« 琺瑯タンクの余生 25 ● 石川県珠洲市真裏町ほか | トップページ | 浪花千栄崑さん… »

2014年8月 9日 (土)

奥能登で食べたうどん、関西風

 奥能登…もうお昼時を過ぎてるというのに食べるとこなし。コンビニもなしパン屋もなし。さてどうしたもんやかと思ったら…お、あったあった。
Funamoto1 Funamoto2 Funamoto3  てなわけで船本食堂へ。ビール用のコップの水を飲みつつ出来上がりを待つひととき。デコラのテーブルにパイプ椅子…よろしいなぁこれぞ大衆食堂とか思てますと、うどんが運ばれてきました。
 昆布巻き風ナルトに地方色を感じつつも「お、大阪うどんや」って感じ。見ての通り淡口醤油仕立てのキレイな出汁。食せば少し甘めでおいしい…やっぱり。お子の頼んだ親子丼もやはり、色合い、味とも同じ印象。ここら石川県も基本、関西文化圏なんでしょうなぁ。あ、ネギが違いますな。ネギは関東風。長ネギで、他所のラーメンもしかりでした。
 新潟は明らかに違うけど、富山より西側はどうも関西圏やといった印象があるなとまぁ以前より思てましたがやっぱりって感じ。ま、うどん一杯で語るのは極めてムチャですがね。
 この旅では新潟は糸魚川市にあるフォッサマグナミュージアムにも行きましたが、そこであれこれ知って「そういうことなんか」と納得。しかしながら、いまだに東日本と西日本では色々違うと言うのも…面白いことです。
 あ、そうそう。お子はどんぶり鉢にフタが付いてきたことにえらく反応してました。我々世代ではもう全然当たり前のことですが、考えてみたら…知らん間に丼物からフタがなくなっているかも。「フタも使えるやん」…そのひと言に漬けもんのせてあるツマミ部分でお茶飲んだりした幼少の頃のことを思い出しました。

(於:石川県珠洲市) 最近みな“たくあん”言うて“おこうこ”言わん様になったなぁ。

|

« 琺瑯タンクの余生 25 ● 石川県珠洲市真裏町ほか | トップページ | 浪花千栄崑さん… »

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

旅、観光」カテゴリの記事

コメント

ナルトが長野と全然違います こぶもありません おいしそうですね 長野は寒いのでうどん屋 そば屋 ラーメン屋がたくさんあり競争が激しいところです

投稿: tougei1013 | 2014年8月10日 (日) 07時22分

 関西の淡口/関東の濃口 境界は関ヶ原今須峠とか…
石川県は淡口醤油・餅は丸餅(関東は角餅)なんですネ。

で、フォッサマグナ(糸魚川静岡構造線)小学校で習いましたなァ(笑)。
電力周波数は糸魚川~富士川より東は50Hz/西は60Hzです。
北陸電力は60Hz、どうも中部電力(長野の一部)は混合らしい。

で、香の物“こうこ”・和歌山では“こんこ”云いまんな…
沢庵やなんて…そんなこと云うたら 身も蓋も無い…(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年8月10日 (日) 08時57分

  フォッサマグナと言えば地殻変動、地殻変動と言えな「日本沈没」。

 某新聞社の古いニュースが未だにディスカウントジャパンに利用さていますが、小説や映画のネタを未だに信じて心配されている方も多いようです。

 我々が学んだ「地学」では、大陸の周りの浅い海(地向斜の海)のサンゴ礁が鍾乳洞になったこと教えられてました。

 そして、日本で見る世界地図からはなかなか連想できないが、大陸遊動説(プレートテクトニクス)が出て、2000年には石油が枯渇するとか言われて・・・。

 そして幸いなことに、日本列島は剃刀の上に乗ったシャボンや髭の集まりみたいに、差し迫って沈没する心配は無い様です。

 新説がでるまでは・・・。

 そんなことより周りの環境が激変しているのに、60年以上変わらん物に恐怖してる戦争を知らない子供達です。

 

