« 朝日差し込む東横堀川 | トップページ | 南港のコーナンはナンコー »

2014年9月23日 (火)

神社の玉垣、衣摺の摺だけやり直し。

 昨日の夕方は瓜破東で仕事。いつも通りはよ着いてあたりを探索。この辺も何や田畑の上に街ができた感じでもひとつおもろないなぁと思いつつ裏手に入れば、そこに神社が。まわり含めて旧村な佇まいにホッとしつつ玉垣見ますれば、こんなのが目に。
Kizuri1 Kizuri2
 “衣摺”は東大阪市の地名ですが、この“摺”の部分だけ、石の色が違います。まわりに□の線もあって…これは、彫り間違って、ここだけ別の石を移植した跡ですな。
 神社に行くと“村社”と彫られたところにコンクリで消されているのはよく見ますが、この手の彫り直しは、はじめて見ましたなぁ。ちょっと目をひくものの、なかなかできる限り見栄えを考えた訂正ではないでしょうか。以前記した““阿部”改め“安部”、神社の石柱の話。”のそれより、よっぽど良心的やと思いますな。

(於:平野区 成本天神社 摺…何て間違わはったんやさっぱり想像できん。

※追記:一文字だけ、味わい深い…この“摺”だけ、手彫りっぽいですな。

|

« 朝日差し込む東横堀川 | トップページ | 南港のコーナンはナンコー »

大阪市東部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

  その昔、2液のインク消しで染みを気にしながら、砂消しで穴を開けそうになりながら訂正をしました。

 その後白い修正駅が出て、テープ式のが出て手軽に訂正ができる様になった手書きの時代。

 そして、最近では殆ど筆記具を手にしなくなりました。

 石材も立派な資源。

 先日のニュースでも県道脇まで土砂の採掘が進んで危険な状態になっている所もあるようですが、瀬戸内海の島でも採石で形が変わってしまったり・・・。

 そう思うと少々見た目が悪くても、訂正して再利用することは良いことですね。

 そう、誤りを訂正することが問題になってますが、誤報(捏造?)で洗脳されていたんだと気付いた腹立たしさと、それでも違法にツアーを企画し参加者を募った某聖職者の団体が未だ存在している事実には怒りを通り越して呆れるしかありません。

 新聞は購読を止めたら済むことですが、後者の方はその地域に住んでいると避けようが無いだけに酷い話ですね。

投稿: 戦後派 | 2014年9月24日 (水) 08時28分

 ブッサイクな事ですなぁ…あっ細工はヨロシで(笑)。
私なら造り直してもらいます!

他の土地からこられて、頭に出身地を彫った石柱はヨウ見掛けます。
それだけ郷土に誇りを持ってはるんですネ。

で、なんという漢字と間違いはったんやろか?
まさか“掏”やおまへんわなぁ(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年9月24日 (水) 09時11分

ここに設置されてから、「これ違うやん!」と怒られたんですかね。
彫った人は衣摺からは遠いところに住んではったんでしょう。

どんな字と間違えたのかな?「槢」か?「櫂」か?…どうでもいいのに私はそこが気になる。

投稿: おばちゃん | 2014年9月24日 (水) 11時18分

鬼平犯科帳に女掏摺(めんびき)お富さんが出てきます❗

掏摸から摺へ上手いこと掏りかえはったわ(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年9月24日 (水) 12時12分

※追記:結局オトナの事情でしょう…

①奉納(寄付)者が原稿を提出
②石材店職人が原稿どおり機械彫り(手彫りより廉い)
③誰かが指摘するも責任は奉納者にあり
④造り直しは多大な手間と費用が掛かる
⑤談合の結果現場にて手彫り修整

確かに彫り師さん、エエ仕事してはる!
かえって目立ちアホげにも登場、結果オーライ(笑)

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年9月24日 (水) 19時22分

玉造稲荷神社入り口の石柱は「玉造」と書かれた薄い石版が貼られています。神社の名前が変わったのか何なのか分りませんが、ちょっとびっくりしたのを思い出しました。

投稿: 雀のお宿 | 2014年9月24日 (水) 21時18分

阿部さん 普通は怒って建て替えでしょう どうしてこうなったのか事情のほうが知りたい と、思いました

投稿: tougei1013 | 2014年9月25日 (木) 07時54分

●戦後派さま
“2液のインク消し”…これは何となく知っている様で全く使ったことがありませんね。それ以降のはもちろん知っていますが。
余談ですが消しゴムメーカーやと思っていた“SEED”ですが、あそこは「消すことをなりわいとしている」そうですね。テープ式の字消しの次は紙ごと溶かすことを商品化するとかしてるとか。ええ発想ですわ。

●難波のやっちゃんさま
私もつくり直してもらいますなぁ…とは言え、もう施工後やと、妥協するかなぁ。あまり「なんやあの人」と思われん様に生きたいなというのが、最近の気分です。

●おばちゃんさま
何と間違ったのか、ほんまそこが知りたいです。あれこれ想像するも、もひとつおもろいこと思いつかんですわ。

●んさま
ほんま、うまいこと…ですね。さすがです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月 1日 (水) 09時59分

●雀のお宿さま
すいませんコロッとレス付け忘れてました。
私もね、あの玉造稲荷神社の“玉造”と貼ってある部分が気になって…でも当然剥がせないしで。
“村社”と記してあったと考えるのが妥当かとは思いますね。
遅なりまして失礼致しました。

投稿: 山本龍造 | 2014年10月 6日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60366346

この記事へのトラックバック一覧です: 神社の玉垣、衣摺の摺だけやり直し。:

« 朝日差し込む東横堀川 | トップページ | 南港のコーナンはナンコー »