«  “衝破徐”の向かいにやっぱり“衝破除” | トップページ | 今日の夕景 »

2014年12月 4日 (木)

昭和なプラ看板 100 ● メナード化粧品

 えらいところに絡まってまっせ。ツタ。
Menard1 Menard2
 寒なったというのにまだ青々と茂ってます。よく見ればこれ、ちゃんと剪定して上部の方だけ葉っぱ残して…うまいこと看板とコラボ状態に。よろしいなぁ…って、これ、どうやってここまで茂って行ったのか不思議な感じがしますわ。
…とまぁ、ツタの絡まり様に興味湧いて撮った写真。そう言えば…これ、プラ看板ですな。
 メナード化粧品…正式社名は日本メナード化粧品と“日本”が頭に付くとか。世界展開している企業の日本法人なんかと思えば…ちゃいますな。名古屋のドメスティックな会社。その営業スタイルは主に訪問販売とか。ポーラもそうですけど、きょうび、化粧品の訪問販売って成立するんかなぁと思てたんですけど、今も…あるんですなぁ。ちょっとビックリですわ。
 メナード…よく見れば'60年代風な昔っぽいロゴやこと。よろしいなぁ。天地を赤と青を使っているところも昭和チック。さすがに今は、このロゴも色合いも使ってはれへんみたいです。

(於:岸和田市) 日本だけやのに“インターナショナル”て付けてる企業も…胡散臭いな。

|

«  “衝破徐”の向かいにやっぱり“衝破除” | トップページ | 今日の夕景 »

プラ看板」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

 “愛の水中花”慶子さんも太った・老けたなぁ(ゴメン)。

ノエビア・クラブ・オッペン・ナリス・シャンソン等々みな訪販が中心で、対面販売の強みを活かしサロンの展開など業績伸長してます。
一方で従来から行き過ぎた勧誘・セールスなど苦情・トラブルともなってます…

727コスメは美容室専売でしたナ…柏原・高尾山や新幹線から視える野立看板は目立ちます(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年12月 5日 (金) 15時26分

  メナードといえば「メナード青山」を思い出します。

 知り合いにメナードレディがいて、割引券を貰いました。

 温泉が湧いた頃でした。

 最近はライトアップで有名になってますね。

 

投稿: 戦後派 | 2014年12月 6日 (土) 08時21分

岩下志麻(当時31才)さん、松坂慶子(20才)さんとCM契約、何時迄もお綺麗や❗️

やっぱりメナード使ってんのかな(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年12月 7日 (日) 08時21分

50代のおばちゃんなのに、メナードもポーラももっと年上のおばちゃんが使うものだと思っていました(笑)
エルセラーンはもうちょっと若いかな。

私らもう何年も化粧品はネット通販!

今は「お化粧」じゃなくて「メイク」
「化粧品」じゃなくて「コスメ」ですね(笑)

投稿: おばちゃん | 2014年12月 7日 (日) 19時30分

この私、滅多に化粧なんざしないもので、かなり疎いw
それはそうと、先日新幹線乗って居ますれば…ありましたありました!7 2 7の白地に赤文字の看板!目立ちますねーw柏原が本社らしいですね。知らなんだ〜ww
あれ、私が小さい時からあるような気がします。

投稿: りらっくま | 2014年12月 8日 (月) 23時17分

●難波のやっちゃんさま
へぇ、対面訪問販売って業績ええんですか。そうか…ハイソな人らと日々付き合いないんでわからんかったということですね。
セブンツーセブンは…地元中河内の産。調べますれば“727”は創業者の誕生日7月27日に起因するとか。知らなんだ。私はてっきり“ボーイング727”から取ったと思い込んでいました。ちなみに柏原の山にある看板は…私が幼児やった頃からありますわ。
あと、中河内には“モナ化粧品”というのもありました。ラジオ関西のデンリクも“モナ 電話リクエスト”と言ったとか。ロ−ト傘下となりジョセフィンと名を変え…それ思うと727、頑張ってはりますね。

●戦後派さま
私もメナードと言えば“メナード青山リゾート”ですね。行ったことはないんですが、板東英二サンがテレビCMに出てはったのを覚えてます。

●んさま
そらぁ…使うてはりますでしょ。効き目バツグン!と。

●おばちゃんさま
化粧品のことはおっさんですからもひとつわからんわけで、まぁ当然母親が使う“資生堂”がええんやろなぁ程度にしか知りません。今では普及品の位置にある商品群でしょうけど、ドルクスと言うシリーズの瓶を見ると、思い出しますね。幼少の頃を。
で…そうか。“お化粧”が“メイク”で“化粧品”が“コスメ”か…確かに。何でも横文字カタカナ化でええんか! そんな思いを持って使う言葉は“お手洗い”。「なにがトイレじゃい」と…ま、ちょっとした抵抗です。

●りらっくまさま
化粧せんでもええ年齢なんでしょ? ほな、それで行きなはれ。健康的でよろしいかと思いまっせ。
727は…はい、中河内の会社。応援してあげてくださいよ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月17日 (水) 20時11分

資生堂ドルックス、私の母も使っていましたよ。
昔は資生堂とカネボウが2大化粧品会社って感じでしたもんね。
私が高校を卒業する頃はまだ、資生堂やカネボウの化粧品を使った「美容講習」なるものを高3女子向けに学校内でやってたと思います。(化粧品メーカーがサンプル持ってくるんです!)

“お手洗い”の話ですが、子どもに、私が子どもの頃好きだった本を読んでやった時、
「えんそくのまえに、みんなでごふじょうにいきました」っていうような記述があったんです。
私が子どもの頃の童話は、まだそんな言葉を使われてたんだなぁと思ってちょっと驚きました。
そこからしばらくうれしくなって、子どもと「ご不浄行きます!」と言い合いました(笑)

投稿: おばちゃん | 2014年12月18日 (木) 16時01分

●おばちゃんさま
学校にメーカーから美容講習…ですか。かなり今では「へぇ」って感じですね。思えば小学校時分、学校の先生がお金集めて農協へ貯金したり、学研の「科学」と「学習」のお代集めてくばったりということもありましたが、あれも妙な感じがします。
時代は知らん間に変わっていくもんですね。そらぁ誰もご不浄やら手洗なんか使わん様になりますわ。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月23日 (火) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60762742

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 100 ● メナード化粧品:

«  “衝破徐”の向かいにやっぱり“衝破除” | トップページ | 今日の夕景 »