« 秋晴れに映える錆び小屋 | トップページ | 店舗付文化 »

2014年10月24日 (金)

“バスセンター”って…風呂屋かいな

 ややせせこましい久米田の駅からしばらく歩くとクルマ道。そこでふと見上げますれば看板に“バスセンター”の文字。「はぁ、こんなとこから路線バス出てるんや」。
Kbc1 Kbc2  引いて見て「え?マイクロバスの発着ってことか」とまだいわゆるバス(BUS)のことやと思い込み、その響きに、待合所の建物の風合いに昭和チックな旅気分になりましたが、よく見ると…ははっ、ここ、お風呂屋さんですやん。BATHのバスね。
 ここらの人や銭湯通には知られた屋号なんでしょうが、ちょっとハイカラすぎてもうすっかりいわゆるバス発着所なんやと思い込んでました。調べますと堺にも“バスセンター”を名乗る風呂屋さんがあるとか。このセンス、泉州・堺の人々のノリなんでしょうかね。

(於:岸和田市) 牛乳石鹸のノレンさえかかっとったら、すぐそれとわかったんやが。

|

« 秋晴れに映える錆び小屋 | トップページ | 店舗付文化 »

あほらし」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

  我々日本人にとってLとR発音や聞き取り同様のTHの発音も苦手ですね。

 片仮名が便利すぎる弊害でしょうか?

 「こんにちは」なのか「こんにちわ」なのかも曖昧になってきているし開店祝いの花束とかで「○○さん江」なんてのを見て「エッ?!」と感じるのは私だけ?

 旧仮名使いの「てふてふ」とか「~しませう」とかや、わ行の「ゐ」や「ゑ」とか「ヴ」なんてのがあるということは、その昔は日本語の発音ももう少し複雑だったんでしょうねぇ。

 ふと、そんな言葉の変遷に思いを馳せた「バスセンター」でした。

投稿: 戦後派 | 2014年10月25日 (土) 07時47分

 ふむふむ、これが今流行りの“Park & Ride”なんやな…と思ったら…

“銭湯すたれば人情もすたる。銭湯を知らない子供たちに集団生活のルールとマナーを教えよ!”とか。

余談ですが…学生時代によく通った玉突き屋が「プールバー」に、パチンコ屋が「パーラー」になった時ワロた。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年10月25日 (土) 08時39分

バスセンター すごい命名ですね びっくり

投稿: tougei1013 | 2014年10月25日 (土) 15時24分

『ゆ』って出てますが(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年10月25日 (土) 21時25分

「ヘルスセンター」がいいなら「バスセンター」でもいいよ、と負けてあげてもいいようなもんですが、“バス”といえば車のバスのほうが先にピンと来るんですよね。

地域によっては、バスが集まる“バスセンター”は今も健在ですし。

「お風呂センター」ではあかんかったんかな…あ、ナウくないか。すいません。

投稿: おばちゃん | 2014年10月25日 (土) 22時18分

いっそのこと、Bathの由来のバースセンターにしたらよかったのにって、そしたら、阪神ファンが「バースや、バースや」って集まってきて厄介ですかね?

投稿: 天王寺蕪 | 2014年10月25日 (土) 22時40分

でしょ、銭湯らしからぬ名称でしょ。
でも、泉州のセンスじゃないですよ。

投稿: ぽんぽこやま | 2014年10月27日 (月) 03時00分

●戦後派さま
確かに…カタカナって便利ですよね。何でも漢字に置き換えんならん言語とは大違いですわ。
こんにちは に こんにちわ…かつて記事にした“あずま”と“あづま”を思い出しました。

●難波のやっちゃんさま
公園墓地がメモリアルパーク、職安がハローワーク…あ、お手洗いがトイレと言うのもですね。あんまり軽々しくカタカナ語にするのには抵抗がありますわ。極力使わんといたろと思てます。

●tougei1013さま
でしょ。きっと信州にはないかと思います。大阪では当たり前ではありませんので、念のため。

●んさま
ゆ…ほとんどかすれて読めても認識できん状態でした。

●おばちゃんさま
昔ヘルスセンター、今スーパー銭湯って感じですかね。あぁ懐かしい響き。
そうですね、ナウいネーミングか…う〜ん“スパ”しかないか。大阪の風呂屋は水道水湧かしても“温泉”ですから、スパもオッケー…スパゲッチっぽくて、ナウくありませんでした。

●天王寺蕪さま
バスでバースと言えば“日ポリ加工”がユニットバスのイメージキャラにバース氏使てはりますわ。ベタベタですな。

●ぽんぽこやまさま
いやいや、泉州人のセンスですよきっと…とか何とか。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年11月 4日 (火) 21時20分

こんばんは!!
初めてのコメントです。宜しくお願いします!!

ははははは!ここ、僕の親戚のお風呂屋さんです!
まさかここに出てくるなんて!(笑)
○子姉さん(ここの住民)も喜んでると思います!(笑)

投稿: Kat | 2015年11月10日 (火) 20時27分

●Katさま
はじめましてこんにちは。ようこそアホげへ。
バスセンターはkatさんの親戚…いや、こんな記事見て気ぃ悪してはるんちゃいますでしょうか。○子姉さんも…喜んでくれはるでしょうかね。ちょっと心配。
お風呂屋さん、ますます大変な時代になっていくと思いますが、ずっとこのユニークな屋号で続けていかれることを期待したいです。
御報告コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2015年11月11日 (水) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60539503

この記事へのトラックバック一覧です: “バスセンター”って…風呂屋かいな:

« 秋晴れに映える錆び小屋 | トップページ | 店舗付文化 »