« 平成な断面の奥に潜む昭和 | トップページ | 駅前の小さな草むら正雀の シュロもあって南の島っぽ »

2015年4月 3日 (金)

アホげの必需品RICOHのCX1、落下で壊す…

 とにかくさみしい。
Cx1a Cx1b
 旅の途中、木次駅のホームで手を滑らせて我が愛用のRICOH“CX1”がアスファルト上に叩きつけられ…重体。レンズ部凹んで歪んで出し入れもできん…当然撮れん。はぁ。
 歳とると、水分抜けて手がカサカサ。それでスルッと滑った訳ですけど…ホンマにそれが原因なんかなぁ。数日前、キヤノンから送られてくるmailにあるこの手のカメラのスペック見て「おっ、これ欲しいかもなぁ」とふと思たその気持ちが、愛機を壊すという行動に無意識に表れたんとちゃうんかなぁ…と思ったり。いや、案外その私の気分を察したCX1が「そろそろおひまを…」と思って落ちよったんかもなぁ。
 2009年10月1日の記事から5年と6ヶ月、アホげはほぼ毎日このカメラによる画像で更新されていました。そうか…もう5年半も使ってたんですなぁ。見た目も使い勝手も仕上がりも全てが気に入っていたんですよこのカメラ。カメラに興味のない私がそう思うくらいの気に入りようで…RICOHってのも何となくくすぐられる要素でしたかいなぁ。
 そのRICOHもコンパクトデジタルカメラからは撤退した模様。そやったらやっぱり修理に出そうか否か。かなりの修理代を思うと買い替えがお得なのはわかってるけれども。ま、しばらくはモヤモヤしながら次のを探すことでしょう。それまでの間はうちのひとのRICOH“CX5”を借りておこ。「ええかも」と思たCanonのそれは…思いのほか、高かったからなぁ。

(於:島根県雲南市、木次駅) 携帯端末で写真撮る気にはなれんのよ。アタマ古い人間なもんで。

|

« 平成な断面の奥に潜む昭和 | トップページ | 駅前の小さな草むら正雀の シュロもあって南の島っぽ »

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

 “幸運なんです。雲南です。”の筈が…えらい災難でしたネ。

愛用機の落下事故、カメラ保険には入っておられないんでしょうか…

私もスマホ、手を滑らせ2度落としてます(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年4月 6日 (月) 09時03分

  「そろそろおひまを・・・」

 使い込んで手に馴染んだものを失う悲しみ。

 物にも魂を感じるのが八百万に繋がる様に思うのですが、何かそれが一番慰めになる様に感じます。

 失せ物は大難の前の小難と割り切るしかないかも。

 愛用の品が自らを犠牲にして何かを警告しているのか?

 何かの身代わりになったのか?

 「ひやりはっと」と言われますが、諸般の行動に注意を払うきっかけになればそれで良しということにはなりませんかね。

投稿: 戦後派 | 2015年4月 6日 (月) 09時52分

お久しぶりです。

私もここ数年、急激に手の潤いがなくなりました。

がさがさです。年かなぁ。

投稿: ぽんぽこやま | 2015年4月18日 (土) 01時56分

●難波のやっちゃんさま
保険は3年保証でしたので、もう切れてしもてましてね、はい。いまだ新しいギア買えずです。

●戦後派さま
あれこれちょっと気分が軽くなるコメントを有り難うございます。“自らを犠牲にして何かを警告してる”ってのもええ考え方やなぁと思いつつも、どこか自分の勝手な解釈でずすこい様にも思ったり。ま、徐々に淋しさは減少しつつあります。

●ぽんぽこやまさま
いやホンマかさかさで、スーパー行ってもレジ袋もビニール袋ももうなかなか開けることができな来てね。ま、今に始まったわけでもないんですが。ちなみにスーパーに置いてある水を浸したスポンジは…気色悪くてよう使いません。

みなさんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年5月21日 (木) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61397221

この記事へのトラックバック一覧です: アホげの必需品RICOHのCX1、落下で壊す…:

« 平成な断面の奥に潜む昭和 | トップページ | 駅前の小さな草むら正雀の シュロもあって南の島っぽ »