« ただの柱、NTTの。 | トップページ | かつての大阪酒 10 『竜精』 信貴久酒造(有) »

2015年7月17日 (金)

昭和なプラ看板 111 ● ナショナルのいろいろ

 先日の水間鉄道での小旅、巨大茶壺風防火水槽に出会ったその後は、風情ある街並みではあるものの、コレといったアホげ的物件に遭遇しませんで森駅、そして三ツ松駅を過ぎてしばらく行きますれば…あったあった。
Nationals1 Nationals2 Nationals3
 しかも3つも。その上表と裏の内容が違うものがふたつもあってしかも色褪せもほとんどない上物…よろしいなぁ。白地に、しめに黒…そうそうこれこれ、ナショナルとカタカナで記せばこのカラーリングですわ。ガス器具まで揃えてはって、これぞ“みんなウチ中🎶何でもナショナル”ですなぁ。
 ま、そんなフルラインナップという王道を行ってたのも今は昔、最近は家電メーカーとしてより、企業向け製品にチカラを入れてはるとか。まぁそういう路線に舵を切ったとなると、水戸黄門も要りませんわなぁ…って、ちょっと時代がズレてますか。
 思えば“流し台”ってのも生活臭漂う古いコトバとなってしもて、パナソニックの今ではシステムキッチン。なるほどね。“ナショナル”はすっかり日本語になってましたからな。
 いかにもナショナルなお店、シャッターもほぼ閉まって…と、ちとさみしい気分になりましたが、調べますれば近くに新店舗を構えて盛んに商いされてはる様子。ただし…パナソニックにはならず、リンナイ、パロマなどを扱ってはる様です。そもそも燃料屋さん。そら、ガス器具から撤退したパナソニックでは…話にならんですわな。

(於:貝塚市) はともかく、の色が何とも懐かしいねんなぁ。

|

« ただの柱、NTTの。 | トップページ | かつての大阪酒 10 『竜精』 信貴久酒造(有) »

プラ看板」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

 そう、月曜は“明る~いナショナ~ル”提供の「水戸黄門」視ながら晩御飯!

一家団欒食事の後は各自食べ終わった食器を流し台まで運び母さんが洗い子供も手伝う、そして父さんから順にまとまって入浴。

高度成長でエアコン・電気温水器(朝シャンや24時間風呂)やがてシステムキッチン(食洗機)やソーラーシステム・洗浄便座、快適で自由気ままな生活を謳歌…これぞ“みんな家じゅう、何でもナショナ~ル”で揃えましたなァ。

日曜は“この~木なんの木気になる木”日立の樹で晩御飯の後、“光~る光る東~芝”の日曜劇場視てました(笑)。…その東芝も粉飾決算で大騒ぎ…日本の家電よ、ドコへ行く(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年7月18日 (土) 07時54分

ナショナルプライスクイズ「ズバリ当てましょう」の賞品は“ナショナルの電化製品一揃”でしたねぇ。
子どもやったけど、ほしかったなぁ…

投稿: おばちゃん | 2015年7月18日 (土) 10時10分

  「ナショナル」の製品と言えば、携帯ラジオが未だ現役です。

 台風シーズンには作動を確認してます。

 で「パナ」って何かなと思って検索したら、PANからきてるんですね。

 「パンナム」提供「兼高かおる世界の旅」とか「パナウエーブ」の白装束とか思い出しました。

 そもそも「ナショナル」がナショナリズムを連想させるとかで、国内向けだったそうで。

 そういえば、在阪の某女子高・大もimperialismを連想させるからか校名変更してますね。

 げに、恐ろしき「言葉狩り」と予防策?

投稿: 戦後派 | 2015年7月19日 (日) 07時36分

ナショナルと聞けば、やっぱりあの歌ですね~♪

ナショナルが水戸黄門のスポンサーになったのは、その昔松下幸之助さんが水戸藩つながりの方にお世話になったからだとか・・・

ガス器具まで扱っていたとは、さすがナショナル!「電気と関係ないもんまで浸食していきまっせ」と言う鼻息が聞こえてきそうですね(笑)

投稿: 天王寺蕪 | 2015年7月19日 (日) 15時31分

●難波のやっちゃんさま
まさに昭和な家庭をうまいこと説明してくれはりました。“なんでもナショナル”、このフレーズにはいろんなもんが詰まってますわ。
さ、日本はどう舵きりしたらええんでしょう。

●おばちゃんさま
お〜“ズバリ当てましょう”これまた懐かしい。司会の方は知るも、景品までは覚えてませんでした。

●戦後派さま
私が日々聞いているラジオもナショナル。BCLブームやった頃のクーガーno.7。さすがに高性能のヤツでもビルの谷間ではその威力を発揮できんみたいで雑音だらけ。でもまぁ…その雑音も味のうちですわ、AMは。

●天王寺蕪さま
うちの給湯器がナショナルですわ。撤退してもまぁええんですけど、ちゃんと修理してくれるんやろかが気になるところです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年8月17日 (月) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61904064

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 111 ● ナショナルのいろいろ:

« ただの柱、NTTの。 | トップページ | かつての大阪酒 10 『竜精』 信貴久酒造(有) »