« 深井で塔ふたつ | トップページ | 射的のマトは人間国宝 »

2015年9月 5日 (土)

防火水槽 164 ■ 兵庫県明石市本町2-5-4

 これぞ「防火水槽に丸型もあり!」を実証してくれる物件発見。
Suiso164a Suiso164b  先日行った明石の街で第164号となる防火水槽に出会いました。一瞬「丸型か…」と思いましたものの、昔ながらな家の玄関脇にあって樋で集まる雨水が流れ込むを構造といい、これぞまさしく防火水槽なシチュエーション。今まで取り上げた丸型のそれの中で、いちばん「どやっ」という感じの防火水槽ぶりに、何とも言えんスッキリした気分になりました。少数派ではあるものの、確実に丸型の防火水槽は存在するということですな。

(於:兵庫県明石市) 装飾を施した丸型は…見たことがないなぁ。

|

« 深井で塔ふたつ | トップページ | 射的のマトは人間国宝 »

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 此れは今も現役ですかな。それとも余生?

山陽は明石駅前、魚の棚商店街に残る旧家ですからオーソドックスな角型かと思ったら丸型!
当時この辺りは丸が主流だったのか、此のお家が奇を衒ったのか…

余生と云えばチン電“住吉公園”停留所で金魚鉢として親しまれた「防火水槽」、路線の廃止を申請・駅引退のカウントダウンが始まりました。

葬式鉄で混雑しないうちに、金魚さん達にお別れに行って来ます…水槽の行方が気に掛かりります…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年9月 6日 (日) 10時48分

以前 京都市上京区に「火防用水」と記された円筒形の防火水槽がありました。今は消滅しいてます。

投稿: kinsan | 2015年9月 7日 (月) 06時03分

●難波のやっちゃんさま
いつでも現役復帰できる状態にある様子でしたが、どうも現在は使われていない風情でした。
ここらでは防火水槽をひとつだけしか見つけられませんでしたので、ここらの主流やったかどうかは判断できませんね。
“住吉公園駅”廃止のおかげで、防火水槽がちょっと世間に知られることになって嬉しい様な…でもやっぱり残念に思いますね。一杯飲み屋か喫茶店か…なんぞ有効活用してほしいもんです。

●kinsanさま
装飾を施した丸型も存在したということですね。そのうちどこかで出会えることに期待しときます。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年9月 7日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62227663

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 164 ■ 兵庫県明石市本町2-5-4:

« 深井で塔ふたつ | トップページ | 射的のマトは人間国宝 »