« スズキキャリイ、朽ち行く雨の中。 | トップページ | 妙やけどなんか懐かしい光景 »

2015年1月31日 (土)

残された橋脚、そこにシュロ青々と

 島の様に残されたカッコええレンガ造の元橋脚に、何か生えてまっせ。
Kyokyakushuro1 Kyokyakushuro2
 ツンツンの葉っぱ…シュロですな。雑草ならともかく、こんな土のないところにでも対応できるとは。これだけの生命力…そら「こんなところにも…」なシュロがあちこちにあるはずですわ。強靭でちょっと個性的…ちょっと憧れる存在かも。
 ま、それはそうと堺を流れる堀の様な川(内川?)て、こないにキレイな緑色でしたかいね? 何かホンマの色が出てない気がするなぁ。

(於:堺市堺区) 何かホッとするな。

|

« スズキキャリイ、朽ち行く雨の中。 | トップページ | 妙やけどなんか懐かしい光景 »

植物」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

  堺が環濠都市と習ったのを思い出しました。

 平野もそうでしたね。

 南海本線の堺駅周辺と阪堺線の御陵前辺りは情緒がありますね。

 大分水も綺麗になって、観光船のクルーズなんかもやってますね。

 浄化される川があれば、埋められる川もある。

 そういえば、平林の貯木場も何時の間にか埋め立てが進んでいる様です。

 何かヒト様の都合に抗っている様なシュロの姿に、エールを送りたくなります。

 

投稿: 戦後派 | 2015年2月 1日 (日) 07時57分

 確かに中世自由都市堺の象徴でもあった環濠を埋め立ててから、残った内川・土居川は悪臭の漂うドブ川でしたワ…

でも近年ヘドロ浚渫や土居川に海水を導入したり、ボランティアによるゴミ収集で水質改善に取り組んでおられる様です。

毎年春先から水温が上がり出し白濁し臭ってくるんですが、今年は“観濠・観桜クルーズ”に乗って確かめて来ます。
もちろん青々としたシュロもネ(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年2月 1日 (日) 09時39分

⚫︎戦後派さま
平林の貯木場が埋め立てられてますか…知りませんでした。
確かに埋められたり暗渠化していく河川あれば観光資源に浄化される河川もあって…ま、あんまり安易に埋めんといてほしい気もします。

⚫︎難波のやっちゃんさま
“観濠・観桜クルーズ”そんなんあるんですね。いやぁ何とも楽しそう…って、ニオイはどうなんでしょ?
ど根性シュロ、チェックよろしくです。

お二人ともコメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2015年2月12日 (木) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/61066749

この記事へのトラックバック一覧です: 残された橋脚、そこにシュロ青々と:

« スズキキャリイ、朽ち行く雨の中。 | トップページ | 妙やけどなんか懐かしい光景 »