« 阪堺電車で凍りそうになりながらお茶会へ | トップページ | 10ヵ月払 ラッキー »

2015年1月26日 (月)

側溝のフタ、顔の連続。

 先日は北加賀屋で仕事。はよ着いたものの、探索するほど時間もないしとマンションの端に腰掛けてふと下見たら、そこに…顔。
Grating1 Grating2
 よく見る側溝のフタが、顔の連続やったとは知りませんでしたなぁ。かわいい様な気色悪い様なその微妙な表情…これはたまたまそう見えるのか、製造元が意図して顔を隠しつつ仕込んだのか。何か宇宙人っぽいですなぁ…って実際のその姿は、見たことないんですけど。宇宙人顔とは…ほぼかなりの人が抱いているその共通認識…何なんでしょうかね?

(於:住之江区) ま、“顔”はまちのいたるところにあるわな。

|

« 阪堺電車で凍りそうになりながらお茶会へ | トップページ | 10ヵ月払 ラッキー »

何げな」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

  柱や天井板の節目が顔に見えたりするのと似てますね。

 製造元が意図したかどうかは謎ですが、単に水はけと滑り止めを狙った幾何学的な模様の様にも見えます。

 よく風景に写り込んだ壁の沁みや木漏れ日が心霊写真に化けるのも、大抵は人間の脳味噌の為せる技ですね。

 一旦そう見えるとそうにしか見えないって経験、ありますよね(笑)。

投稿: 戦後派 | 2015年1月27日 (火) 07時25分

 若い頃、先輩から“男の顔は履歴書、女の顔は請求書”
気ィ付けや!と云われたモンですが…

最近は請求書とも縁がありません…
タマに飲みに行っても、宇宙人の如く皆な同じ顔(化粧)してハナシ合わん…嗚~呼。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年1月27日 (火) 07時45分

こっちから見ると笑顔のまゆげ宇宙人。
ひっくり返してみると不機嫌なひげおじさん。

小石が詰まったり、下から草が生えたりしたら、さらに面白いことになりますねえ。

投稿: おばちゃん | 2015年1月27日 (火) 13時42分

あ、うちの子もちょっと前に「これ、人の顔やで~」と喜んでました。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年1月27日 (火) 23時35分

⚫︎戦後派さま
まぁ私もこれは機能だけを考えてデザインしたら、そこに顔があったということやないかなと思いますね。
で、天井の木目や節目に顔がある…ですが、模様やと思っててよく見たら大きい蛾やったことが何度かあり、とても怖い思いをした覚えがあります。でも、それも大昔の話。最近、でっかい蛾って見ませんね。ま、そもそも蛾を見ない気もしますが。

⚫︎難波のやっちゃんさま
その前はともかく“女の顔は請求書”の意味がわからんなぁと調べますれば、Yahoo知恵袋に同様の質問をしてる人がいてて…ちょっと今の時代にはよくわからん比喩ですわ。

⚫︎おばちゃんさま
え?ひっくり返して見るんですか…脳内でうまいこと変換できませんわ。
確かに雑草など生えると、なおええかもしれません。

⚫︎天王寺蕪さま
…と言うことは、かなりのひとが「あ、顔や」と思うてるということでしょうね。ま、口にするか否か…ですか。

みなさんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年2月12日 (木) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61041246

この記事へのトラックバック一覧です: 側溝のフタ、顔の連続。:

« 阪堺電車で凍りそうになりながらお茶会へ | トップページ | 10ヵ月払 ラッキー »