« スキーに蒜山へ | トップページ | 富士新道通り »

2015年1月 6日 (火)

植え込み勝手に 02 ◎ 神戸市中央区下山手通8−7−23

 今日から仕事始め。はよから仕事があるってのは、有り難いこと。お陰で今週すっと予定入って…今年も忙しい一年になるかなぁ。まぁ、ぜひ、そうなってほしいもんです。
Kimamire1 Kimamire2
 で、今日の仕事先は神戸の某所。三宮の次、神戸高速鉄道は花隈駅で下車。地下にあるホームに降り「ひと駅違いで何とも地味な駅やなぁ」。長い階段を上がって小さい改札口から出たその町並みも…やっぱり同じ様な印象ですかな。曇天で小雨降るその天候がそう感じさせたのかもしれませんが。
 仕事終えての道すがら、ふと見た街路樹…何や幹がいっぱい。「え?どうなってるん」と近寄って見ますれば…こういうことか。
Kimamire3 Kimamire4 Kimamire5
 まず4本の添え木で守られた本家の街路樹があって、でもそれは枯れたか折れていて、そのまわりに4本の木が茂っていると。
 うち1本の木、葉の形からすると多分ビワでしょう。と言うことは、本家以外の木は近隣の誰かがここにタネを植えたりしてこうなったと考えられますな。
 本家のそれが枯れたからこうしたのか、それとも勝手植樹(?)の新顔たちに負けて本家が枯れたのか…ま、いずれにせよ添え木は要りませんわな。ま、おもろいからそのままにしといてほしいですけども。
 その添え木にあるプレートに“ひょうごグリーンネットワーク運動”の文字。震災後の被災地の緑の復興を目指した植樹運動やったとか。それが枯れたんかと思うと…面白がってもおれん気分に今、なってきました。

(於:神戸市中央区) もう20年か…

保存

保存

保存

|

« スキーに蒜山へ | トップページ | 富士新道通り »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

 神戸花隈と云えば三代目時代、本家のあった所…毎年12月13日には“事始め”、全国から傘下が参集し、家元が訓示を…この辺りは京都花街の義理ごとと同じでんな…

あの震災の折にはそのネットワークを総動員して、炊き出しや支援物資の提供など救援が話題となりました。今回の東日本でも世間の眼を忍んでボランティア活動したとか。

その後、四代目・五代目とイロイロとありまして、今は名古屋のお方が家元やそうな。

おっと、ビワやのうて菱の噺してしもた(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2015年1月 7日 (水) 09時53分

  窮屈そうですねぇ。

 実生からの現在なのでしょう。

 早めに間引いてやれなかったのか、このままでと本家と同じ運命が待っていそうですね。

 「1.17」が近づいてきました。

 実はその前年までバスをチャーターして神鍋1泊や信州3泊4日とかに出かけられる位スキー仲間がいたのですが、あれ以来年賀状のやりとりかたまに集まって呑む程度になってしまいました。

 半数近くいた兵庫の仲間はスキーどころじゃなくなってしまったんです。

 まぁ、仲間内で死者や負傷者が出なかったのが不幸中の幸いでした。

 そういえば、呑み仲間が「1.17が村山で3.11が菅って、何か因縁めいているなぁ」と都市伝説みたいなことを言ってたなぁ。

 東南海や東京の直下型が言われてだいぶになりますが、
偶然じゃない必然が迫っているは事実だと思います。

 危機管理だけはちゃんとしておかねば。

 自助→共助→公助。

 まずは自分の命を守ることからです。

投稿: 戦後派 | 2015年1月 7日 (水) 10時35分

上からやったことは根付かんと、思いもよらない本当の民間の善意、自発的な気持ちの方が、長い目で見たら根付くということなんでしょうか?

イタリア語で、Volentieriはみずからすすんで喜んでしまっせの意味。人々の善意だけをあてにするのも問題ですが、ボランティアせーよと、押し付けるのも問題かと・・・。難波のやっちゃん様がおっしゃるような、そういう形のボランティアも、ある意味OKなんかなあと思います。案外、そういう人たちの方が、フットワーク軽く、全国組織も動かせて、役に立つんかも知れませんね。そーいや、おもしろいことに、イタリアで災害が起こった時、裏組織は、こういう表だった?活動はしはりませんね。そういう意味では、日本の組織の方が、義理と人情やら、世間様に顔向け云々なんかの、縛りがあるんでしょうか?

投稿: 天王寺蕪 | 2015年1月 7日 (水) 21時53分

●難波のやっちゃんさま
相変わらずこの手のハナシには詳しいおまんなぁ。昨日、桑原征平さんのラジオ聴いてたら30年前の抗争のこと話してはりました。同世代でしょうか?
あの頃の夕刊紙は、やくざネタでもってたという話もきいたことがあります。結構みな展開を楽しみにしてたんでしょうかね。

●戦後派さま
同じ近畿圏にて遭遇したものの、やっぱり温度差が…。どっかで「なるようにしかならん」と思てるフシがあります私の場合。ただ、私一人の生命ではないなぁと最近思うと、ちゃんと危機管理しとかなあかんなと、ちょっと思てきました。

●天王寺蕪さま
あんまり大声では言えませんし、そうとも言い切れんのですが、あの手の組織は社会に必要な部分もあるでと思てます。そんなね、キレイ事やら善だけで世の中まわりませんわ。
“裏社会の表面化”はあきませんけど、裏社会を潰そうとするから表に出なしゃない部分もあるんちゃうかなぁとか。
ま、実態を全く知らんので美化するつもりはありませんねんけれども。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年1月 9日 (金) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60935434

この記事へのトラックバック一覧です: 植え込み勝手に 02 ◎ 神戸市中央区下山手通8−7−23:

« スキーに蒜山へ | トップページ | 富士新道通り »