投稿: 戦後派 | 2014年8月10日 (日) 09時34分

あ、言う言う コンコ❗

オデンの上のコンコとって‥

オデン=お膳 で〜す(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年8月10日 (日) 11時03分

フオッサマグナって中学生の時友人が興奮して声を荒げに出すと誰かが覚えたての『フオッサ(発作)マグナァや~』ってよく使ってました・・・
どんぶり鉢のふたの『こうこ』懐かしィ~
出前になるとその上に幅5cm位に細くした半紙のような紙でカバーしてもうその状態を見るだけでもう至高のご馳走に見えました!

投稿: 田中マーチ | 2014年8月10日 (日) 11時42分

石川までは薄口しょうゆ文化なんですよね。けど、富山に行ったら薄口醤油は売ってない。おうどんの出汁も、真っ黒け。卵焼きや茶わん蒸しにもお砂糖が入っていてますし。確かに関ヶ原でそのあたり変わりそうですね。東海圏では、完全に砂糖入り卵焼き&茶わん蒸しになってるし、薄口醤油も使いませんわね。
学生の時、金沢出身の友達と話をしてるとき「それってかしわ使うやろ?」と言うたら、「かしわって?」と言われました。その時初めてかしわ=鶏肉が方言なんやと驚きました。最近、かしわと言う人も少なくなった気がしますが。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年8月10日 (日) 13時02分

新幹線の駅の立ち食いうどんで、どこまで薄口の梅雨が出てくるかというのをやってましたが、確か米原までだったかなと。
で、北陸に行くと石川までですか。
私、あの濃口のうどんつゆ、ホンマあきませんねん。子どもの頃、日光に家族で旅行してお昼にうどん注文して、出てきたときにはブラックホールかと思って怖くて食べられませんでした。
今でも東京に行ったときは蕎麦ですね。それもかけは絶対に注文しません。

投稿: ぽんぽこやま | 2014年8月11日 (月) 11時40分

●tougei1013さま
ナルトは…私もこんなヤツ見たことありませんね。昆布に見えるのは…海苔のことでしょうか。

●難波のやっちゃんさま
フォッサマグナ…いやぁ耳にしたことはありましたが習ってたんですね。今も昔も全然勉強せなんだもんでお恥ずかしい。
今回の旅では東北電力のクルマも北陸電力のそれも見かけました。まさに境目なんでしょうね。
“こんこ”は…はじめて聞きました。

●戦後派さま
あれこれお教え頂きまして御礼です。大丈夫やということなんでしょうか?…って、返信になってませんね。

●んさま
「オデンの上のコンコ取って…」あぁ、何となく桂文福さんの声できこえてきますわ。

●田中マーチさま
よろしいなぁ丼物出前してもらってたんですね。うちは来客時の盛り合わせ寿司以外、出前を取る習慣がありませんでしたわ。もちろん当時は、出前の世界に憧れたもんです。

●天王寺蕪さま
石川県が北限なんですね。私、富山のスーパーでも醤油チェックしましたけど“淡口”売ってましたよ。しかも地元の銘柄のが。その地域だけやったのかもしれませんね。
あと、大阪では見ないけど、九州や北海道に行けば見かける“あまくち”も売ってました。キッコーマンのヤツが。
“かしわ”…言いませんね、最近の若い衆は。こっちはムキになって使てまっせ、かしわに煮抜きって。

●ぽんぽこやまさま
真っ黒ダシのうどん…あきませんかそうですか。確かに。私は東京行ったら「せっかくやし」と食べることもありますね…って長いこと、東京には行ってませんが。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年8月18日 (月) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥能登で食べたうどん、関西風:

« 琺瑯タンクの余生 25 ● 石川県珠洲市真裏町ほか | トップページ | 浪花千栄崑さん… »