« 神社の玉垣、衣摺の摺だけやり直し。 | トップページ | 文化住宅裏手にひっそりど根性タマスダレ »

2014年9月24日 (水)

南港のコーナンはナンコー

 今日は南港で仕事。クルマで訪問先を目指すその途中に「あ、これこれ」。
Nanko1 Nanko2
 もう表題の通り、見ての通りでございます。南港にあるコーナンのガソリンスタンドのサインポールの表記、これがしゃれてますなぁ。「並べ替えたら“ナンコー”になるなぁ」と即興的にこう並べたんちゃうかという感じがします。それを「よっしゃ、これでええ」とその冗談を許している社風なんでしょうかね。
 どうせなら同じスタイルの“コーナン”と記したスタンドのそれと並列で見せたいなぁと思いつつ、気がつけば9年。左の写真が2005年に撮影したものです。
 で、いま調べますとこの、石油商のコーナンとホームセンターのコーナンは、ともに同じ人物による創業ではあるものの別法人で、伊藤忠系会社が2008年全株取得して、今は通称“エネフリ”エネクスフリートという社が運営しているとか。と、なると“ナンコー”はまさに地名を表しているわけで、ジャズをズージャと言うてるノリとは違ってしもてるんですな。何か残念。
 ま、それより9年前のガソリン価格ってこんなもんやったんですね。10年足らずで60円もの値上げ…満タン給油で2,000円ほどの価格差か…何がデフレやと言いとなりますな。

(於:住之江区 2005年、2014年 まぁガソリンが水より安いというのも変な話かもしれんとは思う。

|

« 神社の玉垣、衣摺の摺だけやり直し。 | トップページ | 文化住宅裏手にひっそりど根性タマスダレ »

大阪市西部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

 えっ、なに? 南港のコーナンで南光さんがセルフ給油中に事故に遭い、東京海上に連絡したと!
…そこまで書いてまへんな…スンマセン(笑)。

円安が止まりません! 40年に亘り上がり続けた円相場が怒涛の円安に向かっています。
ウクライナ情勢・イスラム国対応で、エネルギーを始め輸入諸物価はまだまだ上がり続けます。

デフレからの脱却どころか、消費税や景気下降で“スタグフレーション”に突入です。
年金資金を使った株価上昇もやがて破綻が来るでしょう!

以前にも書きましたが、アホノミクス(インフレターゲット2パーセント)の終焉です(汗)。
コーナン事は最初から予想されました…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年9月25日 (木) 18時49分

  先日知り合いの車で出かけた際、南港通り沿いのセルフで給油してびっくり!

 1ℓが150円台前半(クレジット)って、大阪市内も結構探せば安く給油できるんだってね。

 原油で輸入して精製すれば、火力発電に使う油以外は余るということか?

 日本はプレートの縁にあるから、核廃棄物は日本海溝に沈めれば、そのうちマグマへと・・・と素人は考えるのですが、原発が停止している弊害(未来に残す負の遺産)は温暖化だけではない様に素人には見えるんですわ。

 

 

 

投稿: 戦後派 | 2014年9月26日 (金) 07時38分

60円の値上げ  庶民はお金がたまらないわけですね わたくしは毎日往復70キロ ガソリン代大変です 月2万円ではきかないと思います 時代の流れは恐ろしい

投稿: tougei1013 | 2014年9月26日 (金) 07時57分

●難波のやっちゃんさま
ま、ムチャすれば写真からはそういうことが読み取れますわ。
で、どないなってるんやと。庶民にはどうしようもない見えんチカラで世の中は動いてるんやなぁと、無力感が市民を支配し…では、あかんなと思いつつ。

●戦後派さま
私もじつは、大阪市内で150円台での給油。カード払いですが。まぁそのうち値上げするやろとおもい続けてますが、ずっと地域最安値。何でかが不思議で。無印ではありませんよ。
活動期に入った日本列島、なにがどうなるのか…

●tougei1013さま
ひぇ〜月換算で2万円以上ですか…かなりの金額。これでひと月1日2日ほど増えたら、それを埋める稼ぎは出ますが…そうなりませんもんね。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月 1日 (水) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60373183

この記事へのトラックバック一覧です: 南港のコーナンはナンコー:

« 神社の玉垣、衣摺の摺だけやり直し。 | トップページ | 文化住宅裏手にひっそりど根性タマスダレ »