« 木箱の街路樹 | トップページ | ドラム缶って、男やなぁ…? »

2014年11月 8日 (土)

なんさん通りて、何なん

 今朝は難波で仕事。9時15分、南海難波駅東側を行きますれば…「いったいナンボほどの人数が働いてるんやろ?」どいうくらいタカシマヤの従業員出入り口に人が吸い込まれていきます。あれだけの規模ですから、そらまぁそうなんですけど、改めて目にすると、そらぁ圧巻。自由業に身を置くモンには、異様にも 見える光景でした。
 仕事も終わって再びその道を歩くと、道路名を示す看板が目に入りました。
Nansan1 Nansan2
 なんさん通り…そう言えばそんな名前でしたかいな…“なんさん”って何なんでしょ。それに“通り”って…ここ、南北の道やのに“筋”やないのも、ちょっと妙ですなぁ。
 「はて?」と思いつつ帰宅後調べてみますればこの“なんさん”は、かつて市電が走ってた名残りで起点の“波駅前電停”と終点“日本橋丁目電停”から“”と“”を取って“なんさん”となったとか。途中で東へ折れてなんさん通りと呼ばれているのもはじめて知った次第。それやとまぁ“通り”でもおかしくないか。
 いやホンマ、これ、全然知りませんでした。しかもwikiの説明にはこの通りは“商店街”やとあって…なんかいろいろ「そうなんや」って思いました。
 何げに見ててふぅんと思いつつもよく知らんことまだまだいっぱいありますな…って、私だけかいな。

(於:中央区) “なんなんタウン”て2006年から“NAMBAなんなん”に変わってた。これも知らなんだ。

|

« 木箱の街路樹 | トップページ | ドラム缶って、男やなぁ…? »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

 なんさん通り…家から道具屋筋や黒門商店街へ行く時のルート、浪速区と旧南区との境界で、市電が走ってたんですナ。

9時台に歩くと高島屋はもちろん、手前“0101”の従業員通用口へもゾロゾロと若い男女が吸い込まれてゆきます(笑)。

で、大阪初の地下街“なんなんタウン”に「難波」は要らんやろ!

投稿: やっちゃん | 2014年11月 9日 (日) 09時51分

“NAMBAなんなん”って、何なん❓

“なんなん”は南(ミナミ)か、南海かそれとも難波の”なん“なのか‥それやとNAMBAは余計(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年11月10日 (月) 07時39分

20年以上前、通勤で2~3年だけこの道を通っていました。
難波から日本橋3丁目まで歩いていたので、“なんさん”はきっとそういう意味だと思っていましたよ。

そのころは無印良品のビルは確か関西電力のショールームで、その向かいは高島屋の納品駐車場ががらんと広がってるような地味な通りでしたが…
(その南のなんばシティの入口の所には時が止まったような文化住宅もありました)

日本橋三丁目には日三家具があって、なんさん通りが角を曲がって東に進むあたりからは、家具屋さんや食品関係の機械や什器屋さんが多かったです。
今は日三家具もソフマップになったんじゃなかったかな。いわゆるオタロードですよね。

おっちゃんもよう寝てはったな~
冬の朝なんて「生きてはるんやろな!?」と心配になったもんです。

投稿: おばちゃん | 2014年11月10日 (月) 12時36分

子どもの時から勝手に「難波三丁目やろう」と思ってましたが・・・そうか、そういうことやったんですね。
なんなんタウンもそんな名前に変わっていたとは、時々通るけど気づいてませんでした。「あそこはなんなんタウンで、もういっこはに虹のまち」と脳内に刷り込まれてまして。そういうのって、ある意味老化現象っていうんでしょうかね?アップデートできてないということは・・・

おばちゃん様、ひやあ、懐かしい風景の描写ですね。そうそう、関電のショールームで、上に美味しい中華料理屋さんがありませんでした?

投稿: 天王寺蕪 | 2014年11月11日 (火) 06時49分

●やっちゃんさま
なんさん通りが浪速区と旧南区の境界やった…なるほど。
しかしながら“浪速区”って馴染みないですわ。正味の話、どのあたりをさすのかももひとつ知らんくらいに…って、やっちゃんさんは浪速区民ですかね?
>>“なんなんタウン”に「難波」は要らん
おっしゃる通りですわ。

●んさま
“なんなん”の“なん”は何を指すのか…確かにわかる様でわからんです。どうやら自分らもわからんさまで、5年ほど前でしたか『なんなんてなんなん?』のコピーで宣伝してました。

●おばちゃんさま
お〜懐かしい“日三家具”。あれだけ派手にテレビCMしていたのに、倒産していたんですね。何となくさみしいもんです。
日本橋自体も行かなくなった…「値切ってナンボ」な買い方がだんだんと性に合わん様になったというのもあるかなぁ。私自身値切られるのイヤですしね。
ミナミかキタか…とんとミナミへは行かん様になってしまいました。別にキタが好きということもないんですが。

●天王寺蕪さま
“大阪ミナミの 虹のまち♪”あれがもう頭ん中染み込んでますからね、もちろん今も“虹のまち”ですよ、うん。
それを思うと大阪環状線のことを“省線”とか“城東線”て言わはる年配者の気持ちも解るなぁと最近思いますわ。じつは…今も“国鉄”て言うてます。じじいですなぁ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年11月12日 (水) 16時15分

天王寺蕪さま
確かにあのあたりに評判のいい中華料理屋さんがあるのは知っていましたが、結局行けずじまいでした…残念です。

ちなみに私も“なんなん、虹のまち”派です。
もっと言うと、銀行も面倒なのであそこの“三和銀行”とか“住友銀行”とか言います(笑)

投稿: おばちゃん | 2014年11月13日 (木) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60621391

この記事へのトラックバック一覧です: なんさん通りて、何なん:

« 木箱の街路樹 | トップページ | ドラム缶って、男やなぁ…? »