« 奥能登で食べたうどん、関西風 | トップページ | 業界団体の会館 71 ◆ 芦原温泉旅館会館 »

2014年8月10日 (日)

浪花千栄崑さん…

 旅の汚れは…コインランドリーで。あ、身体は風呂屋“海浜あみだ湯”で。てなわけでのと鉄道は穴水駅近くのコインランドリーで洗濯。まだ新しそうなその店内に…何や古っぽいもん発見。
Naniwachiekon1 Naniwachiekon2  「え?」と思いつつも一瞬理解できず。“ンスシート”…何やいなぁってあぁ、“リ”ですな。
 ま、モノはどうやら店内の自販機で売ってる柔軟仕上げ材のことの様ですが、こんなん、アリ?
 大塚さんも浪花千栄子さんもこんな使われ方してるとは…知りはれへんやろなぁ。まぁ、知られたらタダではすまんわなぁ。
 とまぁ、その程度に見て撮って帰ってきて、本家本元“オロナイン”の画像ネットで見て「そっくりやなぁ」と思てたら…あれっ、本モンの浪花千栄子さんは、メガネしてませんやん。っはは、そうか、これはオロナミンの大村崑さんのエッセンスも加えてたんですな。ということはこの人“浪花千栄崑”さんってところか。しかしまぁなんとうまいことメガネが馴染んでることで。思いっきりパクリやけど…許そ。

(於:石川県鳳珠郡穴水町)
浪花千栄子さんの本名“南口 キクノ”。読み“なんこうきくの”→“軟膏効くの”でオロナインのCMにやて。ホンマかいな。

|

« 奥能登で食べたうどん、関西風 | トップページ | 業界団体の会館 71 ◆ 芦原温泉旅館会館 »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

 いやはやなんとも、これは出来過ぎ(爆)。
ラ○フネットワークで「しゃぼん店リンスシート(自販機用2枚入り100箱・6500円)」で売ってまっけど…コンなん有り?

で 龍造さん、浪花千栄子さん昭和48年に亡くなられてますが、子供の頃からご存じでした?
僕らはNHKラヂオの“お父さんはお人好し”や、映画“夫婦善哉”など視聴してよう知ってますが…

明治40年生まれ云うたら私の母親と同い年、66歳没とは随分早く亡くなられた。
もう少し上の方やと思うてました(合掌)。

本名“なんこうきくの”に因んで、オロナイン軟膏のCMに出演…そら効く効く(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年8月10日 (日) 19時29分

えらい、出来過ぎの広告ですねえ。これ、作らはった人、ええセンスしてますね。
浪花千栄子さん、懐かしい。昔は新喜劇と言えば松竹やったのに、いつの間にか吉本の方がメジャーになってしもて、なんか、寂しかったんですが、最近はぼちぼち頑張ってはるみたいですね。先代の天外さんといろいろあったけど、今頃あの世で関係者達とまた芝居してはりますやろか?
もうすぐお盆ですよね。松竹新喜劇の関係者やった祖父もお盆でお仏壇に帰ってきはるやろし、実家へ帰ってお線香お供えして、ちょっとこのネタ話してみますわ。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年8月10日 (日) 23時19分

芦屋小雁 おか〜ちゃ〜ん、コレほんまに効くの❓

浪花千栄子 へえ、効きまっせ❗

芦屋雁之助 いやいやっ、もの凄いこと言わはる

藤田まこと ドンドコドン、あぁ効いてきた❗

大村崑 スマートやなァ、ミゼット‥キャラメル もろた〜

茶川一郎 ば〜かめ〜

ルーキー新一 イヤ〜ン、イヤ〜ン

花菱アチャコ さいなもぅ、滅茶苦茶でごじゃりますがな

-ホンマ、おもろかったなあ あの頃(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年8月11日 (月) 02時29分

こんな看板は見たことがありません 関西限定盤?

投稿: tougei1013 | 2014年8月11日 (月) 07時22分

  Drスランプが一世風靡した頃、劇中の若返り薬の成分に「オロビタンD」と言うのがでてきましたが、何処かの地方でオロビタンDだったか、Cだったかに遭遇したことがありました。

 ぱくりと言えば松山のタオルの商標登録とか色々ありましたが、他所のこととやかく言えませんね(笑)。

投稿: 戦後派 | 2014年8月11日 (月) 09時02分

これ、ホントおもろいですね。いいセンスしてます。

で、浪花千栄子さん、名前は知ってますが・・・の世代なんですわ。ボンカレーの松山容子さんもそう。松山さんなんか、長いこと新珠三千代さんだと思ってました。

崑ちゃんはもちろん知ってます。

投稿: ぽんぽこやま | 2014年8月11日 (月) 11時37分

懐かしいですね。
見事なパクリなのに腹が立たず、かえって嬉しくなるのは、きっとこの看板をアレンジした人も嬉しがってやってはる~好きやな~アンタも!と思えるからかな。

このCM以外にこの方の記憶はないのですが「浪花千栄子でございます」っていう完璧な大阪なまりのご挨拶でその名前を忘れることはありませんでした。

しかもなぜかセットで三宅邦子さんのサラリンのCMが脳内で再生されるんです。
おばちゃんつながりか?それともスポンサーの大塚製薬つながり?
便秘にスッキリサラサラリン♪
煙突詰まってましたよね。

投稿: おばちゃん | 2014年8月11日 (月) 12時35分

●難波のやっちゃんさま
浪花千栄子さん…そうですね、他の同世代の皆さんが書かれているのとまったく同じですね。オロナインのCMでしか知らんと言ってもええでしょう。

●天王寺蕪さま
ホンマ、作者のセンスが光ってます。
で…松竹新喜劇ですが、これは道徳劇といった印象があります私にとっては。ですから親は松竹見せたがる、けど、子供は吉本見たがる…もちろんうちもそうでした。で、今、こんな大人に…

●んさま
お書き頂いたフレーズ、ほとんど解りませんわ。大阪にまだまだ元気があった時代のことなんでしょうね。それを思うまでもなく、やっぱり落ち目ですね今は。

●tougei1013さま
いやいや、これは看板というより手製のポスターみたいなもんですわ。この店舗オリジナルなのか、チェーン店本部が作っているのかはわかりませんが。

●戦後派さま
栄養ドリンク、特にリポビタンDとオロナミンCのパチもんはほんとよく見かけました。ホンマに効くのかなぁ…って本家本元のそれらも、キキメをあまり感じないんですけど。

●ぽんぽこやまさま
やっぱり同世代。ほんまそんな感じですよ。崑ちゃんと言えばオロCのCMでタマゴと牛乳と混ぜて「オロナミンセーキ」ってのを思い出します。もちろん…そんな飲み方今も昔もようしません。

●おばちゃんさま
おばちゃんさんももう完璧に同世代ですね。何でって、浪花千栄子さんと言えばオロナインのCMしか知らん上に大阪イントネーションで「浪花千栄子でございます」と言うてはったことをリアルに知っている点が…ほんま一緒。それとそうそう、サラリンのエントツ。あれも頭の中にきっちり映像が残ったままです。つまってましたもんね、エントツ。絵だけやなくて「30錠150円、100錠350円です」と値段まで。今も昔もまったく必要ない薬やというのに…いややなぁ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年8月18日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/60129184

この記事へのトラックバック一覧です: 浪花千栄崑さん…:

« 奥能登で食べたうどん、関西風 | トップページ | 業界団体の会館 71 ◆ 芦原温泉旅館会館 »