« クルマの屋根に一面のコケ | トップページ | 巨大雑草 »

2014年6月19日 (木)

“ごはんや”の中華そば…和歌山系か?

 今日は富田林で仕事。「さ、まずは昼ご飯や」と近鉄は富田林駅で降りてみたものの…え? 何かないわぁお店が。チェーン店すら見つからへん(ミスドはありましたが)。
 グルッとまわるも…うむ〜な状態。「もうええわ」と目的地目指して歩きはじめますれば「おっ」一膳めし屋発見。“御食事処・中華そば”のコトバに惹かれて入ってみました。
 とは言えテント庇には“めし おかず色々”と大きく記されてますし、屋号も“ごはんや”ですから、中華そばを注文するのもカケやなぁと思いつつも、やっぱりそれを注文。客誰もいない店内、響きわたるテレビの音声…何となく居心地悪いなぁと待つこと5分、出てきたのが、写真の中華そば。
Gohanya1Gohanya2
 大衆食堂の中華そばということで全然期待してなかったのですが、この見た目に…期待が持てます。
 まずはダシを。「おっ、うまい」。何系なんかはわからんものの、なかなかコクのある味わい。のむほどにますます旨し。ちょっとアルデンテすぎの麺をともうまいこと絡んで充分本格的な味わい。この味…どこか和歌山ラーメンを思わせるもんがあります。ビビッドなピンクのそれではないものの、カマボコものってますしね。でもチャーシューのかわりに豚肉というのは、徳島っぽいとも言えますか。ま、甘辛く煮てはいませんでしたが。
 一杯500円ときつねうどんと同じ価格に「ん?価格表見間違ってるんかも」と500円玉出せんで千円札出しますと、ちゃんと500円のお釣り。きょうび700円台が当たり前と言う、デフレとはまったく無関係な世界に位置するラーメンにあって500円とは…びっくり。半熟玉子もメンマも入ってでっせ。
 帰宅後調べますればやはりここは和歌山系やと大将が言ってはるとか。富田林の一膳めし屋でこんなんが食せるとは思いもしませんでした。

● ごはんや:大阪府富田林市若松町1-3-10

(於:富田林市) 昔は玉子なしで500円やったみたい。まさにデフレラーメン。

|

« クルマの屋根に一面のコケ | トップページ | 巨大雑草 »

河内」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

 富田林は高野街道の通る寺内町、故に和歌山系なのかな…

ただ蒲鉾が千代巻(あかまきナルト)でないのが残念(笑)。

ワンコインと云えば、バブルのころ新地で飲んでタクシー待ちに梅新の屋台で食べた黄ィそばが旨かった…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年6月20日 (金) 07時27分

半熟卵が、おいしそう・・・
かまぼこが、普通の焼きかまっていうところが「専門店」らしくなくていいですよね。
けど、ほんま富田林って何にもないんですよね。寺内町エリアもなにもないです。私の中では、「近鉄富田林=和泉府中、金剛=和泉中央」って感じなんですよね。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年6月20日 (金) 21時48分

●難波のやっちゃんさま
おっしゃる通り。やっぱり練り物はあの毒々しいまでにビビッドなピンク色したヤツやないと“和歌山感”出ませんね。
梅田にも屋台の中華そば出てましたか。心斎橋〜難波あたりには中華そばもうどんもいくつかやってましたけど…ほんま、今では一軒も見ませんね。さみしいです。

●天王寺蕪さま
“「専門店」らしくなくていいです”…なるほど。そうですね、そう言われれば、確かにそうです。ドヤ感なくてよろしいですね。
“金剛”は駅のことですよね。私、金剛駅はまだ下車したことなくてわかりませんが、そういうとこなんですね。だったら…興味ないかも。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年6月23日 (月) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59843622

この記事へのトラックバック一覧です: “ごはんや”の中華そば…和歌山系か?:

« クルマの屋根に一面のコケ | トップページ | 巨大雑草 »