« ボタン押せば流れる“青い山脈” | トップページ | 木造民家、解体中。 »

2014年11月18日 (火)

童謡“サッちゃん”の生まれた幼稚園

 昨日の記事“青い山脈”の服部良一氏のこと同様、こっちも…知らなんだ。
Sacchan1 Sacchan2
 文の里界隈を歩いていますとこんな一角発見。何かいなと近寄りますれば、説明板があって、そこには、

ここにある幼稚園に通う“さちこさん”という園児が、童謡“サッちゃん”のモデルで、作詞者阪田寛夫氏もここの園児やった。

ということが記されていました。要するにここ南大阪幼稚園が童謡“サッちゃん”誕生の地やということなんですか。大阪生まれの童謡やったとは…全く知りませんでした。
 長いことサッちゃんのモデルは阿川佐和子さんやという説が有力やったそうですが…それも知りませんわ。そもそもどっか、童謡って昔から苦手で…昔から。スンマセン。

(於:阿倍野区) ここはボタンなし…音楽流れません。

|

« ボタン押せば流れる“青い山脈” | トップページ | 木造民家、解体中。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

これは知ってましたよ。まだ阪田寛夫さんの娘さんの大浦みずきさんがご存命の頃、この記念碑の除幕式に来られてました。
「なーちゃんの歌声で、さっちゃんの歌聞きたいねえ。ついでにダンス付きで」と、友達と話してたことがありますが、それもかなわぬ夢となりました。

なーちゃんが亡くなって、早5年。しかも、龍造様、なーちゃんの命日の11月14日に近い日に訪れるなんて、やりますねえ。

さっちゃんの話から、そっちに飛んでしまいました。失礼しました。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年11月19日 (水) 09時37分

 阪田寛夫さんって大阪朝日放送制作畑で後に芥川賞受賞した事は知ってますが、先年亡くなられた大浦みずきさんのお父さんですか…

彼方此方と街歩きしてますと色んな碑に遭遇し、へえ~そうなんかと驚く事が多いですネ。今は直ぐスマホで検索できる便利な世の中です。

寛夫さんのお祖父さんはマッサンと同様、広島は竹原で海運業を営む家に生まれ…やがて大阪の九条で日本初の新聞インキ専業メーカー 今のサカタインクスを創業したとか…

で わらべ歌“童謡”、幼稚園で無邪気に歌ってますが、隠された裏の意味もあるんですネ(怖わ)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年11月19日 (水) 11時02分

そうそう、ナツメさんのお父さん、というほうが、私もピンと来ます。

投稿: ぽんぽこやま | 2014年11月24日 (月) 14時28分

●天王寺蕪さま
「大浦みずきさんて誰やねんなーちゃんも知らんがな」て思てましたら、うちのひとが「元ヅカの人や」と…スンマセン。知りませんで。てなわけで、命日を知って歩いた訳でもなく…じつは夏に見つけたもんでして…ぶち壊しですね、再々スンマセン。

●難波のやっちゃんさま
サカタインクスは現像所も手掛けてはって、ちょっとはかかわりありましたけど、私もこの作詞者とこの社がつながっているとは、知りませんでした。
わらべ歌の隠された歌詞の意味…あるらしいですね。詳しく知らんほうがええのかもと…

●ぽんぽこやまさま
私はさっぱりピンと来ませんでした。説明を受けても…はい。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月 1日 (月) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60677294

この記事へのトラックバック一覧です: 童謡“サッちゃん”の生まれた幼稚園:

« ボタン押せば流れる“青い山脈” | トップページ | 木造民家、解体中。 »