« 昭和なプラ看板 96 ● 美津濃 | トップページ | 赤川二丁目5の町名看板の下は…きっと仁丹のそれ。 »

2014年9月27日 (土)

木の幹や枝ってこんなんやったんか

Jaju Jaju2  お子が「スタートの練習したい」と言います。何かいなぁと訊きますれば「リレーに勝ちたいねん」と。要するに運動会で活躍したいというこのとの様で大阪城へ練習に。行ったら行ったで「ひと多いしイヤや」とか言うて…ま、それはどうでもよろしい。
 練習見守る最中にふとクスノキでしょうか植わってる木を見ますと何が幹でどれが枝かわからん状態。そうなんや、よく見たらこんな状態なんですなぁ。見れば見るほどヘビやら龍やら別の生き物に見えてきて、案外気色悪いもんなんですなぁ。今まで全然気づかなんだ。
 で、明日は運動会。わたし仕事で見に行けず。お子、それに対してブツクサ怒っています。そのうち「もう来んといて!」と言われること必至と想像すると…こんな風に思てくれる最後の歳かもなぁと思ったり。残念やけど仕方なし。お子の成長ってはやいもんやなぁ。

(於:中央区) 何とも中途半端な記事や事で…スンマセン。

|

« 昭和なプラ看板 96 ● 美津濃 | トップページ | 赤川二丁目5の町名看板の下は…きっと仁丹のそれ。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

私も仕事で見に行ったことがありませんでした
昨日は孫の運動会を見に行きました 
子育て中は何かと仕事に追いまくられ子供にはかわいそうなことをしたと今は思いますがその時はとても運動会どころではありませんでした

投稿: tougei1013 | 2014年9月28日 (日) 07時24分

  楠って色々な場所で「保存木」の札があるのを見かけます。

 空襲の多かった大阪市内にも結構戦災を免れたのか、生き抜いたのか、巨木(老木)がありますね。

 阿倍野王子神社には名前のついた御神木もあります。

 今日は靭公園に行く用があるので、有名な楠も観てこようと思っていたとこです。

 

 

投稿: 戦後派 | 2014年9月28日 (日) 07時29分

 30年も前になるでしょうか…“よーいドン”って朝ドラがありました…

運動会の季節ですナ…八月の天候不順が嘘の様に晴天が続く毎日です!
女の子にも何度か反抗期が訪れます…成長期には当たり前の様にある通過儀礼ですネ。

で、この写真を視てゼミ旅行で渡った隠岐の島の“かぶら杉”を想い出しました。
もう半世紀近く前になりました…月日の経つのは速いもんで孫も来年入学です。

いよいよ明日から“マッサン”始まります…史上初となる純外国人がヒロインの朝ドラがスタートします。
やがてお嬢様も海外で雄飛されるかも…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年9月28日 (日) 08時00分

なんというか、もうちょっと素直にまっすぐ伸びてから、枝を縦横無尽に広げるのがよいかと…そんなにはよから屈折してはしんどいよ、なんか辛いことでもあったんかと、クスノキさんに優しく尋ねてあげましょう。なんちゃって。

本当に子どもってすぐ大きくなりますよね。

子どもに頼まれたことは、つまらないことでも面倒がらずにやっとくと、親子のいい想い出になる気がします。

投稿: おばちゃん | 2014年9月28日 (日) 09時48分

なんで、むかって右側の子だけそこまですごく曲がってしまったんでしょう?って楠の話ですよ。

友達のところも、娘さんが今中学生で、ものすごーい「パパ大嫌い!」な時期に差し掛かったと話していました。それこそ赤ちゃんの時は、ほぼ毎日お風呂に入れ、上のお姉ちゃんと2人分毎日朝、出勤時ほっぺにCHUしてもらい、あちこち遊びに連れて行き、「パパ、だーいすき」だったあの娘がねえと、お父さんは嘆き、友達は笑ってました。
でも、私自身そうですが、娘はお父さんに対しては、優しいですよ。年老いた両親に接していて、母にはシビアに対応してしまいますが、父には優しいです。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年9月29日 (月) 06時50分

●tougei1013さま
それは何とも気の毒なことです。仕事第一とは言え、お子が小さい時はあっという間に過ぎること思うと、どうしたもんやか…

●戦後派さま
確かに見事なクスノキて多いですね。丈夫なんでしょうか。で、靭公園のそれは…どうでしたか?

●難波のやっちゃんさま
“よーいドン”も今では八光さんやら円さんの番組名ですね。
反抗期…最近のヤツらにはそれがないのも多いと聞きます。それでええんでしょうか。私はかなりキケンなことの様に思うんですが。

●おばちゃんさま
ホンマに幹や枝ってのは、気ままに生長してるのか、何かの必然があってそういう風になってるのか気になるところです。
お子の生長はホンマはやい。確かにめんどくさいことも言いよりますが…そうですね、可能な限り受け止めておこうと思います。

●天王寺蕪さま
反抗期…先のコメントにも記しましたが、これは絶対あった方がよろしいかと思いますのでまぁ、辛いかとは思いますが、その時期を待とうと思とります。さぁどんな人間に成長していくことやら。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月 6日 (月) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60385000

この記事へのトラックバック一覧です: 木の幹や枝ってこんなんやったんか:

« 昭和なプラ看板 96 ● 美津濃 | トップページ | 赤川二丁目5の町名看板の下は…きっと仁丹のそれ。 »