« みどりに覆われた家屋の根元は | トップページ | ここの家もあの8枚葉に覆われてまっせ »

2015年2月11日 (水)

文化住宅?否、マンション。

 今日は伊丹市某所で仕事。休日に仕事…電車もすいていてなかなかよろしいなぁ。で、少しはやく着きましたので皆と待ち合わせの阪急塚口駅あたりをちょっと散歩。西口より東口の方が面白そうと歩きますれば、なかなかええ感じ。前方に…マンション発見。
Manshon1 Manshon2
 「え?マンション」。私には文化住宅に見えるんですが、マンションやと…そうなんや。タワーマンション大流行りの昨今とは逆路線の二階建て。独自路線で…それもまたよし。
 「けど…これマンションなん?」と思うと「マンションて何なん?」。wikiによると“大型の集合住宅を指す和製英語”であり“英語では豪邸を指すコトバ”やとか。豪邸か…それも、何か違う様に思いますなぁ。ま、「借り手に夢を」とやさしい大家さんの心遣いってことにしときましょ。

(於:兵庫県尼崎市) 夜泣きそばの湯気が似合いそうやなぁ。

|

« みどりに覆われた家屋の根元は | トップページ | ここの家もあの8枚葉に覆われてまっせ »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

  一応今住んでいるも「マンション」に分類されているんですが・・・。

 「I DO NOT HAVE A MANSHON ♪」で始まるもの悲しいフォークソングが忘れられません。

 ハモニカ長屋にも住んだことがありますが、確かに今の方が設備は充実しているかな?

 でも、左右上下の生活音(=自分の音も)を気にしつつの生活はストレスですね。

 一時流行った「億ション」位になるとそうでもないのかも知れませんが・・・。

  

投稿: 戦後派 | 2015年2月12日 (木) 06時57分

 チト看板も草臥れてきたんで、リフォームし“アパルトマン不思議”と改称しましょう…但し家具は相変わらず下駄箱だけ(笑)。

欧米人からしたら日本は不思議の国!
大邸宅(residence)でも豪邸(mansion)でも無く、まして宮殿(palace)でも王室(royal)関連でもない単なる集合住宅をこう詐称する(汗)。…これが日本の文化…まっ云うたもん勝ち、皆んなで渡れば恐くない…

この文化住宅なんか可愛いモンですわ(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年2月12日 (木) 09時26分

高校の時、英語の先生が「マンションとは本来なんぞや」ということを、語っておられました。
そのうち、今流行の海外ドラマから派生してなんとかAbbeyとかいうものが出てくるかもしれませんね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年2月12日 (木) 22時08分

●戦後派さま
そうそう、マンションと言えばシュッとしてて聞こえがいいですが、立体長屋とも考えられますよね。上下左右の生活音…なかなか大変なことかと。

●難波のやっちゃんさま
日本の文化…ですか。確かにそうともとれますね。他にももっとありそうですし…って、思い出せんのですが。

●天王寺蕪さま
Abbey…ですか。ちょっと私テレビをあんまり見んのでわかりませんですんません。

みなさんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年3月23日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61122035

この記事へのトラックバック一覧です: 文化住宅?否、マンション。:

« みどりに覆われた家屋の根元は | トップページ | ここの家もあの8枚葉に覆われてまっせ »