« 五月晴の西陽がつくる景色ふたつ | トップページ | ニチバン“セロテープ” »

2015年6月 9日 (火)

瓜破の細道

 喜連瓜破駅で降りて地上に上がりますれば雨も上がってますわ。いつもの様に仕事前に歩きますれば、あっ、細っそい道。
L1 L2  見ての通り側溝より細おまんなぁ。
 まぁ原則どおり舗装するとこうなるには違いないですから、何らおかしくもない訳が…やっぱり面白いなぁなんか。
 まず現物が面白いというのがあって、で…その前に真面目くさってこの様に施工した人たちがいて、最後にこの仕上がりをチェックした市の職員(?)がいた訳で…まぁようするに日本人の仕事やなぁみたいなところが…ええなぁと。
 「ほなどないしたらよかったんや」って?…う〜ん、そらまぁ、これしかないですわなぁ。ここは…日本ですから。とか何とか。

(於:平野区) ま、きっと農業用水路が下水道になって上が道になったんやろな。

※関連記事:
原則通りか?きっちり舗道と路側溝。』 2012年3月 記
法には忠実なんやろけど、必要か?』 2007年12月 記

|

« 五月晴の西陽がつくる景色ふたつ | トップページ | ニチバン“セロテープ” »

何げな」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

コメント

 初めて阪神高速でこの辺り走った時、標識“喜連瓜破”を何と読むかで大いに盛り上がりました(笑)。

地下鉄“野江内代”もそうですが、大阪には難読地名それも複合駅名が多いですナ…事なかれ主義のお役所仕事でしょうか?

で、そうそうココイラは河内と摂津の境目だったとか。その昔、水路を挟んで両農民が水争いしたんかなぁ(汗)。

40年前、人口増で東住吉区から分区する時、新区名は投票の結果一票差で“平野区”が“大和川区”を上回ったらしい…なんか大阪都構想、僅差で否決!を思いだすワ(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年6月10日 (水) 08時33分

  う~ん、こう言うのって「お役所仕事」?

投稿: 戦後派 | 2015年6月10日 (水) 08時49分

●難波のやっちゃんさま
ここらが摂津と河内の境目…ははぁなるほど、そんな感じですねぇ。でもまぁきょうび、大阪市内で“河内”を感じること少ないんですが。
で“大和川区”…そんな案もあったとはびっくり。平野区は私からしたら昔からある区の様に思てますね。そんな名にならんで良かった様に思いますが…と思いつつ、いわゆる“平野”とそれ以外は、違いがありすぎて、違和感を感じるのも事実ですわ。

●戦後派さま
お役所仕事…う〜ん、どうでしょ。まさしくそうなんですけど、私ももしここを舗装する立場やったら絶対にこう施してますわ。おもろがって…

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年6月15日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61720257

この記事へのトラックバック一覧です: 瓜破の細道:

« 五月晴の西陽がつくる景色ふたつ | トップページ | ニチバン“セロテープ” »