« 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ | トップページ | どことなく前時代感漂う街の一角 »

2014年11月12日 (水)

谷六で、PRISMを。

 ついこないだもここで聞いたなと思て行ったライブハウス。調べますれば…3年ぶりか。
Pageone1 Pageone2
 てなわけで今夜は徒歩圏内にあるライブハウスへ。演者はおなじみPRISMで…あぁこのバンドには中学2年生の時に出会ったけれど、いまだ飽きませんなぁ。毎度書きますけどマンネリ化することなくそのスピリットは変わらずで、そこに惹かれるんですな。もちろん音楽そのものが好きなんですけれども。
 リハーサルが長引き店前で待ってますと、えらい懐かしい楽曲が漏れ聞こえます。これは30年以上前に梅田にあったバーボンハウスで聞いた曲ですわ。お〜当時のニュアンスに近い演奏…当時のメンバーはひとりだけ。でも、不思議とずっと“プリズムの音”ってのがあるんですな。
 新旧取り混ぜての選曲。最後は深町純さん率いたKEEPの激しい曲で終わり。ほぼ満足。ただ…クリーントーンの楽曲がひとつもなかったのが、残念でしたか。
 終わって“メンバーと一緒に飲もう会”みたいなのがあるとのことでしたが、知り合いもおらん、楽器の話もできんでは場が持たんかと帰ることに。店を出ますと目の前にドラムの木村万作氏。思わず「有り難うございましたっ」というと向こうから握手してくれはりました。演歌歌手同様…こういうの大事ですなぁ。
 今夜のライブ、会場となったPageOneのママさんの誕生日ということでPRISMを招聘したということでした。それもあってかなぁ、演者も客も店主も含めてとっても一体感のある上質な時が流れている感じがしました。演者とともに、ハコの皆さんにも感謝な夜でした。

(於:中央区) いちばん前の席でスマホしつつ観てる人いたけど…アカンやろ

|

« 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ | トップページ | どことなく前時代感漂う街の一角 »

大阪市中部」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

  JAZZの生演奏も永らく聞いていません。

 我が家からも近く、一時はボトルキープもしていた店も、仕事を辞して周りは演歌一色になり、足が遠のきました。

 一人でカウンターだと演奏に背を向けるし、相席もねぇ。

 一旦間が開くと何か近づきにくくなってしまいました。

投稿: 戦後派 | 2014年11月14日 (金) 08時10分

若かりし頃…
Morning Light や Love Me をコピーして調子こいていたのを思い出しますw

では、お気楽に...(^^)/~~~

投稿: どくとる☆はにわ | 2014年11月14日 (金) 21時13分

●戦後派さま
十代の頃を思うと、音楽が生活を占めるウエイトはどんどん低下し、気がつけば新しモンに耳を傾けん様になって久しいです。これではアカンなと802を時折聞くも、気がつけば知らん間にAMに戻り…生演奏もこのバンドくらいしか聞かんのが現状です。

●どくとる☆はにわさま
わっ、はにわさんからこういうコメントが付くとは…あの頃はギターが花形でしたね。
当日、ハコのママのリクエストで“Morning Light”の演奏がありましたが…あの頃の清々しさはありませんね。あの曲だけは、当時のそれ越えられんなぁといつも思います。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年11月17日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60643675

この記事へのトラックバック一覧です: 谷六で、PRISMを。:

« 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ | トップページ | どことなく前時代感漂う街の一角 »