« どことなく前時代感漂う街の一角 | トップページ | 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ »

2014年11月14日 (金)

長屋の袖の5本の木

 何げに見てきた景色ですけど、ずっと見てたら、変わってまっせ。
5trees1 5trees2
 木造モルタルの長屋の袖に、ご覧の様に木が5本植わっています。これはカイヅカイブキですかなぁ。
 一応緑化のつもりなのかもしれませんげど、クルマ止められん様にという措置の様にも思いますな。けど、昔からですから、そんな理由でもないですか。あ、あと建ぺい率の加減でこうしてある可能性もありますか。よく知りませんが。
 下草生やさん様に手入れしてある地面にそれなりにきっちりしてある剪定…何となくそこにある様で案外手入れされているのでしょうな。

(於:八尾市) 1960年代の面影なんかなぁ。

|

« どことなく前時代感漂う街の一角 | トップページ | 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ »

何げな」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 先日ネキの道、歩きました。

服部川から“河内山本”方面を歩いていますと、造園業・植木業者さんが多数あります。
その所為なのか八尾市には立派なお宅はもちろんの事、不釣り合いな程の植栽・剪定が施されてるお家を見掛けます。

宝塚市(摂津)山本も植木産地として有名です!

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年11月15日 (土) 08時57分

  ここまで綺麗に刈り込まれたカイヅカも珍しいんじゃないかな?

 大概は生垣(=目隠し)みたいに密生しているイメージでした。

 刈り込まずに放置すると弱い枝から枯れて、目隠しの用をなさなくなると聞いてましたから。

 逆の発想ですね。

投稿: 戦後派 | 2014年11月15日 (土) 09時17分

窓もないから日よけでもなく、庭と言う感じでもないし・・・
きちんと刈り込まれてる分だけ、何か目的があってここに存在してるんやろうな感が満載ですね。
もしかして、その昔はこの裏口からバキュームカーなんかが活躍していたとか?

投稿: 天王寺蕪 | 2014年11月15日 (土) 22時29分

●難波のやっちゃんさま
え!この写真見ただけで何処か判りますのん? すごいですね。ま、それよりいつも通り、ホンマどこも歩いてはってしかもよく知ってはってびっくりです。
あっちにも“山本”があるから、こっちは最近“河内山本”とフルネームで言わんならん様になって何とも気に入らん気分でございます。

●戦後派さま
確かにカイヅカイブキは垣根用のイメージがありますから、これはかなり異様な状態かもしれません。なかなかおもしろいですよね。

●天王寺蕪さま
バキュームカーですか…きっと、いや絶対活躍してましたよここらへんは。どっから吸っていたかは…知りませんが。あ、実際は“吸う”ですがやっぱり“汲み上げる”ですね。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月 1日 (月) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60654925

この記事へのトラックバック一覧です: 長屋の袖の5本の木:

« どことなく前時代感漂う街の一角 | トップページ | 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ »