« “奇跡の一本柱”か | トップページ | 盛かごに リリーの缶詰 必須やな »

2014年10月 7日 (火)

第三十七番館

 今日は梅田で仕事…と言ってもそこは中崎西。用事終えてしばし探索。ふと角を曲がると、強い夕日に照らされる一棟の建物がそこに。
37a 37b
 謎めいた小さなビルにあるのは“第三十七番館”の文字。三十六やら三十八があるのかとまわり見渡しても何もなし。近年話題の中崎町界隈だけにきっとここのこともネットで調べればわかると思うもこれといった記述もなし…まぁこの手のモンは、何やわからんままの方がちょっと怖さもスパイスとなってええ感じかもしらんか。ま、そう思うことで諦めなしゃないということでもあるわけやけど。

(於:北区) 気になるんやったら、自分で調査せな…

|

« “奇跡の一本柱”か | トップページ | 盛かごに リリーの缶詰 必須やな »

何げな」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

コメント

何やら遊郭を思わせる看板 建物はその風情全くなしですが。。。

投稿: tougei1013 | 2014年10月 8日 (水) 07時34分

  都会の謎ですね。

 銀行みたいに順番に番号を付けたんでしょうか?

 妄想が膨らみます。

投稿: 戦後派 | 2014年10月 8日 (水) 08時51分

 阪急32番街 空庭diningには偶に食事に行きますが…

う~ん“第三十七番館”、背景のマンションから所在地は直ぐに判りました(1階は仕出し屋)が、37が解らん(汗)。

○番館と云えば1~10、13・18くらいやけど、丁・番地でも無いしなぁ…

私のあて推量では、オーナーが高知出身の方かな?
第三十七国立銀行は高知銀行(今の四国銀行)…四国の出なんか、銀行に大変お世話になった とかなんとか(笑)。

さすが中崎、ミステリーゾーンや!


投稿: 難波のやっちゃん | 2014年10月 8日 (水) 12時57分

私も、tougeil013様と同様に考えました。けど、その手の建物なら、それなりの雰囲気がありますよね。
37番館があるということは、以前は1番館からあったんでしょうか?かなり羽振りのよかったオーナーさんが、1から40番館ぐらい持ってはって、それがだんだんなくなってしまった・・・とか?

投稿: 天王寺蕪 | 2014年10月 8日 (水) 19時54分

山本龍造さん、お久しぶりです。
ここ、私も気になっていました。
といって、ネットで調べても分からんなあと早々にあきらめました。
引っかけだったらたいしたものです。

投稿: びんみん | 2014年10月10日 (金) 01時10分

建物の雰囲気といい、看板の手書きっぽい字体といい、そそりますよね。
「三十七番館」じゃなくて「第三十七番舘」ですし。
この建物で、この字体…本当に、これ以前に第一から第三十六まであったんでしょうか?
(でもあったら面白い!面白すぎます。)

個人的には、難波のやっちゃんさまの「銀行由来説」に感心しましたので、一票入れさせていただこうかな。
四国八十八か所の第三十七番札所も高知(四万十)ってことで。(関係ありませんね、スイマセン)

投稿: おばちゃん | 2014年10月10日 (金) 10時45分

 おばちゃんさま
西宮ご出身でしたか! 私は上甲子園です。

で、“第三十七番”札所も高知四万十でしたか…ソコまでド頭廻りませんで(汗)。
偶然ですが、ことし古稀を迎え妻と“四国歩き遍路旅”を計画中です。

岩本寺でしたネ! ありがとう。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年10月10日 (金) 14時00分

難波のやっちゃんさま
申し訳ありません。いかにも昔から住んでいたように「西宮も変わりましたね」なんて書いてしまいましたが、育ちは大阪市内の下町です(汗)
ただ、昭和の終わりに弟が結婚して西宮の上ヶ原に移り住み、そのあと私が結婚してから、両親もその近くに引っ越してしまいましたので、実家が西宮になりました。
そんな訳で西宮北口辺りが大変な被害で激変したのは知っています。

また、高校野球が好きでしたので昔の甲子園周辺も記憶にありますし、阪神国道線の甲子園線に乗ったこともあります!
小学生の頃、甲子園に行く途中に売られていた麦わら帽子が50円で、“中古”の麦わら帽子は25円やった!
と主張するのに誰も信じてくれません。もしかしてご存じないですか?

末筆ながら山本龍造様、場所をお借りして勝手な展開ごめんなさい。
やっぱりおばちゃん、空気読まない子どもなのかも。

投稿: おばちゃん | 2014年10月10日 (金) 22時27分

昨日中央図書館に行ったのですが、この記事のことが気にかかっていましたもので地図のコーナーに行き、古い地図でちょっと場所を確認してみました。
ここは今は「中崎西」ですが、住居表示が変更になる前は「葉村町」
しかもこの場所は「大阪市北区葉村町37番地-○○」でした!えっ?まさか番地?

投稿: おばちゃん | 2014年10月13日 (月) 11時54分

●tougei1013さま
確かにそんな雰囲気が、看板にはありました。でもホンマ、看板だけですね。

●戦後派さま
銀行みたいに賃貸ビルも番号制やったのでは…と?それやとしたら、いま何番までいってるでしょうなぁ。

●難波のやっちゃんさま
相変わらず写真からあれこれ情報を読み解いてますねぇ。しかもいつも場所までわかるとは…さすがです。
で、第三十七国立銀行によくしてもろたから第三十七番館やと…これも通しか思いつきませんね。

●おばちゃんさま
やっちゃんさんよろしく調べてくれはったんですね。これはこれは強力なブレーンに恵まれ…って勝手にそう思てるだけですが。
で、そうか…番地由来やったんですね。もうこれで間違いなし。決定としましょう。スカッとしましたわ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月14日 (火) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60442031

この記事へのトラックバック一覧です: 第三十七番館:

« “奇跡の一本柱”か | トップページ | 盛かごに リリーの缶詰 必須やな »