« 雪組公演“星逢一夜/ラ エスメラルダ” | トップページ | 岸和田は南町の一本木 »

2015年8月 5日 (水)

防火水槽 161 ■ 岸和田市南町22-9

 貝塚駅から歩いて…っていつの話やねんって一ヶ月ほど前の話。第160号を見つけたあと、大阪市内方面に歩きますれば、廃屋の前に防火水槽発見。
Suiso161a Suiso161b Suiso161c  ここ数回続いたイレギュラーなそれと違い、いかにも「防火水槽でっせ」なコンクリ製。実質本位の装飾性なし…って思いましたが何や手形ってっぽい模様が見えますな。ま、これはたまたまこう見えるだけでしょう。
 雨樋を伝った雨水を貯めるスタイル…ですが見ての通り実態はゴミ箱状態。ま、ゴミ箱というよりイランもんが投げ込まれているといったところでしょうか。一輪車の車輪が…何とも不法投棄って感じです。
 引いて見ればこの家屋、もう長くどなたも住まわれていない感じ。そのうち防火水槽の中以外、周りもゴミまみれになることでしょう。“ゴミはゴミを呼ぶ”というのは、ホンマのことの様ですから。

(於:岸和田市) そのうち、建物ごと消滅しそうですな。

|

« 雪組公演“星逢一夜/ラ エスメラルダ” | トップページ | 岸和田は南町の一本木 »

泉州・堺」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 貝塚から蛸地蔵(或は岸和田)駅まで旧26号線辺りを歩かれたんですネ(汗)。

よくコンな脇道にある水槽、見つけはりますナ…さすが目配りが違います!
これ戦時中に急造された防火水槽なのかな…家屋もその頃の侭で朽ち果てて往くんでしょう…

廃屋に附きモンの木製牛乳箱は残ってませんでした?

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年8月 6日 (木) 08時16分

ひぇー心霊写真?!

葉をみると、たぶん「金の生る木(花月」、
怪獣っぽく元気に育ってますね。
下半身は違う植物かな?
右は「ウバユリ」?「タカサゴユリ」?
ひび割れに「ど根性」です。

それにしても分厚いコンクリート、
夜な夜なあの手が水撒きしてるんですよ~

投稿: mita | 2015年8月 6日 (木) 20時15分

●難波のやっちゃんさま
その通り96号線あたりを歩きました。この物件はきっと建物の解体と共に姿を消すことでしょう。まぁ、平成な建物には…似合わんすぎますしね。

●mitaさま
いつもながら植物のこと詳しいですなぁ。ただただ「草」と「木」にしか分類してへんでは、あきませんね。また名前教えたってください。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年8月30日 (日) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/62026461

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 161 ■ 岸和田市南町22-9:

« 雪組公演“星逢一夜/ラ エスメラルダ” | トップページ | 岸和田は南町の一本木 »