« 日本盛で獺祭か… | トップページ | ブランドかアメリカン…か »

2015年1月10日 (土)

ワンカップミニにキャップエース

 今日もお酒ネタ、いっときましょか。てなわけで旅のお供にやっぱりお酒。で、気に入ってるのがこの2つ。
Ocm Ca Caocm
 ひとつは“ワンカップ大関”のミニ。何がええかってこの“ミニ”やというところ。ビールやと350ml入りが主流ですけど、ワンカップは180mlって…これはキツイですわ昼の旅の友には。100ml入り、信頼のワンカップ大関の小版にしてアルコール分ちょっと低めの14度。今回のスキー旅、行きしなはおにぎり肴にこれ。ええ感じに酔えますな。最近はワンカップも200ml入りはともかくジャンボやら1.5倍モンが出てますが、あれは…ねぇ。
 で、帰りのバスは夜出発。今度はこれ、月桂冠の“キャップエース”。何がええかってそらぁこの形状ですわ。徳利に入っててフタがおちょこになるって…たまりませんわ。ただ…バス旅でこれを買ったのは失敗。おちょこでは揺れて呑めん。てなわけで結局行きしなのワンカップのコップに移し替えて…何のこっちゃ。でね、それよりショックなんがこの容れもんですわ。知らん間にガラス製からPET製に変わっとりますわ。なーんや、興ざめ。重厚感もパッケージの重要な要素やのに…ってそれより、ホンマにPETって、お酒に悪い成分溶け出さんのでしょうか。そこがいちばんひっかかりますわ。昔はガラス製で、一時期PET製になって、また長いことガラス製やったのに…残念ながらもうキャップエースとはお別れですなぁ。世話になった。また出直してきてもらうとしますか、ガラス纏うて。

ブリックパックに入ったお酒をストローで呑む気には…ならんなぁ。

※追記:月桂冠のキャップエースですが、先日、スーパー(イズミヤ)で見ましたところ、ガラス瓶製の容器でした。記事にあるPET製のは、コンビニ(サンクス)で購入したもの…販売ルートや小売店の形態でガラス製とPET製の両方が流通している様です。(2015年2月10日 記)

|

« 日本盛で獺祭か… | トップページ | ブランドかアメリカン…か »

お酒」カテゴリの記事

コメント

  呑兵衛に属する者であんまり1合単位で酒を買うことは無いのですが、地方に出かけた際は、あれば地酒のワンカップを買います。

 それも、あれば何種類か。

 以前、飛騨高山を訪れた際は利き酒感覚であるだけ(4~5種類)かって、翌日一番気に入ったのを小瓶で買い土産にしました。

 そういえば、最近はウヰスキーとかと同じ4合瓶になっていて、所謂5ン合瓶ってみかけなくなりましたね。

投稿: 戦後派 | 2015年1月11日 (日) 08時15分

 カップ酒は東京オリンピックと共に誕生し、アウトドアやレジャー指向が高まり、“いつでも・どこでも”気軽に飲めると云う事で、オールアルミ(それまではスチール)缶ビールの発売より七年も早かった。

それまで日本酒もビールも容器はリターナブル瓶、それが小型化されワンウェイに!
ウヰスキーのポケット瓶に対抗し発案されたとか…

“スキットル”と文庫本携え夜汽車に乗った学生時代が懐かしいワ…


投稿: 難波のやっちゃん | 2015年1月11日 (日) 09時14分

私はカップ酒、正直抵抗あります。と、言いますのもいかにもアルコール依存という感じのおじさんたちが自販機でこれをかって、その場でアテもなく、立ちながらきゅーっと飲んでいるという姿を何度も見かけたからなんです。とどめが、友達のお父さんが、近所の酒屋さんの前で昼間っから毎日きゅーっとやっている姿を見たとき、なんか辛くて辛くて・・・入っているお酒は、家や居酒屋さんなんかで飲むお酒と同じなんですけどね、そのシチュエーションが決して楽しそうではないのを子供心に感じて、以来、抵抗があります。そういう意味では、月桂冠のキャップエースは「手酌でいっぱい」な感じで頂けるので、時々使ってましたが、そうなんですね、いつの間にかPET化されてたんですね。

そうか、カップ酒、戦後派様のおっしゃるような、そういう楽しみ方もあるんですね。ちょっとこれからは、見る目を変えてトライしてみます。

投稿: 天王寺蕪 | 2015年1月11日 (日) 23時05分

●戦後派さま
ホントに五合瓶は見かけん様になりました。見た目がずんぐりしていて冴えんのが衰退の理由の様にも思いますね。
カップ酒は確かに試飲感覚で楽しめてええですね。それと、プリントされたコップが後々使う度に旅の思い出がよみがえってきてええというのもあります。

●難波のやっちゃんさま
“スキットル”って何かいなぁと思いますれば、ウイスキー用の水筒みたいなもんですかね。私らは…あれも、ポケット瓶もあまり馴染みないですね。あこがれはしましたが。
ワンウエイ瓶…昔の客車には“センヌキ”が付いていたことを思い出しました。

●天王寺蕪さま
ワンカップ大関って、確かもっとお洒落な呑み方を提案しようと開発された商品のはず。だから“コップ”やなくて“カップ”やとか。
やと言うのにほんまにカップ酒にこびりついたイメージと言えばアル中のそれですよね。
私も何度も見てますわ。駅のホームで売店で買ったと思たら10秒ほどで飲み干して…勿論自販機の横でも同じですね。メチャはやいんですよ、その手の人たちの呑みっぷりって、ね。
とは言えワンカップ自身には罪もない訳で、これからもうまいこと付き合えたらええなと思てます。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年1月13日 (火) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンカップミニにキャップエース:

« 日本盛で獺祭か… | トップページ | ブランドかアメリカン…か »