« 五月晴れに映える木造小屋 | トップページ | 長堀通は歩道で呑む5月最後の夜 »

2015年5月30日 (土)

ソース 47 ▲ 白雪 酒粕入り とんかつソース

 先日は仕事で伊丹へ。帰りに立ち寄った白雪の直売店で、こんなソースを発見。
Ssts1 Ssts2 Ssts3  “酒粕入りとんかつソース”…いかにも造り酒屋が手掛けるソースといった感じ。白雪の吟醸酒粕が入ったその味わいはいったいどんなもんでしょうか。
 まずは、そのままで。ありがちな色合いですがトロミにやや特徴があって、どう言えばいいのか…何となく粕汁っぽい様に思います。口に含みますれば…あぁ、確かに酒粕の味がします。その香味…芳しいとも言えますが、やや奈良漬っぽい味わいに思えまして、いわゆる吟醸の華やぎではない印象を持ちました。ま、好みの問題でしょう。
Ssts4  次に定番、焼きそばにして味わってみました。調理しますと奈良漬っぽさは随分緩和され、あまり普通のソースと変わらない様に感じられました。そのお味は、かなりの甘口。酒粕の味わいを生かすために香辛料を控えめに配合してあるのかもしれません。
 ピリ辛好きの私にはちょっと物足りない印象が残りました。ですが、その時に買った女性は後日「あのソース、美味しかったですよね」と大いに気に入られた様子でしたことを付け加えておきます。
 白雪がソースまで手掛ける…ちょっとビックリ。灘と伊丹で5蔵を有し全ての出品酒が全国新酒鑑評会で金賞受賞と誇っていたのも20年ほど前の話。日本酒に関しては今、本社機能を併せ持った富士山蔵ひとつという状況を思うと…そうなんやなぁと思ったり。ベルジャンビールの次はソースで勝負!ってとこですかね。

名称:濃厚ソース 原材料名:糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)野菜・果実(りんご、トマトたまねぎ、その他)、酒粕 食塩、醸造酢、 たん白加水分解物、りんご酢、香辛料、酒精、増粘剤(加工澱粉、タマリンドガム) 、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、甘味料(甘草)、(原材料の一部に大豆を含む) 販売者:小西酒造株式会社 SY 白雪ブルワリービレッジ長寿蔵 兵庫県伊丹市中央3丁目4−15

創業四百有余年…って、千利休も呑んだことあるかもしれんくらいの歴史やなぁ。

|

« 五月晴れに映える木造小屋 | トップページ | 長堀通は歩道で呑む5月最後の夜 »

ソース」カテゴリの記事

コメント

 へえ~、酒粕入りソースなんてのがありますんか(吃驚)。

子供の頃、朝から親父が酒粕焼いて食べてました。
匂いがきつくて閉口しました(汗)。今はチーズケーキもあるんですネ。

これやと晩酌・漬もん無しでトンカツ食べれますナ(笑)。 ヘルシー!

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年5月31日 (日) 08時00分

あ、これ。買おうと思ったんですが、買わなかったものです。
そんなお味なんですね。また、参考にさせてもらいます。

ここは、色々手広く?商ってはりますね。

私もこの間、伊丹に行ったとき、美術館のところで伊丹のお酒の由来を知って、山中鹿之介につながるというのを初めて知って、驚きました。ほんと、千利休さんも飲んではったかも知れませんね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年6月 3日 (水) 06時48分

●難波のやっちゃんさま
これ一本で酒も奈良漬も要らん…経済的。ってまぁそれなりに高いので、そうはいきません。

●天王寺蕪さま
あっ、その昔某歴史ある組織に山中さんというお方がいて「伊丹の酒造にも関わってきた由緒ある家の方」と聞きましたが…そういうことなんですね。ほんま、利休さんも呑まれた気がしてきました。

お二人ともコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2015年6月11日 (木) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソース 47 ▲ 白雪 酒粕入り とんかつソース:

« 五月晴れに映える木造小屋 | トップページ | 長堀通は歩道で呑む5月最後の夜 »