« 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ | トップページ | ボタン押せば流れる“青い山脈” »

2014年11月16日 (日)

ソース 44 ▲ ハグルマお好み焼ソース

 マンダイに並ぶハグルマのラインナップから、今回は“お好み焼”を食してみました。
Hos1 Hos2 Hos3
 レッテルには見ての通りでかでかと“お好み焼”の文字。ソースにマヨネーズの混じったそれを思わせる色合い…まさにお好み焼専用のソースですとアピールしています。が、もひとつ美味しそうでもなく面白みに欠けたデザインやなという印象を受けます。ま、1.8L入りの業務用って感じが出ているとも言えるまもしれません。
 まずはそのままで。割と甘口な印象があるものの、甘々といった感じではなく、コクのある旨味にフルーツ的甘さ漂うといったところでしょうか。香辛料は、後からジワッと効いてくる感じです。
 ではいつもの通り、焼きそばにして味わってみましょう。
 仕上がりは、ご覧の通り素材の邪魔をせん程度にソース色が付く感じ。その味わいは…美味しいです。どう美味しいか…その表現にはちょっと困るんですが、これといった主張のない普通の美味しさというところでしょう。その分、飽きのこない味わいと言えるでしょうか。
Hos4  “お好み焼ソース”を名乗るこれですが、その下に、こんなことも書いてあります。

 “たこ焼に一番 焼そばに最適品

 要するに“鉄板でジュッといわす粉もんに合います”ということなんでしょう。ちなみにハグルマからは“たこやきソース”も“焼そばソース”も販売されています。“一番”やら“最適品”…それらのソースよりもこの“お好み焼ソース”の方がええと言うことになりますなぁ。ほな、これ一本のリリースだけでええんちゃうかと思いますけど、ね。
 しょうゆや発酵調味料が含まれるところがとんかつソースとの違いの様で、やはりちょっと旨味ののった味わいやということで間違いなさそうです。

名称:濃厚ソース 原材料名:野菜・果実(トマトりんご、たまねぎ、その他)、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、醸造酢、食塩、しょうゆ、発酵調味料、でん粉、香辛料たんぱく加水分解物、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、大豆を含む) 製造者:ハグルマ株式会社MH  和歌山県紀の川市西三谷717

醤油よりソースの方が圧倒的に消費量多いわうちでは…関西らしいか?

|

« 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ | トップページ | ボタン押せば流れる“青い山脈” »

ソース」カテゴリの記事

コメント

タコ焼き文化圏 いろいろなソースありますね 1.8リットは初めて見ました

投稿: tougei1013 | 2014年11月18日 (火) 08時08分

●tougei1013さま
そちらには“地ソース”てなモンはないのでしょうか? そらそやろなと思う様な思わん様な。1.8L詰は業務用でも少ない方で、流行ってるお店は18L入りのキュービーテナーのを使ってはるのをよく見ます。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年12月 1日 (月) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソース 44 ▲ ハグルマお好み焼ソース:

« 昭和なプラ看板 99 ● カワイ電子オルガン/カワイピアノ | トップページ | ボタン押せば流れる“青い山脈” »