« すりガラス越しにこっち見てはる大村崑 | トップページ | 外国語のローマ字表記 29 ◇ OIKE BIRU »

2015年4月24日 (金)

防火水槽 152 ■ 奈良県桜井市桜井808

 さすがは旧街道、あっちにもこっちにも防火水槽が。
Suiso152a Suiso152b  第152号となるこの物件は堂々、正面に“水”と記された石製…と思いましたがよく見るとどうやら石に見えるも良くできたコンクリ製の様です。見ての通り雨水が流れ込む構造になっていますのでどないもこないも現役引退できない状況に置かれています。適度に苔むして風格ある物件ではありますが、家屋の方がかなりキケンな状態にありますのでこの先どうなるのか心配なところです。
 虫籠窓もある立派な家屋でこそこの風格ある防火水槽もしっくりくる訳で…できれば共にええ形で残って欲しいもんです。

(於:奈良県桜井市) まわりを囲む石も含めて趣きがある一角やな。

|

« すりガラス越しにこっち見てはる大村崑 | トップページ | 外国語のローマ字表記 29 ◇ OIKE BIRU »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 日本最古の国道・竹之内街道に続き、横大路そして伊勢街道と風情ある街並みには防火水槽が似合います…

おそらく江戸時代から続く旧家だと思いますが、かなり傷んできておりその保存の難しさが窺われます。

大和朝倉駅前の旧道(慈恩寺)にも“水用”と標示の水槽が残っていました…

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年4月25日 (土) 08時07分

  虫籠窓もですが、普通に2階部分の低い造りの民家も減りましたね。

 住吉大社近くの熊野街道沿いでも、建て替えが進んでどんどん今風の家屋に代わってます。

 やっぱり不便も多いんでしょうか?

 住人のみぞ知るってやつかな?

投稿: 戦後派 | 2015年4月25日 (土) 09時16分

●難波のやっちゃんさま
>>大和朝倉駅前の旧道(慈恩寺)にも“水用”
見てきました…ストリートビューで。ここらもええ街並み。お約束と言っていいのか確かに“水用”。近くに蔵元も。山川酒造で“忠ギ男”…なるほど。でもどうも近年廃業されたみたいですね。

●戦後派さま
どうもやっぱり景気ええとこはええ様で、ここ数ヶ月でどんどん昔ながらな家屋が解体されていってます。一年もしたらかなりなくなってしもてることでしょう。
残念…なのに更地になってると「はて、元々どんな建てモンやったかいな?」てな感じ。まぁ、それでええのかもしれませんが。

お二人ともコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2015年6月 2日 (火) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61489978

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 152 ■ 奈良県桜井市桜井808:

« すりガラス越しにこっち見てはる大村崑 | トップページ | 外国語のローマ字表記 29 ◇ OIKE BIRU »