« 浪花千栄崑さん… | トップページ | 児童公園草ぼうぼう »

2014年8月11日 (月)

業界団体の会館 71 ◆ 芦原温泉旅館会館

 旅ネタの最後は、ま、こんなんがあったと言う程度ですんません。
Aork1 Aork2  旅の最後は越前岬あたりでテント泊。移動で通った芦原温泉に、こんな会館がありました。
 まぁ、その名の通り芦原温泉旅館協同組合が事務所を構えるのがこの会館の様ですが、それ以上詳しいことは判りませんでした。
 温泉に浸かったわけでも宿泊した訳でもありませんので、この温泉街のこともわからずで…何とええ加減な記事やことか。温泉三昧の旅は…かなりしばらくはなさそうです。

(於:福井県あわら市) 芦原温泉にも湯快リゾートあるそうで…

|

« 浪花千栄崑さん… | トップページ | 児童公園草ぼうぼう »

業界団体の会館」カテゴリの記事

大阪、京都以外」カテゴリの記事

コメント

  テント泊は10年以上やってません。

 一時職場の仲間と毎年出かけてたんですが色々道具が揃った頃にはコテージやバンガローを借りてのお泊りになってしまいました。

 歳と共に楽な方へ・・・(涙)。

 かと言って、別荘にご招待戴ける様な友人知人も無く。

 火を囲んで遅くまで飲んでも翌日の運転に影響の無かったあの頃が懐かしい。  

投稿: 戦後派 | 2014年8月12日 (火) 08時20分

 ♪“来てもみやんせ 北陸一の 蘆原湯どころ 花どころ”

もう30年前、周り田んぼだらけでなーんも無い…
その日は東尋坊、温泉に浸かって翌日は永平寺…これは見ごたえがありました。

その頃はほゞ全額会社持ちで年2回社員旅行がありました。※全額会社負担にすると現物給与として課税される為とか。
エエ時代でしたネ…一泊二日で行ける処、彼方此方行きました。

温泉と云えば“偽装問題”ありましたナ(汗)。
乳白色にするため入浴剤利用、水道水利用・加水・循環加温、無断開発等々“源泉掛け流し”どうなったん?

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年8月12日 (火) 08時44分

芦原温泉の“あわら節”と越中八尾(やつお)の“おわら節”とよう間違います(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年8月12日 (火) 12時07分

 ♪“風の噂に一人来て 湯の香恋しい奥飛騨路”

温泉旅行、奥飛騨から越中八尾“おわら風の盆”へ…
イイですね、今年は九月一日から三日まで…over45のカップルにお奨め!

♪“泣いてまた呼ぶ雷鳥の…ああ奥飛騨に雨がふる”

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年8月12日 (火) 19時47分

特急サンダーバードをみていまだに「あ、雷鳥や」と言ってしまいます。息子も、サンダーバード世代やのに、親と同じように「北陸線の特急は、雷鳥」と思てます。
芦原温泉、ええですね。芦原やら、山中は、一度行ってみたい温泉です。近いねんけど、なかなか行かれへん温泉の一つですね。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年8月13日 (水) 00時19分

●戦後派さま
私ら全然本格派のアウトドアラーやなくて、安いからそうしてるという側面もあって…ふにゃふにゃですわ。
今回も「設置してあるテントに泊まるんやろ」と行きましたら、自分で張らなアカンと知って困惑した次第。しかし何です、最近のテントって、よぉできてますね。

●難波のやっちゃんさま
社員旅行…ですか。よろしいですねぇ。私は、じつは一度も社員旅行行った経験がなくて。一度それでハワイに行くという話になっていたにもかかわらず、業績伸び悩みで中止になって…その後は組織で生きてませんから。ま、あったらあったで、「行きとないなぁ」と思うクチですけどね。
“白骨温泉”…今もその名を忘れない。ええ宣伝になったもんです…って逆ですか。

●んさま
ほんまですね。一緒に見え、聞こえます。

●天王寺蕪さま
そう、雷鳥でよろしいです。サンダーバードは、やっぱりアレでしょ。今井科学のプラモデル…懐かしいなぁ。

皆さんコメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年8月18日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業界団体の会館 71 ◆ 芦原温泉旅館会館:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/12 09:23) [ケノーベル エージェント]
あわら市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年8月12日 (火) 09時23分

« 浪花千栄崑さん… | トップページ | 児童公園草ぼうぼう »