« 妙やけどなんか懐かしい光景 | トップページ | 威嚇せず、なごみのチカラで勝負する忍び返し »

2015年2月 2日 (月)

業界団体の会館 74 ◆ 兵庫県貨物陸運事業協同組合会館

 組合員でもちゃんとした名称覚えてへんのちゃいます?
Hkrjkkk1 Hkrjkkk2
 いや「長いなぁ」と思たもんで。漢字にして15文字か…ま、“JARTIC”みたいに変に英語表記の頭文字取って短するよりよっぽどマシですけどね。
 で、この会館、もちろん“兵庫県貨物陸運事業協同組合”の会館。兵庫県下の中小運送業者29社が業界の近代化を目指して1963年に設立した協同組合やそうです。
 運送業界はドライバーの高齢化が問題とか。何でも2007年の運転免許の改定で5トン以上のトラックは、実質20歳以上でないと運転できんことになったのが原因やそうで…と思て調べてみましたら、また免許制度改定され、18歳で7.5トンまで運転できる様になるとか。それはそれは運送業者の皆さんに朗報かと。もちろん我々市民にもですかな。

(於:神戸市中央区) ドライバー増えて、無茶な運行が減ったらええんですがね。

|

« 妙やけどなんか懐かしい光景 | トップページ | 威嚇せず、なごみのチカラで勝負する忍び返し »

業界団体の会館」カテゴリの記事

大阪、京都以外」カテゴリの記事

コメント

 これでも陸上運輸(送)→陸運と二文字短縮してまっせ…とかなんとか…余りに長いんで“兵陸協”でヨロシな!

昭和51年にヤマトが始めた宅急便サービス、それまでは使い勝手の悪い郵便小包か鉄道小荷物しかなかった。
宅配便が無ければネット通販もここまで普及しなかったでしょうネ。
兵陸協の設立は昭和38年だそうですが、その頃はヤマトも佐川も創業者自らハンドル握っていたとか…

引っ越しがメインの様ですが、組合員の中からぜひ次代のクロネコや飛脚が出ますように!

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年2月 3日 (火) 10時58分

兵庫県陸上競技協会 なんてのがあります❗️

やはりフルネームでお願いいたします(^_^;)

投稿: ん❓ | 2015年2月 3日 (火) 12時15分

漢字圏じゃない外国人のビジネスマンや観光客が見たら、日本語を学ぶのを諦めそうな看板ですね。
いや、ひらがなカタカナ交じりの方がハードル高いのか…

日本人でも「領収書の名前これにして下さい!」って言われたらへこむなぁ。
よほど考えて書かないと様の前で納まらない気がします。

投稿: おばちゃん | 2015年2月12日 (木) 12時43分

●難波のやっちゃんさま
あ、ほんまですわ。もうとことん長ったらしくしはったらよかったのにって気分になってきました。
で、おっしゃる通りネットだけではここまで無店舗販売が幅をきかせることにはなってなかったに違いありません。とことん国と戦ってインフラに仕立て上げたヤマト運輸に、感謝。

●んさま
そうですか。何と反応してええのやら。

●おばちゃんさま
いやいやまぁここまで日本語を大事にしてはる訳ですから応援せんなりませんな。
領収証もそうですけど、請求書も…ですね。近年社団法人から“一般社団法人”に変わった某組織に請求書書くとき「部署名まで書いてください」と言われていて16文字も書くのがもうカナン…ってええ加減手書きのそれヤメたらええだけですな。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年2月12日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業界団体の会館 74 ◆ 兵庫県貨物陸運事業協同組合会館:

« 妙やけどなんか懐かしい光景 | トップページ | 威嚇せず、なごみのチカラで勝負する忍び返し »