« 新幹線高架下の郷愁漂うバス停見てあれこれ | トップページ | 近鉄バスの2階建オープンデッキ、真上から見るとこんな感じ。 »

2015年3月21日 (土)

防火水槽 147 ■ 奈良県宇陀市榛原萩原2429

 難波のやっちゃんさんが146号の記事へのコメントで書かはった通り、ここらは防火水槽が多く残っていました。
Suiso147a Suiso147b  今回の第147号はシュロが生えてインパクト大の146号のホンのそばにありました。その姿はまぁ至ってありがちな風情と言った感じ。左下の排水口に塩ビが使われていますが、これは元々の姿なのか改良されてこうなっているのかがもひとつわかりませんが、そないに年代物という感じでもなさそうです。その割にひび割れコンクリが剥離しているのが不思議な感じ。ちょっと粗悪品なんかもしれませんね。
 引いて見れば、目の前の路面に消火栓、右手には水道の蛇口にホース…第147号は安心しきって余生を送っていることでしょう。

(於:奈良県宇陀市) 同型の新品らしきものもこの町で発見。そのうち記事に。

保存

|

« 新幹線高架下の郷愁漂うバス停見てあれこれ | トップページ | 近鉄バスの2階建オープンデッキ、真上から見るとこんな感じ。 »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 榛原が歴史街道の往還する宿場町であったことから“他にも残っていそう”とコメントしたんですが…

146号や147号を見てますとやはり先日の記事(空襲弾痕跡)、敗戦末期に空襲に備え急造された防火水槽なのでしょうか?
防空頭巾を被りバケツリレーでの消火活動なども見てきたのでしょうネ…

天王寺蕪さんがコメントされてた様に、都市部を空爆したあと帰りがけの駄賃に残っていた爆弾投下や、クールダウンするため面白半分に機銃掃射したとしたら堪ったモンやありません!


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年3月23日 (月) 09時26分

●難波のやっちゃんさま
そうか…確かに設置した目的を思うと戦争を見てきているんですよね、これら防火水槽は。銃弾痕を見るとホンマに使われた可能性もあるわけで…もうちょっと想像して干渉せなあかんなと…

コメントいつどきもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2015年4月20日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61321690

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 147 ■ 奈良県宇陀市榛原萩原2429:

« 新幹線高架下の郷愁漂うバス停見てあれこれ | トップページ | 近鉄バスの2階建オープンデッキ、真上から見るとこんな感じ。 »