« ソース 44 ▲ ハグルマお好み焼ソース | トップページ | 同様“サッちゃん”の生まれた幼稚園 »

2014年11月17日 (月)

ボタン押せば流れる“青い山脈”

 東平小学校のあったところ、今までに何度となく前を通るも、こんなボタンがあるとは、全く気づきませんでした。
Aoisanmyaku1 Aoisanmyaku2
 そのボタンの上には解説があり、それには“この地の尋常小学校で(故)服部良一氏は学び遊び音楽の才能を育んだ”とあり、このボタンを押すと氏の代表曲『青い山脈』のメロディが流れると書かれています。
 押すと…確かにそのメロディが柵の中から聞こえてきます。すぐ終わるかと思いきや、結構長い時間流れて…最後まで聞かんと申し訳ない様な、じっとそこに佇んでいるのが恥ずかしい様な…
 柵の中見れば『青い山脈』の楽譜と歌詞が刻まれた碑が。服部良一氏がこの小学校出身ということはおろか、大阪人やったということすら知りませんでした。調べますれば“江州音頭や河内音頭を子守唄代わりに育ち、ジャズで音楽感性を磨いた”とあります。何やむちゃくちゃな様な一貫性がある様な。そんな立派なお方がこの地ゆかりの人物やったとは。ほんま何も知らんなぁ。お恥ずかしい限り。

(於:中央区) 近隣の4つまとめて“中央小学校”となるも…これだけ高層マンション建って大丈夫なんやろか?

|

« ソース 44 ▲ ハグルマお好み焼ソース | トップページ | 同様“サッちゃん”の生まれた幼稚園 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

 ランランラ ランランラ ララララランランラ~♪
“青い山脈”と云えば僕らは六甲山脈ですが、龍造さんは生駒連山でしょうか(笑)。

そうなんですヨ、服部良一(りょういち)さんは大阪出身で、道頓堀の少年音楽隊時代 一緒にやってたと死んだ親父からよく聴かされ、弟の名は良一(よしかず)と付けたとか(汗)。

服部さんは大フィルを経て東京へ…才能の無い父は音楽家をあきらめレコード会社のサラリーマンに(涙)。
死ぬまで賀状の交換はありました。

 
5回も制作された映画、やはり青春時代の吉永小百合・浜田光夫コンビが最高やネ…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年11月18日 (火) 07時59分

  叔父が若かりし頃(=私ゃ幼稚園か小学校の低学年)に勤め先の飯盒炊爨に連れて行ってくれたのが、福知山線の道場でした。

 当時は未だ駅から河原まで子供の足でも直ぐの距離でした。

 そこで、同行の若い女子社員達が合唱していたのが「青い山脈」で、結構印象に残ってます。

 今でもカラオケでたまに歌うこともあります。

 当時は水も綺麗で、叔父も今で言う「合コン」だったんでしょう。

 後日談は当然どうなったのやら、子供には聞かされずじまいでした(笑)。

投稿: 戦後派 | 2014年11月18日 (火) 08時29分

やっちゃんさんのファミリーヒストリーですか‥

道理でいつもテンポ良くリズム感ある的確なコメント❗️

これからも愉しませてくださいね(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年11月18日 (火) 13時57分

あれ、ほんまに音が流れるんですね。

そうそう、初めてあそこを通った時、私も驚きました。そして、やっちゃんさまのお話も興味津々。

よく行く空堀商店街のとあるお店の方曰く、今となっては4つを一つに統合したのはちょっと失敗だった感があるそうですね。かと言って、その土地は売れてしまってるので今更小学校を建てるわけにもいかず・・・どこだったかは忘れましたが、1校分だけ辛うじてある程度の区画は残してあるもののちょっと無理やろうとのこと。
なんでも壊してしまうのは簡単やけど、一方通行。まさに覆水盆に返らずを地で行く話です。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年11月19日 (水) 06時44分

やっちゃんさまのコメント、“昭和歌謡史”とか、“近代大阪音楽史”で紹介されるようなお話ですねぇ。
素敵なお話をありがとうございます。

服部良一さんと言えば子どもの頃は、作曲家で歌番組の審査員のおじさん、と言うイメージがあるだけで、大阪のご出身とは知りませんでした。

青い山脈、藤山一郎さんが高らかに歌っていらっしゃいましたよね。
「この人は大学出てはるんや、昔の歌手は偉い人多いんやで」と母が言っていたのを思い出します。

私らの世代の大学生はもう、青い山脈を替え歌で…いやもう、申し訳ないのでやめときます。

投稿: おばちゃん | 2014年11月20日 (木) 11時27分

●難波のやっちゃんさま
青い山脈…私はですね、「あぁ古い歌やろ」程度にしか認識してませんでしたので、生駒でも六甲でもなく…頭ん中に風景を想像したことすらありませんでしたわ。
で、その服部良一さんとやっちゃんさんは、そういうつながりがあったんですね。で、弟さんが“良一”と。となれば、やっちゃんさんはどなたから名前貰わはったんでしょうか…こっちが気になってきました。

●戦後派さま
わっ、何かその光景、何となく想像できますね、うまいこと言えませんけれど。今とは大違いやったんやろなぁと思うと、やっぱり私には「昔の歌や」となって…いやいや、ええものあええんですが。

●んさま
同感です。

●天王寺蕪さま
なかなか先を読むというのも難しい話やとは思います。ホンマに土地を売ってしまわなアカンかったのか…不動産業と市の癒着とかなかったんやろかと思たりします。勝手な想像ですが。

●おばちゃんさま
あぁそう言えば、審査員やってはりましたね。でもその人が服部良一さんやったとは…いま、知った次第です。
で、何ですか?替え歌…知りませんね。でもついつい私が歌ってるのは「青い山脈♪緑のたぬき」。もちろん頭ん中だけでそう歌うんですが。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月 1日 (月) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60670535

この記事へのトラックバック一覧です: ボタン押せば流れる“青い山脈”:

« ソース 44 ▲ ハグルマお好み焼ソース | トップページ | 同様“サッちゃん”の生まれた幼稚園 »