« 線路の継目見てあれこれ | トップページ | 秋晴れに映える錆び小屋 »

2014年10月22日 (水)

16時48分、北の空。

 今日は一日雨模様…と言うてもたいした雨ではありませんでしたが、何や暗て陰気な一日でしたな。
1410221448
 午前中は梅田、午後は和泉市某所で仕事。帰路、クルマでの移動も点灯しておいた方が安全やというくらい薄暗くなってきたというのに前方には晴れやかな陽射しが。結局晴れ空間にまで到達できなんだけど、あれはどのあたりやったのか。
 薄暗い一日でしたけど、陽が短なったというのもあるなぁ。いよいよさみしい季節へと入って行くんですなぁ…

(於:生野区) 何げない街の写真が、後々記録になる。

|

« 線路の継目見てあれこれ | トップページ | 秋晴れに映える錆び小屋 »

写真」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

  確かに「寂しい季節へ・・・」ですね。

 その昔、1年がスキー中心に回っていた頃は、走り込みやら新製品のバーゲンやらと、血沸き肉躍る季節でした。

 それが今では、増え続けた体重のせいで足腰に故障を抱える様になって、毎年現地には赴くものの湯治と呑み会がメインの旅行に代わってしまいました。

 まぁ、身から出た錆です(涙)。

 

 

投稿: 戦後派 | 2014年10月23日 (木) 07時49分

 暦の上で本日は二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」…露が陰気に結ばれて、霜となりて降るとか。
段々とラジオ体操に行くのが辛くなってきました(笑)。

‹寂しさは その色としも なかりけり 槇立つ山の 秋の夕暮れ› 寂蓮法師

今日は「電信電話記念日」でもあります。
夕空に林立する電信柱がなんとも堪りません!

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年10月23日 (木) 08時16分

秋の夕べはつるべ落としのごとく。仕事の帰り、地下鉄から上がってきたとき、8月までは明るかったのに、9月、10月と一日毎に同じ時間のはずやのにくらーくなってるのを見て、なんとなく気が滅入ってしまいます。
今月末ぐらいには、ハルカスあたりもクリスマス電飾でにぎやかになるんでしょうねえ。ノーベル賞万歳のLED電球を瞬かせながら・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2014年10月23日 (木) 20時38分

●戦後派さま
そうか…ウインタースポーツをしはる人間にはさみしいという感じやないんですね。冬ならではの楽しみを見つけたらさみしいもならんと…ま、やっぱり燗酒くらいしか思いつきませんわ。

●難波のやっちゃんさま
え?ラジオ体操に毎朝行かれてるんですか…というか、年中やってるそういう場というのがあるんですね。私は夏休み限定のモンやと思てました。
で、やっちゃんさんも電柱のシルエットに味わいを感じはるんですね。私も結構好きで、地下埋設化は、ええ様なあかん様なと思てます。

●天王寺蕪さま
あ、なるほど。確かに地下鉄から地上へ上がってきた時に暗くなってますと滅入りますよね。陽の長い短いは、結構体調を左右する気がします。
クリスマス電飾の季節…ま、商業施設はともかく、住宅街のそれは…言わんとこ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年11月 4日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60530013

この記事へのトラックバック一覧です: 16時48分、北の空。:

« 線路の継目見てあれこれ | トップページ | 秋晴れに映える錆び小屋 »