« 赤い自販機、祠の中。 | トップページ | アホげの必需品RICOHのCX1、落下で壊す… »

2015年4月 2日 (木)

平成な断面の奥に潜む昭和

 大田市駅前に、妙な断面。
Danmen1 Danmen2 Danmen3
 一見ひとつの建物風。ですが真ん中あたりに切れ目があって、そこを覗くと細い細い路地があっていくつかの民家の玄関がそこに面しているも、何となくその路地は暗渠化した水路風。窓無き出窓(?)もあります。
 これ、水路に面した長屋が再開発かなんかでバサッと切られてしもてできた断面なんでしょうか。別段どぉってことない物件の様にも思いますが、何とも言えん殺風景な壁のその奥に、昭和っぽい湿度ある世界があって…やっぱり妙ですわ。

(於:島根県大田市) あまりに生活感ある路地ゆえ、よう侵入しませんでした。

|

« 赤い自販機、祠の中。 | トップページ | アホげの必需品RICOHのCX1、落下で壊す… »

何げな」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

この間、歯医者に行ったとき、ハイソなマダム用の某雑誌が置いてあって、それを読んでいたら、最近は窓が少なく、こういう感じで壁がどーんとあって天窓がどーんとあいている耐震性に優れた住宅があるというのを特集してました。ハイソなマダムではない私は「天窓っていうけど、どないして掃除するんやろう?」とそういうことばかり気になってしまいました。
それが、まさに、この家の感じ。

いやあ、案外時代の最先端を行ってるのかも知れませんよ。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年4月 4日 (土) 07時42分

 大田市って“おおだ”と濁るんですネ。
此処は駅前ですか…流石に鳴き砂で有名な琴が浜に近いからか砂が白い!

晴天の下、ビーチバレーでも出来そうな空き地と殺風景な断面・隙間の奥に潜む山陰な建物…ただ今地上げ進行中みたい。

サッカーのゴールキック練習やテニスの壁打ちにもエエわ(ゴメン)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 08時51分

●天王寺蕪さま
へぇ、そうですか。耐震性を考えると窓もない方がええと…しんどい生活もカナンなぁって感じがします。ま、確かに天窓もええんですけどね。

●難波のやっちゃんさま
確かにボール当てるのに最適ですな…ってコンクリやないので跳ね返りが弱いかもしれません。ま…そんな心配せんでも、きょうびの子供はそんなんしませんでしょう。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年5月21日 (木) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61385307

この記事へのトラックバック一覧です: 平成な断面の奥に潜む昭和:

« 赤い自販機、祠の中。 | トップページ | アホげの必需品RICOHのCX1、落下で壊す… »