« アルコール分10度の純米酒、月桂冠の。 | トップページ | 残された橋脚、そこにシュロ青々と »

2015年1月30日 (金)

スズキキャリイ、朽ち行く雨の中。

 今日は甲賀で仕事。5時に起きて東海道本線、草津線と朝から電車にのりましたら…エライたくさんの人が乗ってはって…そうか、みんな早よから働いてはるんやなぁとちょっとビックリ。で、甲南駅に着きますと…ICOCAもPiTaPaも使われへん…そうなんや。
 駅まで先方に迎えにきてもらい後部座席へ。移動中クルマの運転手さん道間違えはって路肩に停車。ふと外見ると…わぁ。
Img_2536
 スズキキャリイ…これ、私の初代のクルマですわ。まぁ、これはトラックので、私のはバンやったんですけども。
 ちょっと凹んだ中古のを親に買ってもらってあっちこっち。2サイクルエンジンで白煙まき散らし走ってはしって北海道までも荷台にふとん敷いて寝泊まりしながら…わぁ懐かしわぁ。
 う〜ん、そうなんやなぁ。何かね、久々に会った同級生が妙に老け込んだなぁと思う様な感覚と言うのか…これが30年の歳月ってもんやねんなぁとシミジミ思てシャッター切ったけど、仕事中にそれはいけませんなぁホンマは。ま、昨日の皆さんは何ともフワッとした人らで「マズイな」とは思わずに済みましたけども。
 雨に打たれて…なお沁みる光景にちょっとグッときたのでした…はウソ。ま「お、懐かし」と思た程度でしたホンマは。

(於:滋賀県甲賀市) エンジンが座席の間下で…夏は焼けるほど熱かったなぁ。

|

« アルコール分10度の純米酒、月桂冠の。 | トップページ | 残された橋脚、そこにシュロ青々と »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

 私の愛車遍歴、最初はトヨタ・パブリカです…唐辛子ではなくpublic・car(大衆車)からの造語でした(笑)。

30年前のスズキ・キャリイと云うと8代目か9代目で4WDが出始めた頃ですネ!
オフロードブームの奔りで、私も日産テラノに乗り換え、最初はパートタイム四駆で往生しました(汗)。
夏休み子供連れて北海道を一周、オールキャンプでした。

ところで車名carry(運ぶ)の片仮名表記はキャリーですよね…何故キャリイにしたんだろう?


投稿: | 2015年1月31日 (土) 11時27分

  バンなら農具小屋代りに田畑の隅に置かれているを見かけますが、トラックだと・・・?

 この場所で動かなくなったのか?

 結局、廃車が邪魔にならない位、土地ががあるということか。

 ちょっと羨ましい環境ですね。

投稿: 戦後派 | 2015年2月 1日 (日) 07時38分

冬景色の中で見るせいか、[○_○]←こんな顔したゾンビの子どもみたいになってますね。

投稿: おばちゃん | 2015年2月 2日 (月) 09時56分

画像のキャリイは菅原文太さんのCMで北斗晶さんが乗られたタイプ(1979~85年式)ですね。
山本さんの世代だと西川きよしさんのキャリイのCMが懐かしいでしょう?

キャリイのライバルといえばダイハツのハイゼットですが、
ハイゼットの由来はハイとミゼット(昭和の軽3輪トラック)の合成語からです。

投稿: 奈良市民 | 2015年2月11日 (水) 22時03分

⚫︎さま
お名前頂いておりませんが、このコメントは…“難波のやっちゃん”さまですね。
パブリカの頃は、まだまだ日産こそ一流な時代やったのではないでしょうか。その後カローラの時代が長かったですが…最近見ませんね。
キャリイは…選んで乗った訳ではありませんが、なんとなくそれ以来スズキ贔屓でしょうか。中小企業のおっさん然とした社長…頑張っていただきたいもんです。

⚫︎戦後派さま
確かにここで朽ち果てても、誰も文句なしですもんね。ま、それでも有害物質が溶け出したりするかもしれませんから、あんまりこういう最期は、環境に良くない様に思いますね。

⚫︎おばちゃんさま
ほんまや!→[○_○]。大発見。

⚫︎奈良市民さま
西川きよしさんのキャリイて? スンマセンがさっぱりわかりません。ハイゼットは、その様です。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年2月12日 (木) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61061765

この記事へのトラックバック一覧です: スズキキャリイ、朽ち行く雨の中。:

« アルコール分10度の純米酒、月桂冠の。 | トップページ | 残された橋脚、そこにシュロ青々と »