« 根っこ一体化、二種の木。 | トップページ | 側溝のフタ、顔の連続。 »

2015年1月25日 (日)

阪堺電車で凍りそうになりながらお茶会へ

 今日はお茶会。
353a 353b
 天王寺駅前電停7時15分発の阪堺電車に乗ってお茶会の会場の神社のある大小路まで。PiTaPaも使える様になって便利ですなぁモーター音もその速度も眠気誘われてよろしいなぁ…って思たのも最初のうちだけ。「寒いなぁ」と思いつつ「そのうち温もるやろ」と思てた車内が…寒いまま。住吉さんに着いても大和川渡っても寒々。ウトウトしそうになっても「これで寝たら風邪ひくで」状態。大小路まで31分、キツかったなぁ。平成の世に暖房レスの電車が運行されているとは…
 車内上部角を見ますと昭和38年製。わしと同世代。そうか…暖房もないってもう時代から取り残される存在やということですなぁ。まぁ、乗客数少ないからと省エネ運転してただけかもしれませんけど。
 帰りのは新型の…って言っても四半世紀ほど前製のですが、これはちゃんとぬくぬく車内でした。あぁ…もうこれから冬場は同世代と過ごしたないなぁ。
 で、お茶会は…うん、水屋の人数もほどほどで楽しかったぁ。ま、いつも通りちょっと思うことはありましたが心の中にしまっとこ…とはならず、ひとこと述べてしもた訳ですが、まぁいいか。その方が建設的かと思たもんで…ってそういう世界やないわなと思いつつ。

(於:堺市堺区) PiTaPa導入で降車時の硬貨のジャラジャラ音がほぼ消えた…それなりに何かさみしい。

|

« 根っこ一体化、二種の木。 | トップページ | 側溝のフタ、顔の連続。 »

あほらし」カテゴリの記事

コメント

  へぇ~?

 昔から、チン電に乗るとお尻が汗ばむ位ヒーターが入っていた様に記憶してるんですが、何かあったんでしょうか。

 38年製ですか。

 子供の頃はあれが新型やったんですわ。

 形では区別がよく解らないんですが、300番台と500番台でモーター音違いますねが。

 関西の私鉄でも昔は支線に乗ると、あの「ゴワン、ゴワン」といった感じのモーター音が残ってましたが、今はチン電だけかも。

 最新のトラムはインバーターの「ウィーン、ウィーン」で、きっと乗り心地もええんやろなぁ。

 

投稿: 戦後派 | 2015年1月26日 (月) 09時05分

 “茶ちゃ”や“紫おん”がデビューしたのに、暖房の効かない旧型車両も走るところがチン電の面白さ!

わび茶発祥の地とも謂われる堺は大小路、開口神社でのお茶会でしょうか…
お正月に今東光さんの小説“お吟さま”を半世紀ぶりに再読しました。
いつの世も時の権力者は利用するだけ利用しておいて、最後は無理無体・無慈悲な事を平気でするんですね。

私は堺(浜寺)からの帰りは我孫子道で乗り換えるんですが、ダイヤ改正でその待ち時間の長いこと!
冬場は寒くてとても使い物にはなりません(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年1月26日 (月) 09時09分

初釜ですか?
お棚、面白そうなものですね。なんと言う名前のものですか?
煙草盆の灰のセット、苦手でしたわ~。筋目を入れていくと、絶対崩れて、先生から「あんたなあ・・・」とよく言われたもんです。

ちん電の車両の色合いだけみたら、Popで可愛いですよね~。
ちなみに、私はまだ茶々さんには乗ったことがありません。かおなしさんには、綾ノ町周辺で遭遇するんですけどね。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年1月26日 (月) 21時45分

●戦後派さま
だいたい電車に乗ると座席の下からごっつ熱くなるのが冬の定番やと思てたんですが、先日乗った東海道線のそれも、ずっと寒いままでした…草津まで。やっぱり省エネ運転してるんでしょうかね。
チン電のモーター音…今度から注意して乗ることにします。350型と500型…wikiで見ると何ややっぱり駆動装置の方式が違うとか何とか書いてますが、もひとつわかりませんでした。

●難波のやっちゃんさま
相変わらず当ててきますね…ま、多くは語らんときます。
わたしはそらぁ天王寺駅前派ですから今のダイヤの方が有り難いですが、住吉公園駅発着が激減したのは…何となくさみしいです。

●天王寺蕪さま
いや、初釜はセンセ宅によんで頂きました。
で、お棚は…説明何度も何十回と教えてくれてはるけど覚えられず。たぶん“紹鴎棚”やったと思いますが。
灰押えは…私もやりますが器用な社中がおられまして、何でもそのひとまかせ。おまけに家電、パソコンにも詳しいので“ヤ○ダ電機”さんと呼んでます。
トラムは…わたしもまだです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年2月10日 (火) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電車で凍りそうになりながらお茶会へ:

« 根っこ一体化、二種の木。 | トップページ | 側溝のフタ、顔の連続。 »