« ドラム缶って、男やなぁ…? | トップページ | 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ »

2014年11月10日 (月)

むかし南区南空堀町、いま中央区谷町六丁目。

 今まで全然気づかなんだ。
Minamikarahori1 Minamikarahori2  こんなところで仁丹の町名看板を発見。何年も何回もこの商店街を行き来してきましたけど、こんな物件あったんやといった感じ。
 よく見たら…というかよく見るまでもなくこの町名看板はご覧の通りまったくそのロケーションに馴染んでいませんので、最近ここに復活を遂げたものなんでしょう。
 ネットで調べてみますと、少なくとも今年の春にはここに登場していた様で…半年以上も気づかなんだとは何とも不覚。看板すぐ右横の串カツ屋にも何度か行ったことがあるというのにですわ。
 で、「ほんまにここが南空堀町やったのか?」と疑ったのですが、どうやらやはりこの辺りが“南空堀町”やったということです。近隣のどなたかが保管されていたんでしょうね。
 気になるのは割とすぐに取り外しできそうなところ。盗られることなくずっとこの場所で昔の町名を伝えていってほしいもんです。

(於:中央区) この商店街も飲食店比率が増してきてるな。

|

« ドラム缶って、男やなぁ…? | トップページ | 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ »

大阪市中部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

南区・・・また懐かしい区名ですね。合区の時には名前やら線引きやらで、えらいもめたとか。都構想をしたら区割りが変わるけど、役所の関係者によると、「そんな簡単には、でけへんで。あの昔の合区もどんだけたいへんやったか。その前に、社長の賞味期限が切れるんちゃうか」と話してました。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年11月11日 (火) 06時53分

  価値がある(=金になる)と解れば盗難の畏れが発生しますね。

 以前、農機具小屋とか納屋の壁にあったはずの琺瑯看板が何時間にか無くなっていた、なんて話聞きました。

 小屋の持ち主は大して気にもしてませんでしたが、売り物になるかもと聞くと残念そうにしてました。

 道路事情が良くなり、点在する農家は犯罪者には狙いやすい物件の様です。

 嫌な世の中です。

 

投稿: 戦後派 | 2014年11月11日 (火) 07時28分

 合区により南区や大淀区が消えたんが平成元年、もう四半世紀も経つんや…

空堀町、天王寺区には残れど中央区は消えてしまった。
この度“南空堀町”が復活したとの事、誠に目出度い(笑)、どうか盗まれんように!

私の住む湊町・元町もむかしは南区やったそうな…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年11月11日 (火) 07時47分

心斎橋の東急ハンズで、仁丹の琺瑯看板が売られてるのを見たことがあります。
その時、自分の生まれ育ったとこのなら買っちゃうかもと思いましたが、まさか売ってたとか(笑)

しかし、南空堀町もそうですが、住居表示の変更で由緒ある地名がたくさん消えましたよね。
旧南区なんて心斎橋とか難波だらけ。

投稿: おばちゃん | 2014年11月11日 (火) 09時23分

懐かしいな(^_^;)

南空堀町‥旧町名承継碑に依ると、昭和57年の住居表示実施で谷町六丁目ほかに変更。
この辺りは大坂城三の丸外堀で、“南”が付くのは天王寺区の空堀町と区別の為とか。

投稿: ん❓ | 2014年11月11日 (火) 11時53分

●天王寺蕪さま
都構想は反対ですわ。「あの区と一緒になるん?」てな感じ。やっぱり文化圏が違うところとは一緒にしたらアカンと思います。
そう言う意味ではもちろん南区と東区の合区も無茶なことしたなぁと言う風に思いますね。未だ別モンのままですね。
もう切れてると思いますが“賞味期限”、さっさと切れてほしいもんです。

●戦後派さま
小屋の所有者と交渉して貰い受けるならともかく、勝手に外して行く輩がおるのは、ほんま許せませんわ。ほんま言うと、交渉して持ち帰るのもダメでしょ。その場所に長年あって、そこの景観に貢献してるもんですから、もう公共物になってると思いますしね。
ほんま、盗まれることのない様、願うばかりです。

●難波のやっちゃんさま
そうか…南区が復活と捉えればなんとめでたいことかって感じですね。ぜひとも東区も復活してもらいたいですわ。仁丹さん何とかしてくれんかなぁ…旧東区の会社として。

●おばちゃんさま
え?そんなところで仁丹の町名看板が売られているんですね。ネットオークションでのやり取りだけかと思てましたら。
でね、仁丹の町名看板と言えば京都ですが、おばちゃんさんみたいにオークションで出ていたゆかりの町名看板を買い戻して、あるべき場所に再設置したという様なことを“京都仁丹樂會”さんの記事で読んだことありますわ。
この手のモンがゴミになるのもイヤですが、売買されるのは…もっとイヤですね。
区画整理に町名変更…住民が「ノー」と強力につきつけた町は、昔のまま今に至ってるみたいですね。“心斎橋”“難波”と付く町名が多いのは…商売人が商売しやすいから喜んでそれを受け入れたんでしょうなぁ。ナンダカナー

●んさま
天王寺区の空堀町より“西”に位置するのに何で“南空堀町”やったんか…妙な気がしましたが、この“南”は南区の“南”なんでしょうかね。上汐なんかは天王寺区にも中央区にもありますしね。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年11月12日 (水) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60631878

この記事へのトラックバック一覧です: むかし南区南空堀町、いま中央区谷町六丁目。:

« ドラム缶って、男やなぁ…? | トップページ | 看板の存在もまたグレーゾーンな金融の広告入りベンチ »