帰ろ」を連発していたそうですが、今回はえらく気に入っていた様子。2歳の差が大きいのか出し物とその演じ手がよかったのか。もちろん娘役だけを双眼鏡で追ってましたね。そらそうか、子供にしたら男役は…みんなオバハンに見えることでしょうからなぁ。

夜は宝塚ホテルのバイキング。ここの空間は…ビアケラーのそれとは程遠いなぁ。

※追記:この日の公演は、なんとも言えん客席側との一体感も良かったです。みんなで暖かく観ている感じがとっても。幕締まってからも続く演奏も最後まで聴いている人多くて…よい一体感やったなぁ。あ、緞帳は最後にやっぱり“加美乃素”。

|

« 桃色がかった白い彼岸花 | トップページ | ほぼホタテ…かねてつ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

いいですね~、宝塚観劇。

宝塚のことを語りだすと、私はものすごーく長くなるのでほどほどにしておきますが(笑)
ちえちゃんが退団しはって、確かに「次は誰が来るんかな?そのまま上がるにしては、ちょっとまだかな?な感じがあるし、これは落下傘型やろうなあ」と思ったら、案の定でした。ここ2年ほど入れ上げてる友人は「ありえへん!」と憤ってましたが、なんのなんの、昔からこの手のトップ就任はよくあることよーと、具体例を挙げて説明したら、納得してくれました。(どの時代から、その例を挙げたかって、そらもう・・・。その友人から「歌劇の殿堂みたいな説明ありがとう」と感謝されました)

宝塚って、やはり組全部が動く(歌・ダンス)時が一番いいですよね。これだけは、ロンドンのミュージカルも劇団四季も敵いませんわ。纏まり感と言うか、一体感が半端ないですよ。

宝塚はそれこそ麻疹の様に一時ものすごい入れ上げて、そこから冷却期間を置いて、久々に観て「ああ、やっぱりええなあ」としみじみ思い、それからぼちぼちペースで観続けていくのが一番いいなあと思っています。

って、やっぱり宝塚のこと語ったら、長くなってしまいましたね。まだまだ語りたい気もしますが、今回はこの辺で。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年9月23日 (水) 11時02分

宝塚ホテルの記事があったので、もしかしたら、と思ってたんですが、そうですか、二回行かれましたか。
紫吹淳さんの時に見て良かったので、見たかったんですが、時期的に忙しい時期と重なってしまいました。
おもしろかったですか。
個人的にはアデレードがおもしろくてツボにはまるんですけどね。

投稿: ぽんぽこやま | 2015年9月23日 (水) 14時53分

●天王寺蕪さま
うまいこと言わはるわぁ。さすがです。私もまさにそんな感じ。紫吹淳さんのトップ時から観だして数年はかぶれてましたからね。で、まぁ北翔さん退団がくればその時に“卒業”思いましたけど…たぶん今後もつかず離れすやろなぁという気になってきました。
ま、わたし的にはそれでもやっぱり“歌上手”やないと…しんどいです。

●ぽんぽこやまさま
それは何ともお気の毒なことです。紫吹さんの時の霧矢大夢さんも良かったですね。
ひと段落したら、東京へ行かれるというのはどうでしょう?とかなんとか。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年9月29日 (火) 13時45分

ご贔屓スターさんがトップ就任という願いが叶ったのなら、その方が卒業されても後々温かく見守るファンになるというパターンが多いように思います。

そうなるとあまり特定の組やスターが目当てって感じの見方じゃなくなるんですけどね。

投稿: ぽんぽこやま | 2015年9月30日 (水) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星組公演“ガイズ&ドールズ”:

« 桃色がかった白い彼岸花 | トップページ | ほぼホタテ…かねてつ »